健康と食と医
346838 腸活は育菌の時代に
 
匿名希望 19/06/16 PM11 【印刷用へ
リンクより引用

腸活で腸を整えるメリットは?
私たちのカラダの構造は、例えるなら「ちくわ」の構造。焼き目の部分が皮膚だとすると、穴の部分が口から肛門までの消化器官です。つまり、皮膚と腸はつながっているということ。だから、腸の不調はお肌に“サイン”として現れやすいのです。吹き出物が出たり、かゆみがでたり、「なんとなくお肌の調子が優れないな」と、いうときは、お通じの状態にも意識を向けてみましょう。そういえば、「便秘気味だった」や「お通じの状態がよくない」など腸の不調が隠れているかもしれません。お肌の調子を整えるには、適切なスキンケアと腸のケアをセットで!これぞ“内外美容”ですよね。

さて、腸を整えることで得られるメリットは、美肌だけではありません。最近の研究により、腸内細菌が私たちにさまざまな健康効果をもたらしてくれていることが分かってきました。アレルギーの予防や改善、精神的な健康、ダイエット効果などうれしいメリットがたくさん!ぜひ、腸活をあなたの生活習慣に取り入れて、良い腸をキープするようにしましょう。

腸活で目指す「良い腸」とはどんな腸?
では、良い腸とはいったいどんな状態なのでしょうか?
それはずばり、「腸内細菌のバランスが良好」であること。理想的なバランスは、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、優勢な方につく日和見菌が7割と言われています。日和見菌が善玉菌を応援してくれるためにも、腸内環境を善玉菌優勢にしておく必要があるわけですね。

ちなみに、腸内にはどのくらいの数の菌がいるかご存知ですか?実は、1,000種類、100兆個、重さにすると1〜2kgつまり500mlのペットボトルだと4本分にも相当します。膨大な数すぎで想像ができませんが、“すごい数”ということは分かりますね。

さて、自分の腸がどんな状態かを確認するには、どうしたらよいでしょうか?それは、やはり“お通じ”のチェックが一番良い方法です。あなたの便は“美便”ですか?“美便”とは、スルッとでるバナナ1〜2本分の便。異臭がしない、黄土色、プカッと浮くなどのポイントも。そして、毎日出る便こそが、美便といえるでしょう。ぜひ、あなたも毎日の便が美便かチェックしてみてくださいね。お肌のチェックだけでなく、カラダからのお便りチェックも毎朝の習慣にしていきましょう。
“美便”とは、スルッとでるバナナ1〜2本分の便

実践!腸活〜良好な腸を保つための食生活、3つのポイント
では、腸を整えるため、善玉菌を応援するためにはどんな食品を取り入れていくのがよいのか、腸内細菌を育てる“育菌”を含めた腸活を3つのポイントでお伝えします。

@応援する食品「プロバイオティクス」
「プロバイオティクス」とは、腸で良い働きをしてくれる細菌や酵母のこと。プロバイオティクスが含まれている食品は何か分かりますか?それは発酵食品です。具体的には、ヨーグルトや甘酒、乳酸菌飲料、ぬか漬け、味噌、キムチ、納豆など。
応援する食品「プロバイオティクス」

そこでオススメしたいのがお味噌汁です。具沢山のお味噌汁なら不足しがちな野菜も摂れて一石二鳥。夜、多めに作って朝食に一杯いただけば、“温活”にもなり、冷えやすい女子にはとっては、一石三鳥でもあります。そして、せっかく取り入れるのなら、昔ながらの製法で作られた“本物”の発酵食品をぜひチョイスしてほしいですね。プロバイオティクスの健康効果を得られることはもちろんのこと、何よりも美味しいのでやみつきになりますよ!

A育てる食品「プレバイオティクス」
腸内環境を整える上で、プロバイオティクスと両輪で大切なのが「プレバイオティクス」です。プレバイオティクスとは、自分の腸内細菌のエサになって、細菌の増殖を促してくれる食品で、食物繊維やオリゴ糖などが該当します。特に腸内のお掃除役でもある食物繊維は積極的に摂りたい食品の一つです。しかし、残念ながら食生活の変化により目標値に達してない人がほとんどのようです。

成人女性の場合、食物繊維の目標とされる1日の摂取量が18g* に対し、平成25年「国民栄養・健康調査」によると13g程度した摂取できていないことがわかっています。便通をよくするため、そして、腸内細菌のためにもひじきやきんぴらごぼうなど食物繊維の多い食材を使ったお惣菜を、できれば毎食一品加えるようにするといいですね。
*出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」食物繊維の食事摂取基準(g/日)より
育てる食品「プレバイオティクス」

B善玉菌を守るため、できれば避けたい食品
毎日プロバイオティクスやプレバイオティクス食品をせっせと摂っていても、同時に揚げ物などの脂っこい食事や甘いもの、スナック菓子など脂質が多くて食物繊維が少ない食事を食べていたらせっかくの努力も報われません。なぜなら、これらの食品は悪玉菌の大好物だから。お肉を食べるときは、食物繊維たっぷりの野菜もご一緒に!

避けたほうがよい食品に意識を向けることで、腸内細菌を応援する食品、育てる食品をプラスして取り入れようと意識改革できそうですね。

時代は育菌へ
腸内細菌の重要性が定着するにつれて、ますます注目度が増している菌の世界。最近では、育菌は腸だけではなく、肌や女性のデリケードゾーンのケアにも使われています。むやみに除菌しないで自身のもつ常在菌と上手く付き合うお手入れ方法は、“育菌”ケアと言われ注目されています。腸内ケアも外から菌を取り入れるだけでなく、自分の菌をいかに“育てて”&“活用”できるか、つまり“育菌”&“菌活”。そんな、”Wケアが新しい腸内ケアのポイントになってきそうです

腸活のメリットと食事ポイントについて、ご紹介いたしました。良い腸に整え、キープする。これこそが、健康と美の要といっても過言ではないでしょう。 ぜひ、あなたもちょっとだけ腸を意識して生活することを始めてみてください。 “腸活”をお手軽に始めるには、漢方を試してみるものいいですね。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346838
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp