新しい共認勢力
342172 日本では報道されないフランス暴動デモの凄まじさ、民衆は増税に怒っている
 
匿名希望 19/01/03 AM09 【印刷用へ
以下リンクより抜粋

―――――

これは現代版「フランス革命」。市民が自発的に抗議デモに参加
マクロン氏、激しい反政府デモに妥協
フランス・マクロン政権のフィリップ首相は4日、反政府デモが広がるきっかけとなった燃料増税の延期を発表しました。さすがに、約50年ぶりといわれるデモの激化で、対応を迫られたようです。

このフランス・パリでの「黄色いベスト」運動は、日本でも断片的に伝えられていますが、想像を絶する規模です。
 
ライブでニュースを伝えている、現地の「BFMTV」のツイートをご紹介しながら、実際の様子を振り返りましょう。

発表数字以上の参加者
「黄色いベスト」運動は、マクロン大統領の増税・リストラ路線に反対するもので、燃料増税が直接のきっかけです。デモが行われたパリ中心部では、「黄色いベスト」を着た人に、街は埋め尽くされました。

このデモの様子をBFMTVのライブで見ていますと、日本で伝えられている以上に、すさまじい規模であることがわかります。

発表されている数字や報道されている数字はそれほどではありませんが、実際の方が多いんじゃないかな、という感じです。

日本では、他のニュースと同等に、1つの海外ニュースとして伝えられています。しかし、BFMTVのニュース番組を見ていますと、これはまさに「現代版フランス革命」とも思えます。

凱旋門やシャンゼリゼ通りといったパリの中心部で、店舗の大きなガラスは軒並み叩き割られ、車は放火されて炎上。警官隊とデモ隊の双方の殴り合いも、すさまじいものがあります。

また中心部に通じる道路でも、「黄色いベスト」運動が、さながら道路で「検問」を行い、道路を封鎖しています。

増税・リストラへの怒り爆発か
デモの参加者も、従来のデモのように、いわば「セミプロ」のような感じではありません。おじいさんやおばあさん、中年のおじさんやおばさん、OL風のお姉さんといった幅広い層が参加しています。こうした人が「黄色いベスト」を目印にして、抗議デモに参加しているわけです。

BFMTVのスタジオには、黄色いベストを着用した人も登場。自身の主張を述べていました。

フランス国民は、日頃の生活の厳しさに「今回ばかりは我慢ならない」という感じなのでしょう。

マリーヌ・ルペン氏などは静観
マリーヌ・ルペン氏など、マクロン大統領と対立する野党側は静観しています。

マリーヌ・ルペン氏は、マクロン大統領に選挙を実施するように要求していますが、この「黄色いベスト」運動は自然発生的に起きたもので、ほとんど政党色がありません。

ですから、野党がやっているというわけでもなく、どう対応すべきか、野党もやや戸惑いがあるのかもしれません。

今回のパリ暴動は、昔の歴史に出てくる『フランス革命』はこんな感じで発展したのかもと思えるような激しさです。

マクロン大統領は、このまま政権を続けて、増税・リストラ路線を続けるのは難しいでしょう。

選挙を実施して、あらためて国民の信を問うのが、最善の方法のように思えます。

マクロン政権、燃料増税を延期
そしてついに、フランス・マクロン政権のフィリップ首相は4日に演説し、燃料増税の延期を発表しました。さすがに約50年ぶりといわれるデモの激化で、対応を迫られたようです。

フランスのIfop(世論調査会社)の最新の数字では、マクロン大統領の支持率は23%になっています。

マクロン大統領・不支持は7割から8割に及んでいるということです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_342172
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp