次代の活力源は?
340205 医師たちが続ける高齢者への誤ったアドバイス
 
原てふ子 ( 54 東京 秘書 ) 18/10/22 PM11 【印刷用へ
リンクより

*****************************

「老人は何もするな」は正しいのか?老人の貴重な時間をなきものにする社会

今から30年前、バブル崩壊の直前に、私は一編の随筆を書きました。タイトルは『老婆の1時間』。当時まだ景気の良い時代でしたが、それでも「高齢化」、「社会の停滞」などが感じられ始めた時でもありました。

1人の老婆が、夕日がすべてを赤く染めている初冬の縁側に座って、日向ぼっこをしています。その家の前には細い道があって、そこを1日の勤めが終わりかけている若い男性が忙しそうに往復している…。老婆は「ああ、あたしにもああいう時代があったわね」とつぶやく…。そんな光景を描いて、私は若干の感想を述べました。

いったい、この老婆は体のどこかが悪いのだろうか?頭でもぼけたのだろうか?そんなことはないのです。老婆はかくしゃくとし、体のどこも悪くなく、頭も明晰です。では、なぜ老婆は縁側で日向ぼっこをしているのか…。それは老婆自身の問題ではなく、周囲が老婆に日向ぼっこを強制しているのだ、というのが私の結論でした。

つまり、「老婆の1時間」も「若者の1時間」も、その人その人の人生にとっては同じ1時間で、老婆の1時間をなきものにしているのは、実は老婆自身ではなく社会なのだ、ということです。

歳を取ると、周囲から厳しく攻撃を受けます。その攻撃とは、「歳を取っているのだから、そんなことはしない方が良い」に始まって、「歳だから脂っぽいものは食べない方が良い」、「歳相応の地味な服装をしなさい」、「歳だから無理をしないように」、「いい年して異性に興味を持つなんて!」…と生活のなにもかにも攻撃を受けます。

それも質の悪いことに、言っている方は自分が老人を攻撃しているなど全く思わず、それどころか「老人をいたわっている」と錯覚しているのですから、質が悪いのです。このような攻撃の中でも特に悪質なのが「無理をするな」というアドバイスで、もしその老人が余命数年とすると、無理するなというアドバイスに従うたびに人生の時間を失うのです。

実は「高齢者問題」や「認知症」が話題になってきたのは、1990年代、つまりバブルが崩壊した後で、自閉症研究の黒田洋一郎先生は1992年に『ボケの原因を探る』という書籍を岩波新書に出しておられます。しかし、政府などの動きは鈍く、認知症などの本格的な統計がとられたのは2012年から、さらに「ただ生きているだけでは意味がない。健康で生きていなければ」ということで「健康寿命」というのが社会に知られるようになったのは、数年前というありさまです。

遅すぎた少子高齢化対策。残された7つの重要課題

ここで何を指摘したいかというと、少子高齢化というのは1970年代にはすでに分かっていたことですが、それが専門家が指摘し始めるのが1990年前後、さらに政府や日本社会が動き始めるのは2010年代で、実に「高齢者のみになった対策」が始まるのに40年もかかっているということです。

そしてさらに、認知症患者数が近い将来、700万人に達するという推計がなされているにも関わらず、

1.50歳から100歳までの第二の人生をどう過ごすべきか
2.体力を維持する具体的方法
3.頭脳を若く保つ具体的方法
4.家族のあり方
5.高齢者の異性との付き合い方
6.定年の延長
7.年金の将来像

など重要な問題が未解決のままにされています。例えば、私はテレビなどが忙しくなりゴルフをやれなくなったことや、階段を降りるときに手すりが必要だったことなどから、72歳の時にテニスとキックボクシングを始めました。でもこの歳になって、人生初めてテニスやボクシングなどやって大丈夫だろうか?アキレス腱を痛めて「老人に冷や水」などと冷やかされたりするのではないかと心配しました。

それから3年。今ではすっかり元気になり、素早く階段を降りれるようになり、テニスは中級の上ぐらいまでなりました。また、キックボクシングのトレーニングで綺麗な体になった女性ボクサーをジムで見ているせいか、気分も若返ったような気もします。

でも、指針も経験者も研究も「高齢者の運動や体力回復」はほとんどないのです。あっても、動けなくなった人のリハビリのようなものしかなく、私のように年齢を重ねて弱る体をどうしたらよいかなどまったく知見や書籍がないといっても過言ではありません。医師は病人を相手にしているので常に間違ったアドバイスをしています。

血圧もそうで、高齢者になると血管が固くなるので一定の血流を保つためには「年齢+90」、つまり私の年齢では165ぐらいが望ましいのですが、現在の健康基準は政治的、降圧剤の売り上げなどの圧力があり、130一律という若年者だけに焦点を当てたものになっています。また、コレステロールの制限も間違っていて、本来、高齢者は250ぐらいが適当なのに無理して下げるので、頭の絶縁油が不足し、ボケや認知症を増大させています。(メルマガより一部抜粋)
 
  List
  この記事は 323249 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340205
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp