日本を守るのに、右も左もない
341474 なぜ今『種子法』を廃止する意味があるのか?人間の基礎を作る『国産の種』が危険!?
 
匿名希望 18/12/08 PM10 【印刷用へ
主要農作物種子法がついに廃止!!

2017年2月に閣議決定された、「主要農作物種子法廃止法案」という法案が可決されました。この閣議決定がどれだけ大きな影響を及ぼすのか。
そしてこの法案がものすごく我々の生活や健康に密接しています。

種子法(主要農作物種子法)って何?

主要農作物であるコメ・麦・大豆の種子生産や普及を都道府県に義務付けていたのを廃止し、民間企業に種子などを提供し開発を促進するという事。

これによってどういった影響があるのかというと、
「日本古来の方法で栽培されてた農作物の管理を止め、安価で手に入る外来の品種(遺伝子組み換え)などの栽培を促進」といった危険性があります。
その結果、輸入品の参入機会が広がり、日本の主食である米などが遺伝子組み換え作物に汚染されてしまう可能性があるという事です。

この写真がその危険性を表しています。
遺伝子組み換えで作られたトウモロコシを食べ続けたネズミの身体の変化です。
このデコボコした異様な塊は何だと思いますか?

これが「癌」です。

ネズミだから、人間には問題なんて良い話はありません。
ねずみだろうがなんだろうが同じ生き物として生まれてる以上は、同じような症状が人間にも出ると思ってください。
もちろん食べてすぐこのような症状が出てくれれば良いですが、
時間をかけてゆっくり進行するので、いつのまにかこのような症状に蝕まれていくというもの。

GM食品を食べ続けて人体に影響が出るのは、ラットの寿命で換算すると、約10年後で計算できる。

つまり、遺伝子組み換え作物を常に食べていると、あなたの身体に巨大な腫瘍ができる可能性があるし、高確率で癌になる。
さらに実験結果では、遺伝子組み換え作物を食べ続けたマウスは早死にすることが多いことも確認されている。

このような商品がこの日本で、この商品しか買えない状況になってしまう可能性があるという事です。

ではなぜこのような危険性のあるものを日本に取り入れる必要があるのでしょうか。

それは、遺伝子組み換えにもたくさんのメリットがあるからです。
@遺伝子組み換えによって農薬にも負けないゾンビ作物を栽培
A生育速度がものすごく早いので通常の約5倍の収穫量が可能(生産性の向上)
B虫が食べると死ぬように、害虫が寄りにくくなる

これを見てどう思いますか?

このような食品は生き物が食べるものでしょうか?
虫も食べないような物を、人間が食べて良い訳がありません。
このように目的としては、食べる我々にとっては消費者目線で考えるよりも、生産する側の企業にとってのメリットを優先して考えられてるという事。おそらく日本古来のやり方で栽培を続ける企業も残ると思いますが、
今までみたいに安価で手に入らず、富裕層などの一部の人にしか食べる事ができない高価なものになる可能性があるのです。

リンク
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_341474
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp