現代意識潮流を探る
34154 判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 02/06/20 PM07 【印刷用へ
『必要か否か』は、人々の潜在思念や事実に基づく共認圧力=現実の圧力によって判断されています。
例え自分の価値観がどうであろうとも、現実の圧力(人々の共認圧力)を無視することは、出来ないと思います。
それを捨象できるのは、国家に守られて生きてゆける統合階級や、無圧力空間に引き篭もった関係捨象派だけです。
だから逆に、普通に生きている人には、『必要か否か』の判断は、そんなに難しいことではないはずだと思います。

周りや自分を見ても分かるように、もう既に、誰も「みんなで話し合う場なんて要らない」「答えを紡いでゆく場なんて要らない」とは言えない現実になっています。また、「答えを出せる人はかっこいい」「自分もそういう人になりたい」という評価共認も、潜在意識では既に成立していると思います。
人々は頭であれこれ考えるよりも前に、日に日に増す社会不全の中で、「答えとなる認識」と「認識を形成してゆく場」に、現実の必要性を感じ取っていく筈です。
あとは中身の問題であって、その認識闘争こそ、望むところ!といった感じでしょうか。
 
  List
  この記事は 33821 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_34154
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
245419 『必要か否か』を判断する為に必要なものとは、 田野健 11/02/09 PM10
224621 潜在思念の可能性 斎藤一浩 10/01/19 PM05
209988 【幹図解】判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 嶺山志保 09/07/02 PM10
209817 認識闘争に勝ちぬき生き残っていく姿 八代至誠 09/06/30 PM00
209811 顕在化した共認圧力の場を統合・収束してゆくには? 大森義也 09/06/30 AM10
209367 判断するには、共認圧力の場に身を置くこと チウエ* 09/06/23 AM02
207423 迷走している「必要か否か?」 斎藤一浩 09/05/26 AM00
207261 「答え」を出すために。 ざしきわらし 09/05/23 PM10
204478 無圧力空間に置かれた「学校」 山田孝治 09/04/16 AM07
204475 目の前まで来ている、歴史的な社会変革 猪飼野 09/04/16 AM04
203074 自分がどうありたいか まゆ坊 09/03/28 PM10
201119 判断軸を社会に向けてみる 大脇正嗣 09/02/28 PM11
194384 社会統合という課題でのオスメス役割分担とは 志水満 08/12/08 PM07
191513 『必要か否か』の判断軸が生み出す事実(認識)収束の潮流 こうた 08/11/05 PM07
188167 社会だけでなく会社にも 匿名希望 08/09/30 PM01
185906 貧窮生活に耐えれる覚悟が必要? 猪飼野 08/09/17 PM04
185886 判断の土俵(現実の圧力)に立てない統合階級 ヨネ 08/09/17 PM00
185865 これが現実 R 08/09/17 AM00
182863 現実の圧力を感じなければ、必要か否かの判断はできない 星埜洋 08/08/06 PM11
182791 【図解】判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 リンゴヨーグルト 08/08/05 PM07
174857 統合階級も捨象できない時代 匿名希望 08/04/23 PM09
171525 必要か否かの判断はプロより素人の方が優れている。 向芳孝 08/02/26 PM00
171508 【図解】判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 コスモス 08/02/25 PM10
171504 ここ数年の認識収束の背景 大森義也 08/02/25 PM09
171150 『必要か否か』⇒『事実はどうなっているのか?』 マニマック 08/02/19 PM05
171126 財政の再建には、「必要か否かの判断」が不可欠 匿名希望 08/02/19 AM02
171090 農業問題の解決も『必要か否か』から 山本豊 08/02/18 PM03
171088 図解 『判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場』 庄恵三 08/02/18 PM02
165052 若者がお金を使わなくなったのは、将来の不安からか? 07/11/11 AM11
160666 判断の土俵でどう戦うか 鈴木隆史 07/09/07 PM01
155184 私権に収束しきれなくなった先は? スガイク 07/06/24 PM07
149910 統合階級(議員)の低投票率の捨象 匿名希望 07/04/21 AM03
147802 人類の外圧適応=『必要か否かの判断』は、認識形成サイトによって下される 越見源 07/03/23 PM04
145287 「場の必要」がなかなか顕在化しないのはなんで? かなめんた 07/02/18 PM07
144606 共認圧力=淘汰圧力を感じとれなければ使い物にならない 匿名希望 07/02/10 PM05
144309 『必要か否か』はみんなを羅針盤にしている 三輪歩未 07/02/07 PM05
144271 判断の土俵はみんなの中にある。 西田美和 07/02/07 AM08
140281 普通の人の判断 渡邊かお里 06/12/16 AM07
138705 生存機能『必要か否か』の再生⇒『認識闘争』への期待 斎藤一浩 06/11/28 PM10
135087 政治家と引きこもりと自己中 山田翔吾 06/10/21 PM10
133626 今や普通の人は気付いている ケリ太 06/10/08 PM10
131078 露店で学生客をうまく巻き込むには? 大森義也 06/09/16 PM09
34278 望むところ! 太刀川省治 02/06/21 PM10
34229 今や、自分の旧い価値観にこだわる『必要』はない るぎあ 02/06/21 PM00
34183 『国家に代る、新しい社会統合機構をつくろう』と思念できるかどうかですね 村田貞雄 02/06/20 PM11
34170 自己満足で終わらない為に。 根木貴大 02/06/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp