現代意識潮流を探る
34154 判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 02/06/20 PM07 【印刷用へ
『必要か否か』は、人々の潜在思念や事実に基づく共認圧力=現実の圧力によって判断されています。
例え自分の価値観がどうであろうとも、現実の圧力(人々の共認圧力)を無視することは、出来ないと思います。
それを捨象できるのは、国家に守られて生きてゆける統合階級や、無圧力空間に引き篭もった関係捨象派だけです。
だから逆に、普通に生きている人には、『必要か否か』の判断は、そんなに難しいことではないはずだと思います。

周りや自分を見ても分かるように、もう既に、誰も「みんなで話し合う場なんて要らない」「答えを紡いでゆく場なんて要らない」とは言えない現実になっています。また、「答えを出せる人はかっこいい」「自分もそういう人になりたい」という評価共認も、潜在意識では既に成立していると思います。
人々は頭であれこれ考えるよりも前に、日に日に増す社会不全の中で、「答えとなる認識」と「認識を形成してゆく場」に、現実の必要性を感じ取っていく筈です。
あとは中身の問題であって、その認識闘争こそ、望むところ!といった感じでしょうか。
 
  List
  この記事は 33821 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_34154
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
245419 『必要か否か』を判断する為に必要なものとは、 田野健 11/02/09 PM10
224621 潜在思念の可能性 斎藤一浩 10/01/19 PM05
209988 【幹図解】判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 嶺山志保 09/07/02 PM10
209817 認識闘争に勝ちぬき生き残っていく姿 八代至誠 09/06/30 PM00
209811 顕在化した共認圧力の場を統合・収束してゆくには? 大森義也 09/06/30 AM10
209367 判断するには、共認圧力の場に身を置くこと チウエ* 09/06/23 AM02
207423 迷走している「必要か否か?」 斎藤一浩 09/05/26 AM00
207261 「答え」を出すために。 ざしきわらし 09/05/23 PM10
204478 無圧力空間に置かれた「学校」 山田孝治 09/04/16 AM07
204475 目の前まで来ている、歴史的な社会変革 猪飼野 09/04/16 AM04
203074 自分がどうありたいか まゆ坊 09/03/28 PM10
201119 判断軸を社会に向けてみる 大脇正嗣 09/02/28 PM11
194384 社会統合という課題でのオスメス役割分担とは 志水満 08/12/08 PM07
191513 『必要か否か』の判断軸が生み出す事実(認識)収束の潮流 こうた 08/11/05 PM07
188167 社会だけでなく会社にも 匿名希望 08/09/30 PM01
185906 貧窮生活に耐えれる覚悟が必要? 猪飼野 08/09/17 PM04
185886 判断の土俵(現実の圧力)に立てない統合階級 ヨネ 08/09/17 PM00
185865 これが現実 R 08/09/17 AM00
182863 現実の圧力を感じなければ、必要か否かの判断はできない 星埜洋 08/08/06 PM11
182791 【図解】判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 リンゴヨーグルト 08/08/05 PM07
174857 統合階級も捨象できない時代 匿名希望 08/04/23 PM09
171525 必要か否かの判断はプロより素人の方が優れている。 向芳孝 08/02/26 PM00
171508 【図解】判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 コスモス 08/02/25 PM10
171504 ここ数年の認識収束の背景 大森義也 08/02/25 PM09
171150 『必要か否か』⇒『事実はどうなっているのか?』 マニマック 08/02/19 PM05
171126 財政の再建には、「必要か否かの判断」が不可欠 匿名希望 08/02/19 AM02
171090 農業問題の解決も『必要か否か』から 山本豊 08/02/18 PM03
171088 図解 『判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場』 庄恵三 08/02/18 PM02
165052 若者がお金を使わなくなったのは、将来の不安からか? 07/11/11 AM11
160666 判断の土俵でどう戦うか 鈴木隆史 07/09/07 PM01
155184 私権に収束しきれなくなった先は? スガイク 07/06/24 PM07
149910 統合階級(議員)の低投票率の捨象 匿名希望 07/04/21 AM03
147802 人類の外圧適応=『必要か否かの判断』は、認識形成サイトによって下される 越見源 07/03/23 PM04
145287 「場の必要」がなかなか顕在化しないのはなんで? かなめんた 07/02/18 PM07
144606 共認圧力=淘汰圧力を感じとれなければ使い物にならない 匿名希望 07/02/10 PM05
144309 『必要か否か』はみんなを羅針盤にしている 三輪歩未 07/02/07 PM05
144271 判断の土俵はみんなの中にある。 西田美和 07/02/07 AM08
140281 普通の人の判断 渡邊かお里 06/12/16 AM07
138705 生存機能『必要か否か』の再生⇒『認識闘争』への期待 斎藤一浩 06/11/28 PM10
135087 政治家と引きこもりと自己中 山田翔吾 06/10/21 PM10
133626 今や普通の人は気付いている ケリ太 06/10/08 PM10
131078 露店で学生客をうまく巻き込むには? 大森義也 06/09/16 PM09
34278 望むところ! 太刀川省治 02/06/21 PM10
34229 今や、自分の旧い価値観にこだわる『必要』はない るぎあ 02/06/21 PM00
34183 『国家に代る、新しい社会統合機構をつくろう』と思念できるかどうかですね 村田貞雄 02/06/20 PM11
34170 自己満足で終わらない為に。 根木貴大 02/06/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp