市場原理
34412 超国家・超市場論25 社会空間では、『現実に必要な認識』は、必然的に市場化される
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/06/23 AM02 【印刷用へ
市場社会が拡大してきた主動因は、快適さや便利さをはじめとする快美幻想への物的な可能性収束である。それに対して、芸能や芸術や教育その他の広義の認識需要は(非物的という点で)市場の本流から大きく外れている。(注:これらの非物的需要=広義の認識需要を、類的需要と呼ぶ。)
従ってこれらの類的需要(=広義の認識需要)は、物的な快美収束と同等以上の欠乏or収束力がなければ、市場化され得ない。逆に云えば、物的な快美収束と同等以上の収束力を持ち得た認識だけが商品化される(市場に登場し得る)。

ここで、お金が芸能や文芸や理論の評価指標ともなっているのは、生存闘争と直結した「現実の評価指標(=お金)」が万人の認めた唯一の評価指標として既に確立しており、お金を払ってでも見てくれる事が、『現実に必要とされている』ことの証しになる(従ってまた最も確かな評価の証しとなる)からである。
もちろん、芸人や文人の場合はお金を払ってもらえることによって、生存課題から自由になり、芸や認識の追求に専念できるという事の方が大きい。しかし、認識形成サイトの協働者は他に専業を持つ素人であり、夫々が『生存課題から自由な時間』(貴重な時間)を使って参加・協働する訳だから、「認識協働でお金を貰って生活の足しにする」と云うのは主動機にはならない。

従って、『認識形成の場』が市場化される主動機は、『現実に必要とされている』証しが欲しいという一点である。もっと突き詰めれば、その本質は「現実の評価」が欲しいという一点につきる。
だとすれば、『新しい認識欠乏は、現実の欠乏である』という事こそ、市場化が不可欠になる真の理由である。

いま顕在化しつつある外向収束⇒認識収束が、本当に現実的なものであるなら、それは既に飽和限界に達した物的な快美収束を上回る収束力を持つ筈であり、従って人々の認識収束に応える『認識形成の場』は、当然事業化できる筈である。
実際、事業化できれば、それでメシを喰える人の分だけ、『場』の利便性や質を高度化することが出来る。何より、『場』が商品化されることが、人々の認識収束が本物の現実の欠乏であることの証しになる。逆に、人々に場代を払う気がないとすれば、その人々の認識欠乏は未だ現実の欲求になっていない偽物(上辺だけの要求)だという事になる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_34412
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ「必要か否かの判断の土俵」その5 〜社会空間では、『現実に必要な認識』は、必然的に市場化される 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/06/16 PM11
240335 【幹図解】超国家・超市場論25 柳瀬尚弘 10/11/05 AM02
209158 快美欠乏から認識欠乏へと、現実の欠乏が変化する。 永峰正規 09/06/19 PM10
198634 【幹図解】超国家・超市場論25,26  佐藤賢志 09/01/30 PM08
198189 【図解】超国家・超市場論25 社会空間では、『現実に必要な認識』は、必然的に市場化される 内山竜太郎 09/01/24 PM10
197756 【図解】超国家・超市場論25 社会空間では、『現実に必要な認識』は、必然的に市場化される 国道12号 09/01/19 PM10
197618 物的需要の陳腐化による類的需要の高まりと、自己不安 (´・∀・`) 09/01/17 PM11
社会保障制度の崩壊と類的需要の高まり 「これからは探求の時代」 07/06/23 PM11
130155 認識力がある→期待が集まる人ほど時間がない。どうする?orどうしてるの? 藤田公一 06/09/06 PM10
129024 現実の評価の先にある統合システムの構築 匿名希望 06/08/26 AM02
129011 食うためのお金と評価としてのお金 近藤文人 06/08/25 PM11
124519 「必要性」と「価値」 中村康次郎 06/07/01 PM07
100463 顧客獲得から協働者獲得への転換。 タコ墨。 05/11/06 PM06
100020 認識欠乏を感じさせられるポイントは? リバーバンク 05/10/29 PM11
92012 答えの供給者のつくり方 奥澤健 05/06/03 PM10
91140 人々の欠乏は明らかに変わってきている 琵琶湖 05/05/20 PM11
86789 社会統合のためにお金を使う素地はできている 新川啓一 05/03/05 AM00
34946 『新しい認識欠乏』を現実の欠乏とするために 前上英二 02/06/29 PM11
34907 自由な時間→本源時間への大逆転 岡本誠 02/06/29 AM02
34841 ここでの認識が形骸化した憲法に取って代わる 小西康雄 02/06/28 PM05
34818 現実に有料化へ動き出している ごんべえ 02/06/28 PM01
34768 認識にお金を使っている諸ケース 村田貞雄 02/06/27 PM10
34729 認識収束が本物の現実になる 中野泰宏 02/06/27 PM02
34656 素人だから成立する市場 山名宏明 02/06/26 PM11
34638 取引化=市場化によって注目されたリナックス 鈴木隆史 02/06/26 PM04
34613 まさにこれからが正念場である るぎあ 02/06/26 PM00
34589 サイトの有料化こそが、新しい認識欠乏を現実のものとして顕在化させる 馬場真一 02/06/26 AM00
34577 「現実の必要」が全ての活動の活力となる 斎藤一浩 02/06/25 PM11
34533 必要か否か、判断基準の転換をもって市場と国家を越える 石野潤 02/06/25 PM02
34489 「場」の商品化=「現実に必要とされている」証し。 八木繁昭 02/06/25 AM00
34485 改めて『頭の柔らかい人あつまれ』、の真髄。 阿部紘 02/06/24 PM11
34474 最終商品として市場化されるべき『認識形成の場』 細田卓司 02/06/24 PM11
34464 評価の証は全ての人々が求めている 沼田竜一 02/06/24 PM10
34414 「『無料』の認識、『不労』の社会過程」という倒錯が人々を奴隷にさせた 阪本剛 02/06/23 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp