未知なる回路:気・霊感・予知
345423 猫や犬には「魂」が見える?人間には見えないものが見えていることが科学的に確認される
 
匿名希望 19/04/26 PM10 【印刷用へ
リンクより引用します。
(以下引用)

猫や犬には「魂」が見えている?動物は人間が見えないものを見ていことが科学的に確認される
Can Cats and Dogs See "Spirits"? Science Confirms They Can See Frequencies We Can't
 
2017年【The Mind Unleashed】Markab Algedi著
 
リンク
猫や犬、その他の動物は、人間には見ることができない周波数のものまで見えている、と科学の主流派さえもが認めているということを最近知り、私は興味を持ちました。
 
関連の資料を少し読んだ後、その説明はスピリチュアルな説明とは別な方法で、科学的に理にかなっていることがわかりました。ごく簡単なことでした。科学的な説明によれば、人間は網膜の構造上、見ることができない紫外線やその他のいくつかの光線を、犬や猫はそれを視覚としてみることができるということでした。
 
かつては、すべての哺乳類は紫外線を見ることができない人間と似通った目を持っていると考えられていましたが、科学的な証拠からは多くの哺乳類が見ることが明らかにされています。
 
イギリスのロンドン大学シティ校の生物学者数名が数年前に実験を行い、種による視覚の違いを証明しています。
 
Pet MD(動物に関する情報を集めたサイト)からの引用:

「あなたの犬や猫には、あなたには見えないものが見えている、と感じたことはありませんか?新しい研究によれば、その考えは正しかったようです。その研究によると、猫や犬、その他の哺乳類には紫外線が見えているため、(ヒトとは)まったく異なった世界が開けている、ということです。

リンク
「猫の視界」  Nickolay Lamm
 
人間は赤から紫の可視光線が見えていますが、紫外線はその範囲を超えた波長です。人間の目には、紫外線が網膜まで到達しないようにブロックしているレンズがあります。以前は、ほとんどの哺乳類には人間と同様のレンズがあると考えられていました。
 
科学者らは猫や犬、猿、パンダやハリネズミ、フェレットなどの死んだ哺乳類のレンズを調べました。レンズを通過して網膜まで到達する光の範囲を調べることで、これまで紫外線を見る能力がないと思われていた一部の哺乳類には、実は紫外線が見えていたという結論が導かれたのです」
 
しかしこの現象に関しては、抽象的な思考の領域にまで食い込む、もっと深い何かがあると私は考えています。
 
私は妹と一緒に、ペットの猫にそこに居ないものが見えているかどうかを確認する実験を行ったことがあります。
 
猫たちは、私たちには見えないものに向かって手を出したり、鳴き声を出したり、あるいは威嚇や変な音を出すことがあります。
 
猫のそういった行動が最も強く起きたのは、私の祖父が他界した直後のことでした。ダブル・スタッフという名前の我が家の猫は、空中を叩くように動き、とても変な鳴き声を出し、そして部屋中を何かを追うかのように走っては、空中にジャンプしようとし、天井にあるこの「何か」を見つめていたのです。
 
それはまるで、魂か実在物の一種が天井辺りに浮かんでいて、猫だけがそれを見ることができたかのようでした。
 
猫がこのような行動を取った時、私の部屋には異なる紫外線はありませんでした。ではこの猫の、見えない何かを追いかけた時の行動の理由は何だったのでしょうか。
 
それから数週間後、私の妹は「影の人(shadow people)」を目撃体験しました。これは一般的には、金縛り(睡眠麻痺)になった人が報告することが多い現象です。
 
妹が夜間に、家の周りにこのような影の複数の存在を目撃した時(これが幻覚ではなかったと仮定して)、この猫が奇妙な行動を取り、怖がり始めました。
 
猫はニャーと鳴いたり、威嚇の声を出すなど前回と同じことをしていましたが、今回は恐れている様子で、前のようにきょとんとしたり、興味があるような雰囲気ではなかったのです。
 
私たちの身の回りには、紫外線が存在しているのと同様に私たちには見ることができない他の存在がいて、一部の動物だけが、時々にだけでも、その存在に気がついている、と感じたことはありませんか?
 
私は自分の経験から、確実にそう感じています。
 
(翻訳ここまで)
 
【参考】リンク
 
  List
  この記事は 341645 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_345423
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp