共認運動をどう実現してゆくか?
338672 本源可能性を導く展望意識と展望観念(生きる目標)
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 18/08/30 PM08 【印刷用へ
実践課題でも、追求意欲を生起させているのは、答えを導く展望意識。この展望意識が答えも生み出してゆく。しかし、具体課題を前にして、始めから具体的な展望がある訳ではなく、あらゆる答えを導く母胎となるより普遍的な展望意識に導かれて照準を絞り込み、具体的な展望を発掘してゆく。
豊かさの実現or近代観念群という母胎となる展望意識or展望観念がなければ、近代市場も近代科学もここまで(良かれ悪しかれ)発展しなかっただろう。しかし、今やそのような展望は消え失せ、近代観念に至っては一刻も早く焼却されるべき観念廃棄物と化した。

では、それに代わる展望は何か?それは、私権の終焉を実現基盤とする本源社会の実現可能性である。これまでの社会では、私権の強制圧力が隅々にまで浸透し、それによって本源的な本能充足や共認充足や追求充足が数千年に亘って抑圧or封鎖されてきた。しかし、豊かさが実現されたことによって私権の強制圧力は急速に衰弱し、今や至る所で本源充足の可能性が開かれている。

しかし現状は、仲間充足や人つながりや「役に立ちたい」等の漠然とした展望意識に留まっている。それは、頭の中が思考ベクトルの逆転した架空観念(古代宗教や近代観念。それらの思考ベクトルは現実ではなく、非現実の世界に向かっている)に占領されて終っているからであり、従って、それらの観念廃棄物を焼却して終わない限り、本源可能性を実現へと導く展望観念を構築することはできない。

とは言え、近代観念に代わる新しい観念体系の構築は、難しいことではない。それは、現実を直視して事実を追求すれば構築してゆける。だから、誰でもできる作業なので、皆で力を合わせて事実の体系を構築してゆけば終いである(もちろん、架空観念を廃棄しない限り遅々として進まないが、それを焼却できさえすれば、一気に進行してゆく)。
事実認識⇒構造認識⇒事実の体系がある程度構築できれば、そこから本源可能性の実現基盤を発掘し、様々な展望観念を生み出せるようになる。

もっとも、架空観念をメシの種としている学者や評論家や官僚には期待できない。なぜなら、彼らは架空観念を捨てればメシの食い上げとなるので捨てることができないからである。従って、新理論=事実の体系の構築は、働いている普通の人々の手に委ねられる。
人類の命綱は観念機能にある。そして現在、活力衰弱や少子化や肉体破壊等、このままでは人類滅亡に直結するような問題が山積しているにも関わらず、上記の知識階級は何の答えも出せないでいる。このまま答えを出せなければ、人類は滅亡する。従って、新理論の構築は、現代人、とりわけ若者に課せられた最大の使命だと言えるだろう。
 
  List
  この記事は 338615 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_338672
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
357104 若手が組織の活力を引っ張る!その秘密は? 女の職場話 20/05/24 PM03
349253 追求力向上は、勝つために、本源可能性を実現するために必須 佐藤有志 19/09/12 AM09
339642 新しい活力源と生きる目標1.私権の終焉と本源充足の実現可能性 岡田淳三郎 18/10/02 PM01
339587 承認欲求はなぜいけないのか 女の職場話 18/09/30 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp