健康と食と医
340752 健康の鍵は「腸内フローラ」にあり
 
匿名希望 18/11/11 AM09 【印刷用へ
腸内フローラにはどんな機能が備わっているのだろうか。

腸内には人間の体に有益な働きをする善玉菌や、有害物質などを作り出す悪玉菌がすんでいるが、まだ機能が明らかにされていない細菌も数多く存在している。

善玉菌は腸の調子を整えて食べ物の消化吸収をよくしたり、免疫力を高めたり、さらには体に必要なビタミンや有機酸を生成したりする。善玉菌の代表例は、ビフィズス菌や乳酸菌だ。悪玉菌は体に有害な毒素や腐敗物質を産生し、便秘や下痢を引き起こしたり、免疫力を低下させたりする。悪玉菌の代表例はウェルシュ菌、サルモネラ菌などだ。

「もともとこれらの腸内細菌同士は個々人に応じた絶妙なバランスを保っていて、そのバランスを維持することで健康が保たれていると考えられます。逆に肉食偏重などの偏った食事や、不規則な生活、ストレス、抗生物質の濫用などで腸内細菌のバランスが乱れて悪玉菌が増えると、腸が炎症反応を起こし、それがさまざまな病気や不調を引き起こすのです」(佐藤教授)

最近では、便秘や下痢、肌荒れはもちろんのこと、肥満、花粉症、アレルギー、糖尿病、大腸がんまでもが、腸内フローラのバランスの乱れと密接に関係していることが認められている。佐藤教授が言及する「不規則な生活」、「偏食」、「ストレス」は戦うビジネスパーソンの象徴ともいえるが、そうした習慣を続けることで腸内フローラのバランスが乱れ、取り返しのつかない疾病を引き起こしかねない。

さらには驚くべきことに、腸の状態は、脳や心にも大きな影響を及ぼすという。これこそが腸が“第二の脳”と呼ばれるゆえんだ。

「腸は脳から指令を受けずとも単独で動くことができ、神経系、免疫系、内分泌系をコントロールできると考えられています。それは“腸管神経系”という独自のネットワークを持っているためです。また単独で動くだけでなく、腸と脳とは密接にリンクし合っていて、たとえば腸内フローラで産生される酢酸や酪酸は、心を元気にする交感神経系を活性化させます。逆に腸内フローラのバランスが崩れると、脳に不安感がもたらされると言われます。古くから“腹が立つ”や“腹に一物を抱える”“腹が据わっている”という言い回しがあるとおり、日本人は何百年も前から腸と心がつながっていることを実体験からわかっていましたが、それが技術の進歩で科学的に実証されるようになってきたというわけです」

では、そんな大切な腸内フローラをいい状態に保ち、ビジネスパーソンが日々フルパワーで仕事に臨むには、どうすればいいのだろう。

まずはやはり規則正しい生活をすること。生活リズムが狂うと食べ物が腸に滞留する時間も狂い、エネルギーの獲得がうまくいかなくなる。特に腸による消化は睡眠時に活性化されるので、睡眠時間の確保は大切だ。

偏食を避けることも重要だ。特に偏った肉食は悪玉菌を増やしやすいので注意が必要。逆に努めてとりたいのが、食物繊維だ。食物繊維は善玉菌のエサとなり、発酵によって腸内が酸性に傾くことで悪玉菌の増殖を抑え、より善玉菌が活動しやすくなる。また食物繊維は途中で分解・吸収されず大腸にそのまま届くため、悪玉菌が産生する腐敗物質を絡め取って便と一緒に体外に排出してくれる。


さらには、腸内フローラを理想的な状態に近づけるのに強力な味方となってくれるものがある。ビフィズス菌である。

ビフィズス菌というのは耳慣れた言葉だけに、「今さら?」と感じる人もいるかもしれない。しかし、実は腸内フローラの善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、大腸内における乳酸菌との割合はなんと、ビフィズス菌99.9%に対し乳酸菌0.1%※。したがって腸内フローラの悪玉菌を抑えるには、ビフィズス菌が圧倒的な主役となるのだ。またビフィズス菌は腸内で乳酸と酢酸を産生するが、この酢酸はエネルギー源となるだけでなく、非常に殺菌作用が強いために悪玉菌を退治する作用まである。

ビフィズス菌入りのヨーグルトを選んでとるのもいいし、最近はサプリからとることもできる。

体の中に100兆個もの細菌=生き物を抱える器官は、腸内フローラの舞台である大腸以外には存在しない。その腸内フローラでは菌同士が互いにバランスをとりながら共生を図り、またそんな細菌たちと宿主である人間が互いに補完し合いながら共生している。

「フローラ」とは「お花畑」の意で、多種類の菌が花畑のように群生する様子から名づけられた。花に水やりをするように、普段から腸内フローラのメンテナンスをしておきたい。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340752
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp