アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
339286 ベトナム戦争開戦のために「偽情報」を作って流布した政府とメディア
 
惻隠之心 ( 62 大阪 会社員 ) 18/09/20 PM00 【印刷用へ
枯葉剤の影響は当時だけではなく、現在までずっと続いています。

地球の裏側ニュースより以下引用です
リンク

「公式の歴史」によれば、アメリカの戦争の中でも最も過酷なものの一つであったベトナム戦争は、南シナ海のトンキン湾でアメリカの軍艦が攻撃を受けたことがきっかけで開戦となったとされています。

しかし戦争開始してから54年の間、トンキン湾事件について政府やメディアが流していた情報のほとんどは嘘であったことを明らかにする情報や政府職員が後を絶ちません。

一般的にアメリカのマスコミは実質上は政府の一部であり、政府職員の主張を受け止めて、あたかもそれが証明された事実であるかのように報道しています。

そしてその傾向を示す例としてはトンキン湾事件の報道の件が最もわかりやすいものといえます。開戦を正当化するための作り話の中でも、最も凶悪なケースの一つといえるでしょう。

 世界中に知られている公式の情報によると、1964年8月2日、デソート哨戒作戦の一環として諜報活動を行っていたアメリカ海軍の駆逐艦マドックスに対し、北ベトナムの魚雷艇が追跡したとされています。そしてその魚雷艇が魚雷および機関銃による攻撃を行ったとのことでした。

さらに二日後の1964年8月4日、二度目のトンキン湾事件が勃発し、アメリカの戦艦が再び攻撃されたとアメリカ国家安全保障局(NSA)が報告しています。

その翌日1964年8月5日、NYタイムズ紙は「ジョンソン大統領は、トンキン湾で駆逐艦に対する攻撃が再び行われた後、小型砲艦および『北ベトナム内の特定の支援組織』に対する報復措置を命令した」と異議も挟まずに報道しました。ワシントンポスト紙などの他の報道機関も、同様の主張を繰り返すように報道しています。

この二つの事件を受けてトンキン湾決議が議会を通過しました。この決議により、リンドン・ベインズ・ジョンソン大統領には、「共産主義の武力侵略」の脅威に晒されていると考えられる東南アジアの政府への支援を行う権限が与えられたのです。

この決議はジョンソン大統領はアメリカ軍の通常部隊を配置し、北ベトナムに対し開戦宣言を行う法的正当性を認める根拠となりました。

 

その結果、58,177人のアメリカ人が命を失うことになりました。さらに大量虐殺された627,000人の民間人を含む100万人を超える南北ベトナム市民が殺害される結果となりました。

しかしそれは真実ではなかったのです。まったくもってのでたらめでした。実際のところ、のちにトンキン湾事件として知られるこの出来事は、ベトナムで戦争を始めるためにアメリカ政府がご親切にも作り上げた作り話であったことが明らかになったのです。この作り話によって、数万人のアメリカ兵士 や何百万人ものベトナム人が殺害され、アメリカ史上最大の反戦運動の生み出し、世界から尊いと考えられていた一国家の名誉に汚点がつけられることになりました。

【参考】「ベトナム戦争におけるすべての死傷者数」(日本語)
リンク

実際には、駆逐艦マドックスは北ベトナムに対して攻撃を行うために攻撃的な情報収集作戦を実行し、南ベトナムおよびラオス空軍と連携・協力していたのです。

アメリカ政府が一方的に攻撃を受けて被害を受けたと発表しましたが、それは嘘だったのです。

2003年のドキュメンタリー映画、「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白(The Fog of War)」では、マクナマラ元米国防長官が8月4日のトンキン湾攻撃は起きなかったと認めています。

1995年、マクナマラ氏はヴォー・グエン・ザップ元ベトナム人民軍総司令官と会合し、1964年8月4日の二度目のトンキン湾事件で何が起きたのか質問しています。「まったくもって何も起きていませんでした」とザップ氏は答えています。ザップ氏はその攻撃は想像の産物に過ぎないと主張しているのです

2010年、ベトナム戦争時代からの1,100件以上の記録が公開され、国防総省や大統領政権が与える情報に対してアメリカ連邦議会や職員が抱いている深刻な疑惑が証明されました。

 内部では反発が起きていたものの、マスコミはその情報の正確さには異論を挟むべきではないという論調で当局による発表を報道したにすぎません。

 「The War Within: America’s Battle Over Vietnam」の著者、トム・ウェルズ氏によると、メディアは「情報源として、ほぼアメリカ政府関係者のみを唯一の頼りとし」、「『国家安全問題』的観点から公式な発表に疑惑を持とうとしない」と説明しています。

 適切な注意が払われ、報道官がトンキン湾事件という偽旗事件に対して相応の疑問を提示していたとしたら、戦争を支援する意見があれほど長引かず、百万人以上の人命が損なわれることがなかったかもしれません。

そして現在、歴史に注意を払っている引退した元軍関係者の一部は、アメリカ政府がさらに戦争を起こそうと事件を作り出していると警告を発しています。

マクレガー大佐は次のように話しています。
 「トンキン湾事件のような何かが起こる可能性に対し、大統領は十分に注意を払う必要があると私は考えています」

たしかに、The Free Thought Projectが詳細に報道している通り、アメリカ史上のほとんどの戦争は、偽物の情報によって開戦されています。

そのデータの全リストはこちらのリンクからご覧いただけます。

リンク

【参考】リンク
引用終わり
 
  List
  この記事は 337349 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_339286
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
339900 アメリカ・マスコミはいかに破壊されたか 加賀正一 18/10/11 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp