西洋医療と東洋医療
341243 ドイツ人パウル・シュミットによるバイオレゾナンス・メソッド
 
本田友人 ( 33 千葉 会社員 ) 18/11/29 PM10 【印刷用へ
( リンク )より引用
-----------------------
●パウル・シュミット式バイオレゾナンスとは
パウル・シュミット式バイオレゾナンスとは,ドイツ人の天才発明家パウル・シュミットが開発した、患者の不調の原因と考えられる「生命エネルギー(気)」の滞りを解消して、気がスムーズに流れるようにする作用のことです。体への作用はハリ治療と同様ですが、もっと確実にピンポイントで作用しますし、電磁波による影響、ジオパシックストレスにも対応します。

ここで述べているバイオレゾナンスは、ハリ治療での効果が解明出来ないのと同じように、現代の科学では解明出来ません。

解明は出来ませんが、欧米ではハリ治療は積極的に取り入れていて、アメリカでは、ハリ治療の効果を認めています。

また、パウル・シュミット式バイオレゾナンスはドイツ国内だけでなく、多くの国で使われています。

●パウル・シュミットのバイオレゾナンス理論の成り立ち、真髄
パウルシュミットは、量子論、ダウジング、東洋医学の三つからヒントを得て、バイオレゾナンス理論を確立しました。

量子論では、物理学者マックスプランクが「すべては振動であり、その影響である。現実にはなんの物質も存在しない。すべてのものは、振動で構成されている。」と述べています。

ダウジングとは、北米大陸やオーストラリアの先住民が、地下に隠れた水脈や鉱脈などを見つけるために、昔から用いてきた「地中探査法」です。木の枝などを地面にかざしながら、地下の水源を探し歩き、水脈や鉱脈のある場所に来ると、その枝が振動して、その存在を教えてくれるのです。

東洋医学では、気血の通り道を経絡と言います。生命エネルギーとされる気は、経絡を通り、全身を巡り、器官、組織、細胞の一つひとつに生命力を与えていると言われています。

この量子論、ダウジング、東洋医学という三つからヒントやひらめきを得て、バイオレゾナンス理論が構成され、打ち立てられました。

 以上のように、パウル・シュミットのバイオレゾナンス理論は、東洋医学の気の理論をベースに構築されています。

このバイオレゾナンス理論の真髄は、あらゆる「気の滞り」の固有周波数を突き止め、それと同じ周波数によって、滞りを見つけたり解消する方法を開発したことです。

地球上のあらゆる物体に、特定の気の周波数があります。たとえば、金属にも周波数があります。生物にも周波数があり、人間の体にも気の周波数があります。

************************************************************
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_341243
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp