人類の起源と人類の拡散
346304 「東洋人と西洋人は世界の見方が異なる」
 
匿名希望 19/05/29 AM02 【印刷用へ
西洋人と東洋人では、写真を見るときの目の動き方に違いがあることを示す研究結果がミシガン大学から発表された。同じ風景写真を見ても、ヨーロッパ系の米国人は前景にある対象に集中するのに対し、中国や日本で育った人は背景の観察や全体像の認識に多くの時間を費やすことが明らかになり、ここには文化的背景の違いが関与しているという。

 アジア人と北米人は実のところ、世界の見方が違っている。1枚の写真を見た時、ヨーロッパ人を先祖に持つ米国人の学生が前景に写っている物により多くの注意を払うのに対し、中国出身の学生は背景の観察と全体像の認識により多くの時間を費やすことが、ミシガン大学の研究から明らかになった。

 ミシガン大学のリチャード・ニスベット教授とハンナ=フェイ・チュア氏を中心とした研究チームは、ヨーロッパ系米国人の学生25人と中国で生まれ育った学生27人の協力を得て、写真を見ている間の学生たちの目の動きを追跡し、写真のどの部分を見ているか、特定の部分をどれくらいの時間注目しているかを調べた。

 「彼らの世界の見方は、文字通り、まったく異なっている」と語るニスベット教授は、この違いは文化的背景によるものだと考えている。

 ニスベット教授は、電話インタビューで次のように語った。「アジア人は、われわれに比べ、社会的により複雑な世界で暮らしている。われわれよりアジア人のほうが、他者により多くの注意を払わなければならない。われわれは個人主義者だ。われわれははた迷惑な乱暴者にもなれるが、アジア人はそんなことをするわけにはいかない」

 この研究結果は、23日付の『米国科学アカデミー紀要』に掲載されている。

 ニスベット教授によると、中国文化では調和が鍵になるのに対し、西洋では物事を遂行する方法を見つけることに重点が置かれ、他人にはあまり注意を払わないという。

 さらに、こうした見方の違いは何千年も前の社会生態や経済にまで遡って確認できると、ニスベット教授は指摘する。

 ニスベット教授によると、古代中国では農民が灌漑農業という方式を考え出したという。稲作農家では、互いに助け合って水を分け合い、誰も不正を働かないよう気を配る必要があった。

 一方、西洋人の見方は、古代ギリシャの時代に培われた。当時、個人農園でブドウやオリーブを育て、自分で売りさばく自営農家がたくさんあった。

 したがって、認識における違いは少なくとも2000年前から存在していた、とニスベット教授は指摘する。

 たとえば、アリストテレスは対象に注目した。岩が水に沈むのは、岩に重さの属性があるからで、木が浮くのは、木に浮く属性があるからだと考えた。だが、アリストテレスは、水については何も説明しようとはしなかった。これに対し中国人は、あらゆる作用は、それが起こる場にある媒介物と関係があると考えた。だから中国人は、西洋人よりもずっと前から、潮汐(ちょうせき)や磁性を理解していた。

 ニスベット教授は、このような東洋と西洋の違いを具体的に示すために、日本人と米国人に水中の光景を撮影した写真を見せ、何が見えたかを言ってもらう実験をした。

 米国人は、最も鮮やかな色をしたものや動きの速いもの、たとえば、マスが3匹泳いでいるといったことを最初に答えたが、日本人は、水の流れが見える、水は緑色だ、底に岩があるなどと言った後で、魚のことを話す傾向が強かった、とニスベット教授は語る。

 ニスベット教授によると、日本人は米国人に比べ、背景についての情報を60%多く、背景と手前に写っている物との関係については2倍多く話したという。

 研究チームは最新の調査で、写真を見ている時の中国人と米国人の目の動きを追っている。

 米国人は、前景に写っている対象――たとえば、ジャングルにいるヒョウなど――にすぐに目を向け、それをじっと見ている時間が長かった。中国人の方はしきりに目を動かし、特に背景に注目しながら、背景と手前に写っている主な対象との間を行ったり来たりしていたと、ニスベット教授は説明する。

 この違いの原因は文化にあるというニスベット教授の考えを裏づけるように、北米育ちのアジア人を調べたところ、アジアで生まれ育った人とヨーロッパ系米国人のちょうど中間の反応を示し、ときには米国人のほうに近い見方をすることが判明している。

 マサチューセッツ大学アマースト校のカイル・R・ケイブ準教授は、次のようにコメントしている。「これらの研究結果は特に注目に値する。文化の違いが、目の動きを制御するというような低レベルの認知プロセスにまで及んでいることを示すものだからだ。われわれが世界をどのように見、どのように探索するかは、われわれが生まれ育った場所によって事実上決まるということを、これらの結果は示唆している」

 ケイブ準教授によると、自身の研究チームでアジア人と西洋人が字を読む時の目の動きを調べたところ、それぞれの言語の記述形式の違いによって、目の動きも異なっていることがわかったという。

 「この研究に限らず、文化の違いを見つけ出すあらゆる研究を概観すると、ある文化圏にいる人の方が上手にできることもあれば、別の文化圏の人の方が得意な作業もあることがわかる。こうした研究から、ある文化が他の文化よりも認識の点で総じて優れていると論じるのは、難しいのではないかと私は思う」と、ケイブ準教授は語った。

引用元:リンク
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346304
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp