宇宙・地球
341045 ダークマターの超巨大嵐、太陽系を覆いながら地球を通過中
 
トラヴィス スットコ ( 青年 大阪 学生 ) 18/11/22 PM08 【印刷用へ
暗黒物質の正体、ついに判明なるか・・・!?

昨年のこと、ESA(欧州宇宙機関)の探査機ガイアが、我々の銀河とは違う化学組成を持った、3万の星々から成る「S1ストリーム」という嵐を発見しました。

Astronomyいわく、このようなストリームは、小さな銀河が天の川銀河のような大きな銀河に近づいたとき、重力に引き裂かれて楕円形に広がる宇宙のカスなのだそうですが……今回は引き連れているダークマター(暗黒物質)が太陽系を通過していることが観測されたのです。

なぜ嵐なのか?

DAILY STARによりますと、この発見をしたのはスペインのサラゴサ大学にいるキーラン・オヘア博士とそのチームとのこと。

いまだに正体不明でいる暗黒物質ですが、それが今、地球を含む太陽系を倍速の毎秒約500kmで通過していることがわかっており、「これはまるでダークマターの嵐だ」という結論に至ったのです。

存在だけはわかっている

宇宙全体の約85%を構成すると考えられており、神出鬼没でもあるダークマター。視覚的にこそ観測はされていないものの、重力の影響などを通じてソレが存在しないと説明がつかい現象がいくつも認められているため、学者たちはこれを「在るもの」と位置付けて研究を続けています。

なのでその嵐が地球を通り抜けるのは、正体を突き止める絶好の機会。これで科学の最大の問題のひとつを解決する助けになるだろう、と期待されているのです。

ストリームだけなら珍しくない

こうしたストリームは、天の川で何十も発見されており、星々と暗黒物質が同じ速度で移動しています。オヘア博士は、ストリームについてこうコメントしています。


銀河目線だと何十どころか、そこかしこで起こっている現象なので、巨大なものなら空の彼方で見ることができますよ

しかしS1は違う

S1ストリームが凄いのは、これが我々の太陽系すべてを覆っていること。なのに私たちの生命や生活に物理的な影響を及ぼさないことなのだそうです。

ですが暗黒物質にまつわる信号を観測できるかもしれない! という計算はできています。いま人類が持っている機材では、WIMPs(電磁気的な相互作用をほとんど起こさず、電磁波では検出できない粒子)とされる暗黒物質を見ることはできません。でも「将来の科学技術ではできるかもしれない」、と博士は期待を寄せています。

見えないのはさて置き、とりあえずはダークマターを検出したいですよね。
 
  List
  この記事は ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_341045
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp