宇宙・地球
341906 惑星が太陽の周りを安定的に回り続ける仕組み
 
山澤貴志 ( 53 鹿児島 ITコンサル ) 18/12/25 AM01 【印刷用へ
340223 で重力の電気宇宙論的解釈について述べたが、では惑星が太陽の周りを回り続ける仕組みはどのようになっているのだろうか?

一般的には太陽の引力と惑星が回転によって生み出す遠心力が釣り合っていると説明されていますが、これだけであれば、少し惑星の軌道がずれただけで、あっという間に惑星は軌道を逸脱してしまうでしょう。惑星に働くエネルギーには太陽風など、不安定なものも多く、安定軌道を保持し続けている仕組みは、引力と遠心力だけでは説明しきれていないと考えるべきです。

この太陽と惑星が付かず離れず安定的な軌道を保持している仕組みについて、三浦氏は「太陽がプラスに帯電しているのに対して、惑星もプラスあるいはマイナスに帯電しており、離れれば引き合い、近づけば反発する」という電磁石的なバランス機能orフィードバック機能を持っているのだと解釈している。

そして、もうひとつ「定在波」の存在を指摘している。

以下、「プラズマと電気でよみ解く宇宙と地球の本当のしくみ」より要約。

******************

太陽には5分周期の振動があることがわかっています。5分ごとに太陽の大きさが10km程度、膨張と縮小を繰り返しているのです。

注)太陽の5分振動についてはこちらを参照
リンク

そしてこの振動が太陽風に一定の強弱を与えているのです。つまり公転面に対してほぼ水平に吹いている太陽風には5分周期の定在波が存在しているのです。

注)定在波と進行波の違い
リンク

そして定在波は、進行波と異なり、節を作り出します。そして定在波の中に物質を浮かべると、ずれようとしても押し戻されて、節は物質が安定的にとどまる場所になります。例えば、28KHZの超音波で定在波を作り出すと28KHZの超音波の波長は約10mmなので、5mmごとに節ができます。この節にドライアイスの粒を置くと、粒は宙に浮いた状態になり、指でつついても同じ位置にとどまろうとします。

注)超音波がつくる定在波の節にドライアイスが浮く実験
リンク

太陽が作り出す定常波の節の上に、地球をはじめとする惑星は浮かんでいるのだと考えられます。

太陽と地球との間に働く電気的な引力と遠心力が惑星が公転する主な力ですが、軌道を安定化させている力の正体は、太陽が作り出す定在波なのだと考えることが出来ます。

*************************

地球の自転力が安定化する上でも、電離層との間に発生するシューマン共振が鍵を握っていたが、公転を安定化させているのも太陽風が作り出す定在波であることが分かってきた。

宇宙の安定や秩序において「波」の持つ力は大きいということが見えてきた。波動こそが秩序の源泉だといえそうだ。
 
  List
  この記事は 340223 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_341906
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
345050 落雷は生命を保護する特徴を持っている可能性 山澤貴志 19/04/15 PM11
電気的宇宙論のススメ3〜プラズマが生み出す波 「地球と気象・地震を考える」 19/01/09 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp