日本を守るのに、右も左もない
343726 日本人は宗教と結びついた神聖な性の世界をも見失ってしまった。
 
匿名希望 19/02/28 PM10 【印刷用へ
『乱交セックス「盆踊り」 性を解放、神聖な伝統行事(リンク)』より転載します。
>日本人はまた、宗教と結びついた神聖な性の世界をも、見失ってしまった。
とある。暗闇祭りや盆踊り。夜這いの風習は明治初期まで残っていた。性に大らかな日本はどこにいったのか?
-----------------------------転載
■日本人の性 どこからどこへ
 みなさんの地域の盆踊りはどういうものだろうか。盆踊りは歴史が長く、無形文化財から近年の新作までじつに多様な音曲と踊りが、同じ「盆踊り」という言葉で呼ばれている。地方によっては、念仏踊りや踊り念仏、風流踊りなどの古い名前や形が残っている。
盆踊りの歴史の中で、明治を境にした変化は甚大だ。明治期には「盆踊りは風紀を乱す」とたびたび盆踊り禁止令が出され、それでも踊ろうとする人々と、取り締まる警察のぶつかり合いが繰り返された。その後大正、昭和には炭坑節や東京音頭などの新たな踊りが作られ、近代の盆踊りへと様変わりした地方は多い。

■盆踊りの源流から隆盛へ
 盆踊りの源流は、平安時代の空也が創始し、鎌倉時代の一遍が各地に広めた踊り念仏だといわれている。一遍や同行の僧尼たちは、念仏で救われる歓喜に服もはだけて激しく踊躍(ゆやく)し、法悦境に庶民を巻きこんで大ブームを起こした。その後、宗教性よりも芸能に重きがある念仏踊りが生まれ、人々は華やかな衣装や道具、振りつけや音曲を競って盛んに踊った。
 芸能が百花繚乱(りょうらん)となったこの時代、経済力や自治力を強めた民衆は、次々と新奇な趣向に旺盛な創造力を発揮していった。江戸時代の初めには盆踊りは絶頂を極め、ある年の江戸では7月から盆踊りが始まって、連日踊り明かして10月になっても止む気配がなかったという。
 さて、この盆踊りが明治以降、取り締まられるようになった理由の「風紀を乱す」とはどういうことだろうか。明治以前の日本では、通い婚の伝統のためもあり、婚外セックスへの規制は、武士以外はきわめて緩かった。未婚の男女が出会ったり、既婚者たちが一時的な関係をもったりする機会も数々あった。

 万葉集にも「人妻に我も交わらん 我が妻に人も言問へ…」という筑波山の歌垣(かがい)を詠んだ歌がある。歌垣は各地で行われ、盆踊りと結びついた例も多い。ざこ寝という、男女が一堂に泊まって乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びついた。民俗学者の赤松啓介氏は、昭和初めに自分でざこ寝を体験したと述べ、またざこ寝堂は近世の農村にはほとんどあったとみてよいと言っている。
 日本では性は神聖なものとされ、盆踊りのほか、念仏講、御詠歌講、神社の祭礼など民衆の宗教的な行事の中心には、日常的な営みとは違う聖なるセックスがあるべきだと考えられていたようだ。風俗史家の下川耿史氏が詳述しているように、盆踊りは性的な乱交パーティーだったのだ。そして日本中を熱狂で揺るがすようだったかつての盆踊りの隆盛は、性が解放されるエネルギーをこそ原動力にしていた。
 盆踊りの歌詞も、もとは性的な表現にあふれていた。それにのって男女が巧みな身ぶりで身体的魅力を披露して誘いあったので、踊りももっと艶めいた雰囲気があったろう。
民俗学者の池田弥三郎氏が、昭和10(1935)年ごろの長野県での経験を書いているが、徹夜の祭りの翌朝、ある農家でお茶をよばれていたら、その家の中年の夫が妻に、平静な口調で、昨日のお前の相手は誰だったかと聞いた、という。その意味するところをうっかり聞き過ごすくらい、その口調は普通だったそうだ。つい最近まで盆踊りの性の解放が残っていたという地域もあり、また習俗だと意識せずに行う人たちは今もいるだろう。

■近代化の結果の性的萎縮
 しかし、近代日本が西洋の性道徳や家族制度を、木に竹をつぐように導入した影響は大きい。性の解放は犯罪とされ、性はわいせつなものとして公共の領域から追放されるようになった。念仏踊りや盆踊りという巨大な文化運動を生み出してきたほどのエネルギーを封印した結果、人は性的にも発想や活動の面でも萎縮してしまい、文化や社会は力を喪ったといわざるをえない。
 日本人はまた、宗教と結びついた神聖な性の世界をも、見失ってしまった。現代日本人のセックスレスは世界的にも特異であり、木に竹をつぐ仕方がよほど無理だったのではないかと思う。これから日本人は、性の豊かな世界をどのように取り戻していくべきだろうか。
 
  List
  この記事は 132732 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343726
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp