もはや学校は終っている
34051 判断の土俵と解体・再統合 大学の例
 
石橋直樹 ( 37 大阪 企画営業 ) 02/06/19 PM10 【印刷用へ
最近仕事で大学に関わることが多い。平成4年に団塊ジュニア世代が18歳を迎えて以降、18歳人口は減り続ける一方で、大学は強力な淘汰圧力に晒されている。

大学の評価は、かつての偏差値評価が廃れ、人数による評価が端的な評価として使われる。具体的には入口としての応募者数、出口としての就職者数。入学金や授業料が評価の指標となることはなく、金額は後から付いてくる程度のものでしかない。

学士様という言葉は死語になり、大学を出たからといって箔がつく時代は終わった。大学に行くか否か、どこの大学に行くべきか、その判断は実際どれだけ役に立つのか、社会に必要とされているのかという視点になってきている。

それが就職者数に表れ、応募者数に反映されていく。そして応募者が定員割れとなる大学が珍しくなくなり、廃校や統合される大学が出てきている。この動きは目に見えて加速している。

>この様にして、『判断の土俵』を基礎とし、『人数』を評価指標とする新しい演場の中に、国家(身分)も市場(お金)も呑み込まれ、解体され、再統合されてゆくことになる。 (33995、四方氏)

認識形成を役割とすべき大学は、四方氏の上記投稿がまさに現実となっている端的な事例だろう。
 
  List
  この記事は 33995 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_34051
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
287066 堀場雅夫氏インタビュー:大学改革策を語る 阿部佳容子 14/02/07 PM07
111355 評価されている大学 斎藤浩明 06/05/03 PM08
109375 目先の可能性ではない。役に立つ「答え」が求められている。 藤澤仁 06/04/20 PM10
105440 就職者数で学校を選んでるって本当? 奥澤健 06/02/09 PM10
95648 大学って何? 匿名希望 05/08/06 PM09
94646 フリースクールの場合 前上英二 05/07/16 PM10
34122 高校においても再統合が unclefootballer 02/06/20 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp