共認運動をどう実現してゆくか?
34413 超国家・超市場論26 現実の認識欠乏と非現実の認識欠乏
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/06/23 AM02 【印刷用へ
社会空間では、何であれ現実の欠乏に応えるものは(「それ」に対する欠乏=収束力が強ければ)、必然的に取引化=市場化される。(33179『超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ』参照)逆に、市場化できないとすれば、その欠乏は頭の中だけの非現実の欠乏だということになる。

実際、認識形成サイトの中には無料で数万人ものファンを集めているものもあるが、それはあくまでも非現実空間(匿名の闇空間)での人気にすぎず、とうてい現実の世間の評価を得ているとは云えない。
それは、ネット界の旧住人の認識欠乏が、決して現実の認識欠乏ではないからである。彼らの認識欠乏は現実を否定した上で成立する倒錯思考の欠乏であり、どこまでも反現実or非現実であることに意味を置いた非現実の欠乏である(20354『観念パラダイムの逆転2』参照)。
従って、何事も否定してお終いで、せいぜいが自己を正当化しorひけらかす為の認識欠乏ぐらいしか持ち合わせていない。従ってまた、本当に現実を変革する気などないので、現実を切り開く為の認識など求めたこともない。(現にその様な闇空間から、現実を切り開く様な新しい認識が形成された例しがない。)
だからこそ、ネット界の旧住人からは、未だに「認識形成サイトを有料化する」という発想が出てこないのである。(但し、るいネットが有料化の先鞭をつければ、彼らもそれに追随する可能性は充分にある。)

人々の圧力源=活力源が、生存圧力から同類圧力へと移行中だとすれば(つまり、人々の欠乏が物的欠乏から類的欠乏に上昇中だとすれば)、それに応える類的な活動(or場)が、いったん市場化されるのは、必然である。
しかも、『認識形成の場』への参加は、個々人の合意に基づいて参加するという点では取引原理的な側面を残しながらも、既にその中心軸は私的合意を超えた(『みんな充足(=社会の為)の場』を構築しようとする)『みんな共認』に転換している。それに、通常の市場取引がその場限りであるのに対して、認識形成の場は恒常的に存在しており、参加者もほぼ恒常的に参加し続ける。何よりも、市場取引では人々は消費者(or観客)でしかないのに対して、『認識形成の場』に参加した人々は協働者である。

人々が恒常的に参加し、協働して『みんな充足・みんな共認』の場を作ってゆくというこの営みは、協働原理(本源原理)の世界そのものである。つまり、認識形成の場は、私的合意に基づくという取引原理的な側面を残しながらも、すでにその本質は協働原理そのものに移行している。従って、いずれ取引原理に拘る必要さえ無くなれば、市場を超えた純粋な協働原理のまつり場へと脱皮してゆくことになる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_34413
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
199383 【幹図解】超国家・超市場論26 中山寛太 09/02/10 AM01
198188 【図解】超国家・超市場論26 daisuke 09/01/24 PM10
36478 思考回路の対象として、「みんな」「場」という視点を体得する 岩井裕介 02/07/19 PM10
34837 有料化が闇空間を淘汰していく 琵琶湖 02/06/28 PM02
34769 この30年間、わたしたちが一番必要としていたもの。 八木繁昭 02/06/27 PM10
34734 「2ちゃんねる」敗訴について 新大阪駅 02/06/27 PM02
34730 「二乗の傍観者である観客」から脱却するために 大木康子 02/06/27 PM02
34705 欠乏は頭の中だけの非現実の欠乏だった 尾曲圭介 02/06/27 PM01
34632 自己を正当化するための主張など売れる訳がない 高利 02/06/26 PM02
34624 絶えることない収束力 ゲン 02/06/26 PM01
34606 ネットという場の再考 鈴木龍也 02/06/26 AM02
34596 継続的な「認識形成の場」への参加が現実の突破口を開く 上平貴昭 02/06/26 AM00
34595 人類史上初の協働の場 小松由布樹 02/06/26 AM00
34594 恒常的に参加し、協働する充足 渡邊かお里 02/06/26 AM00
34588 改めてネット界と現実の(現在の)同類圧力を直視する 山田真寛 02/06/26 AM00
34581 事業化とは普通の人の評価を得るための実現戦略 田野健 02/06/25 PM11
34552 市場を越えるビジョンが見えた・・・ 近藤文人 02/06/25 PM10
34548 『認識形成の場』に参加しないことは、社会的な死を意味するようになる。 長谷暢二 02/06/25 PM09
34541 市場化で終わらない 橋田和弘 02/06/25 PM07
34529 本当の観念機能は小学生並 田中令三 02/06/25 PM02
34521 協働者の軸足 匿名希望 02/06/25 PM01
34501 認識形成サイトはメジャーになるほど、参加者の充足度は高まる 熊谷順治 02/06/25 AM02
34499 「現実の評価」が欲しい・・・現実を見つめるとこの言葉も新鮮! 佐藤祥司 02/06/25 AM02
34497 有料化は認識と人の淘汰を加速する 冨田彰男 02/06/25 AM01
34490 現実の必要性の実感 斎藤幸雄 02/06/25 AM00
34472 遊びより必要なこと 木橋哲夫 02/06/24 PM11
34458 魅力のある人が集まる場 西知子 02/06/24 PM10
34447 みんなの充足・みんなの共認 岡田理恵 02/06/24 PM09
34442 基本は『みんな充足・みんな共認』 川中美代子 02/06/24 PM08
34421 るいネットの市場化、それもまた過程の一つ 森本亜希子 02/06/23 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp