人工物質の脅威:大気・水・食品
342835 10人に1人は精子・精液トラブル?〜男性不妊の現実〜
 
彗星 19/01/27 AM02 【印刷用へ
【しらべぇ】のサイトの『医師に聞いた! 46歳で出産した加藤貴子が告白した「男性不妊」とは(リンク)』から転載します。
 10人に1人は精子・精液トラブル?と言われる男性不妊。この現実を早期に直視しないとヤバいことになる。
-----------------------------------------転載
ドラマ『温泉へ行こう』(TBS系)などで知られる女優・加藤貴子(46)が、8月23日に第2子となる男児を出産した。
46歳での高齢出産で産後の体調が心配されたが、安産とのこと。産後も、公式ブログで妊活中の心境を綴っている。加藤は過去に、ブログで夫の「男性不妊」も告白し話題になった。

■男性不妊について医師に聞いてみた
最近、目にする機会が多くなったワード「男性不妊」。しらべぇ取材班は、大田区下丸子の内科・産婦人科・美容皮膚科『医療法人社団暁明会 井上メディカルクリニック』の井上憲理事長に、「男性不妊」について話を聞いた。

井上理事長:これまで不妊の原因は女性側の問題と見られていました。しかし近年では女性だけの問題ではないことが解明され、男性に原因があるケースが半数近くに上がっています。

夫婦で検査を行うことで、短期間で治療が済むケースもあり、男性不妊の症状にも気をつける必要があります。

■精子の状態を知ることが大切?
井上理事長:1回の射精で約1億から4億の精子が放出されます。そのうち卵子と結合できるのはたった「1つ」。子宮の前で99%が死滅し、子宮内では10万個以下になります。卵子の周囲まで到達できるのは数百個以下。卵子にたどり着いた精子は、パワーがあり優秀だったということになります。

この精子の「全体的なクオリティ」がとても大切です。精子のクオリティは、@精子数 A奇形率 B運動率 で評価します。

■男性不妊の原因にはどんなものがある?
井上理事長:男性不妊の原因のポピュラーなものだけピックアップしてみます。

@無精子症:無精子症とは、男性の精液中に、精子を観測できない状態、あるいは運動率が極端に低い(20〜30%以下)場合を言います

A欠乏精子症:精子の数が一般的な数値よりも極端に少ない症状です。欠乏精子の程度によって、軽度・中等度・重症度に分けられます。

B精子無力症:活発に前進することができる精子がとても少ない状態のことを指します。具体的には「動いている精子が50%未満」、もしくは「活発な全身運動をしている精子が25%未満」と定義されています。

C精索静脈瘤:精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣の静脈血管が瘤状に腫れている状態のことを言います。(男性不妊の40%を占める)

D勃起不全(ED):勃起機能の障害(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。性交時に勃起が起こらない、または一定時間維持できない上体を指します。

E閉塞性無精子症:「精管(せいかん)」の一部が詰まっているなどの原因により、精液中に精子が認められない状況を指します。

■10人に1人は精子・精液トラブル?
井上理事長:10人に1人は精子・精液トラブルを抱え、100人に1人は無精子ということを知っていますか?

多くの方は「自分には何もないだろうけど、妊活のために検査しておこう」と自己チェックのために検査し、診断結果でトラブルを発見します。男性の妊活の第一歩として、ぜひ早めに、精子・精液検査に目を向けてみてください。

■経済的な負担も大きい治療だからこそ
一般的に「心身にも家計にも」負担が大きいと言われる「妊活」。男女ともに自分の体の状態を把握することで、治療期間が短くなれば、その分負担も軽くなる。

これから不妊治療を始める方は、夫婦で専門の医療機関を受診してみてはいかがだろうか?
--------------------------------終了
 
  List
  この記事は 308751 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_342835
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp