現代意識潮流を探る
33821 超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/06/17 PM05 【印刷用へ
考えてみれば、つい最近(前世紀)まで、お金の使い道は、物財か解脱と決まっていた。つまり、それらは当然「必要(有益)」なものに決まっていた。だから、殆どの人はそれを『買えるか、買えないか』としか考えず、それが『必要か、必要でないか』などと考えたことも無かった。

それは、云うまでもなく、私権の強制圧力の故である。私権の強制圧力は、単に主食品のような必需品に対してのみ(=本能を直撃する様な圧力としてのみ)働いていた訳ではない。むしろ、重要なのは、私権の強制圧力が作り出した人々の共認(内容)である。
私権の強制圧力下での、私権不全からの解脱収束先は、物的な快美充足(便利さ・快適さ)と類的な解脱充足(遊興・芸能)および頭の中だけの倒錯観念(古代宗教・近代思想)しかない。その内、解脱はもともと「闘争=生産過程の緊張からの弛緩・発散過程」であり、「必要ではあるが、不充分なもの」なので目的には成り難いが、物的な充足は仕事(闘争=生産過程)と直結しており、目的に成り得る。従って、「物的な豊かさ追求」が、近代を貫く誰もに普遍的な目標共認となった。
そして「豊かさ」が普遍的に共認された目標となると、恐ろしいことに、もはや誰もそれが『必要か、必要でないか』などと考えなくなる。こうして人々は、何も考えずに次々と与えられる「三種の神器」を買い求め続けてきた。しかも、それは’70年、貧困が消滅して私権の強制圧力が衰弱し始めても、変わらなかった。(注:それに対して、第三の解脱収束先であった倒錯観念は、現実否定に基づく頭の中だけの目的なので、否定すべき現実=貧困が消滅するや否や不要となり、今やインテリ統合階級以外、誰も見向きもしなくなった。)

だが、’00年、私権観念(「お金第一」「自分第一」で社会のことなど関係ないという観念)が崩壊し、一気に社会不全が膨らむと、遂に「豊かさ追求」という目標共認も溶解し始める。そして、「物的な豊かさ」という目標が溶け崩れて、初めて『必要か、必要でないか』という真っ当な判断基準が潜在思念の奥から姿を現してきた。
しかも、いったん『必要かどうか』という真っ当な判断基準が芽生えるや否や、面白いことに「豊かさ(=快美充足)」だけではなく、「遊興・芸能(=解脱充足)」も同じように『必要か否か』という判断の土俵上に載せられることになる。(例えば、マスコミと政財界をあげて人為的に作られた「タイガース」フィーバーや「ワールドカップ」フィーバーに、虚しさと寒々しさを感じた人も少なくないが、この様な感覚は今後まちがいなく拡がってゆくだろう。)
つまり、『必要かどうか』という真っ当な判断の土俵が出来た以上、「物的商品」も「遊興・芸能」も、「新しい認識」も、全てが同じ土俵上で判断されることになる。この土俵こそ、人々の真っ当な共認が形成してゆく新しい場=演場の基礎構造に他ならない。

だから、『必要か、必要でないか』という認識は、決定的な一つの答えとなる。この認識が伝播するのに応じて、真っ当な判断の土俵が確立されてゆく。そして、真っ当な土俵が出来さえすれば、そこでの必要判断が物や芸能から認識へと、次第にシフトしてゆくことは、云うまでもない。
『認識形成の場』は、この土俵の上に(新しい演場の開拓者として)登場することになる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_33821
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
252410 「必要か必要でないか」という判断認識が鍵! 亀山真央 11/06/02 PM09
246972 評価の土俵という視点で見た、ツイッター等の可能性 末廣大地 11/03/11 AM01
241273 ますます物的な快美充足は薄れてゆく 匿名希望 10/11/26 PM11
238187 聴写⇒図解化で理解度アップ☆ 匿名希望 10/09/20 PM05
238148 みんなの期待と評価が集まる場=演場 みのり 10/09/19 PM09
232290 【図解】超国家論・超市場論23『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 下城浩一 10/05/27 PM02
232266 判断の土俵は、現実での期待応望充足を感じて生きていく核となる コールスロー 10/05/26 PM10
230065 ”必要”なのは、「まずは、何であれ、みんなに発信する」こと。 西田美和 10/04/14 PM04
230064 『みんな』にとって“必要かどうか”は、集団としての命綱 スガイク 10/04/14 PM03
230063 全ての存在は、役に立つことで活かされる☆+゜ ぴのこ 10/04/14 PM02
230062 判断の奥にあるのは、常に『みんな』 三輪歩未 10/04/14 PM02
229035 超国家・超市場論23を勉強して。 777 10/03/27 PM11
229028 蓋をとって真っ当な判断に☆!! カナ∩^ω^∩ 10/03/27 PM11
228889 市場拡大⇒近代思想の誕生⇒世論によるコントロール⇒戦争規模の拡大 リンゴヨーグルト 10/03/25 PM08
223820 私権不全が市場を拡大させた わっと 10/01/09 PM03
219510 「人は考える葦である」事を痛感しています。 岸良造 09/11/12 PM08
219506 「必要か否か」の機運は高まってきたが 星埜洋 09/11/12 PM07
219445 無駄を削減する事と同時に新たな可能性産業も創出する。 今井勝行 09/11/11 PM09
218946 もう、物は売れない!!みんなが求めているのは認識!! 西田美和 09/11/05 PM00
『これからの消費はどうなる?』3〜「必要か、必要でないか」〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/10/17 PM08
216993 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が民主党政権を誕生させた。 野田雄二 09/10/11 PM06
216988 【図解】超国家・超市場論23『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 新川啓一 09/10/11 PM05
216388 解脱の判断基準と性市場 kenn 09/10/03 PM10
214640 認識の質が高い=論理整合性がとれていて分かりやすい=普遍性がある=評価が高い 佐々木尊一 09/09/09 PM05
211777 衆議院選挙からの実感 八代至誠 09/07/29 PM07
208904 活力が湧かない、物欲と解脱 中村英起 09/06/16 AM00
208848 テレビに感じる必要か否かの変遷 匿名希望 09/06/15 AM02
208842 現代の若者は既に判断土俵の上か? わっと 09/06/15 AM00
「必要か否か」の判断の土俵(意識)が顕在化しています! 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/06/09 AM05
207465 2016年の東京でのオリンピックは必要か否か 山上勝義 09/05/26 PM06
207441 「ワールドカップ」と「WBC」の盛り上がりの違い りんいちろう 09/05/26 AM09
207374 「必要か否かの判断」の基底的な地平 庄恵三 09/05/25 AM10
207004 「対象は相手や社会」これが必要か否かの真っ当な判断を可能にする 竹田翔 09/05/20 PM11
206997 認識形成サイトの役割に、改めて気付きました みに とまと 09/05/20 PM10
204034 市場の枠組みを越えて「必要か否か」を判断する必要がある。 山田孝治 09/04/10 PM02
202900 闘争と直結するこれからの充足 磯貝朋広 09/03/25 PM09
202893 私権不全に対応するものは? 関谷啓太郎 09/03/25 PM08
202401 「必要か否か?」というのは集団(企業)そのものに対しての評価圧力となる 匿名希望 09/03/18 PM06
202308 解脱の中身は観念とセットで、中身を塗り替えるためには観念が必要である 橋本宏 09/03/17 PM03
202291 「超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく」の中の図解化したいけど、しきれなかった部分 かなめんた 09/03/17 AM08
社会に期待されている「農業」には、今後どんどん優秀な人材が集まってくる 「新しい「農」のかたち」 09/03/12 PM10
201282 環境対策も市場原理か共認原理なのかで本物かどうかが解かる 本田真吾 09/03/03 PM06
199811 『必要か否か』って実はすごいことだったんだ! 久保田彰子 09/02/15 PM08
199341 「必要か、必要でないか」という判断軸が顕在化してきている! 末廣大地 09/02/09 PM00
196248 2009年、社会は何を求める 国道12号 09/01/01 AM11
195730 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 山田徹 08/12/26 PM10
193128 欠乏が闘争と直結し、闘争の目的となったとき最大の活力が生まれる。 彗星 08/11/24 PM07
192952 序列が絶対だと、『必要か否か』を考えなくなる?! 西知子 08/11/22 PM05
192857 応合できずに課題捨象 K.G 08/11/21 AM11
192648 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 太田弥 08/11/19 AM02
192598 必要か否か アイスクリーム 08/11/18 PM06
192578 外圧を捉えなければ必要か否かの判断軸は生起しない 西村典綱 08/11/18 PM00
192576 真っ当な判断の土俵は既に確立されてる ぴんぐー 08/11/18 AM11
192559 闘争圧力の把握→真っ当な必要か否かの判断 麻丘東出 08/11/18 AM03
192438 真っ当な判断の土俵が、金融サミットにも求められる。 たっぴ 08/11/16 PM07
「必要か否か」が日常に浸透してきている 「新しい「農」のかたち」 08/11/12 PM06
190869 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 松岡俊之 08/10/28 PM01
190864 「必要か、必要でないか」という認識が、決定的な一つの答え 麦秋 08/10/28 AM11
190419 『必要か、ひつようでないか』という真っ当な判断の土俵にのる 水落真梨子 08/10/23 AM03
190415 今や「政治」や「マスコミ」も皆の『必要か否か』の判断に晒されつつある こうた 08/10/23 AM01
190358 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく KOU 08/10/22 PM01
190271 『必要か否か』が必要 東藤隆浩 08/10/21 PM01
188381 必要か必要でないかをみんなで決める 前田一成 08/10/01 PM07
188372 全ての物事が、必要か否かという判断基準 のふるいにかけられている! ハリケーンミキサー 08/10/01 PM05
188371 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 田中瑠衣 08/10/01 PM05
188180 竹やり精神ではなく。 Lucky 08/09/30 PM04
188148 求められる共認形成の場 sun 08/09/30 AM04
188132 【図解】超国家・超市場論23 陽陰 08/09/29 PM11
187893 【図解】超国家・超市場論23 中嶌夏子 08/09/28 AM11
187300 豊かさの実現と社会不全 たまきはる 08/09/25 PM04
187034 売上げは落ちているのに、販売点数が増えているのは? サンセットフリップ 08/09/23 PM01
187030 さらに次の認識は 押毛康人 08/09/23 PM00
186883 豊かさの実現の影響は大きい ふうらいぼう 08/09/23 AM03
185911 「個人にとって」ではなく「社会にとって」必要か否か 山田孝治 08/09/17 PM06
182004 必要か否かを考えることで、生活はずいぶんスリムになるのかもしれない 星埜洋 08/07/24 PM08
181995 賞味期限だけで、廃棄される食品をどうするのか。 今井勝行 08/07/24 PM05
181993 必要でないと判断されているもの 野田雄二 08/07/24 PM05
181984 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 坂本日出夫 08/07/24 PM02
181955 必要かどうかは、事実の追求で判断される。 岸良造 08/07/23 PM11
181822 真っ当な認識の伝播 酒井俊弘 08/07/22 AM10
181714 CO2温暖化説により、「ゆがんだ判断の土俵」をどうする? yooten 08/07/20 PM11
181472 必要か否かの判断さえ狂わす力 渡邊かお里 08/07/17 PM10
180347 脱私権・脱市場からまっとうな「判断機能」が再生する 阿部和雄 08/07/01 AM00
179262 『必要か、必要でないか』の判断は、人類が本来持っていたもの 宮本昇 08/06/16 PM00
179260 必要か否かの判断軸は、真っ当な認識闘争と答えを導く 鈴木龍也 08/06/16 AM11
179214 仕事の成果も「必要か否か」の判断力に左右される aoi 08/06/15 AM07
178170 『必要かどうか』の土俵は何を生むか? 山本豊 08/06/02 PM05
174728 使われてから評価するのではなく、使う前に評価する。 西村真治 08/04/22 PM02
174021 市場の本質は、利便性・快適性向上か? 岸良造 08/04/12 PM07
174018 70年頃は、本当に皆が「物的豊かさ」を共通の目標にしていた 星埜洋 08/04/12 PM06
174014 【図解】「必要か、必要でないか」という真っ当な判断の土俵 田村正道 08/04/12 PM04
173671 いらないものはいらない (´Д`;) 08/04/07 AM01
173555 全てが同じ土俵にあがった今、認識形成の場が求められる 八代至誠 08/04/05 PM00
173552 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 浅見昌良 08/04/05 AM11
172538 『必要か否か』の追求は活力の再生にも繋がっていく R 08/03/16 PM06
172525 【図解】超国家・超市場論23:人々は自ら社会統合を意識し始めた 澤根和治 08/03/16 PM02
172277 私権観念崩壊によって、潜在思念による、真っ当な判断が顕在化してきた 池田有希 08/03/12 AM06
172274 【図解】真っ当な判断の土俵が出来てゆく!! 西田美和 08/03/12 AM02
170711 マスコミや市場にはみんなが「必要」とするものを供給することはできない コスモス 08/02/11 PM09
170710 人々は、何にお金を使っているか? 八代至誠 08/02/11 PM08
170707 必要なものは新しい認識=答え 向芳孝 08/02/11 PM07
170695 何が必要か?・・・それを探索している。 大森義也 08/02/11 PM03
170694 『みっともない』という行動規範の再生 衛藤信義 08/02/11 PM02
170692 土俵を盤石にするために 前山薫 08/02/11 PM00
170116 必要か否かの判断とお金の使い道 08/02/01 AM01
170043 必要か否か?を加速するために 谷光美紀 08/01/31 AM00
168893 社会のためにお金を使うのにためらいのない時代になった。 ちわわ 08/01/12 PM07
165747 必要でないものはたくさんあるのに必要なものが登場しない社会 田野健 07/11/23 AM03
164896 お金の使い道 下城浩一 07/11/09 AM03
工場野菜が危険?安全?・・・なんて考えてしまうのはなんで?⇒価値観念の洗脳が最も危険!では? 「新しい「農」のかたち」 07/09/19 PM06
160878 【幹図解】『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 宮崎未帆 07/09/09 PM02
160810 仕事は社会の側にある。そして『必要か、必要でないか』という真っ当な判断に晒されていく tanvool 07/09/08 PM09
159304 潜在思念発の必要か?を観念機能で何故必要か?にシフトしていく 鈴木康夫 07/08/19 PM10
159266 本当に必要なものって? 米澤祐介 07/08/19 PM01
153921 それ要るの?⇒[新認識]⇒それ要る! 303 07/06/09 AM11
151233 「自分第一」は浮いてくる ヨネ 07/05/09 PM04
151230 必要か否かの判断軸は皆を社会へと向わせてくれる 木橋哲夫 07/05/09 PM03
151205 真っ当な観念をも封じ込めていた私権の強制圧力 佐藤晴彦 07/05/09 AM06
151200 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 山田孝治 07/05/09 AM01
149911 情報と認識の違い、必要性 二力 07/04/21 AM03
149759 静かなる極限時代・・・ 志水誠 07/04/19 PM10
147806 物財への収束と「必要か否か」 斎藤裕一 07/03/23 PM05
147803 真っ当な要否の判断は、適応欠乏が充足するか否かから。 近藤文人 07/03/23 PM05
147789 真っ当な判断の基準とは? 吉岡由香里 07/03/23 PM01
147733 必要か否か、の判断軸は市場を崩壊させるが、真っ当な共認形成を加速させる 渡辺卓郎 07/03/22 PM09
147724 「必要か必要でないか」という判断の土俵が形成されていく(図解) 星埜洋 07/03/22 PM07
147715 社会的現象を発見する選択に人々は向かっている。 今井勝行 07/03/22 PM05
147534 「必要か否か」が、人々の思考回路を再生させる 小松由布樹 07/03/19 PM02
みんな=社会の声を聞くこと無しに仕事は出来ない。 「匿名希望」 07/02/24 PM03
国民からの批判に応えるための「公共事業評価」? 「匿名希望」 07/02/24 PM03
道路やダムを建設する=公共事業 「匿名希望」 07/02/24 PM03
144697 新しい「人々の共認(内容)」を形成する活動 斎藤幸雄 07/02/11 PM06
144634 新しい認識の渇望が『判断の土壌』を生み出した(図解) 佐藤祥司 07/02/10 PM10
143099 判断とは可能性収束その物である。 匿名志望 07/01/23 PM01
143097 「必要か否か」は、”実現の論理”を問うている 麻丘東出 07/01/23 PM00
143094 必要でない→じゃあそれに変わるものは? 匿名希望 07/01/23 AM10
143073 「大学全入時代」=「大学淘汰時代への突入」 たっぴ 07/01/22 PM09
142928 「必要か否か?」という判断基準を阻むもの コスモス 07/01/20 PM11
142911 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 酒井裕志 07/01/20 PM10
142903 新しい制度や規範の提起が必要 山名宏明 07/01/20 PM09
142877 『必要か否か』の登場は、集団収束⇒社会収束の表れ 冨田彰男 07/01/20 PM05
142751 真っ当な判断 ageyaki 07/01/19 PM04
頭の中から大掃除☆.。.:*・° 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/12/20 AM09
140264 必要もないのに存在している=裏に何かある・無駄がある 村上祥典 06/12/16 AM02
140257 私権観念の崩壊に伴い生起した人々の共認の流れを真っ当に導く 布田貴士 06/12/16 AM00
140243 「必要か、必要でないか」で活力が変わる 小澤紀夫 06/12/15 PM10
140166 これからの時代を生きる人たち Take4 06/12/15 AM00
137343 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく コータロー 06/11/13 PM03
「必要か否か」という判断の土壌が登場した以上、個人の嗜好に訴えてももはや物は売れない 「これからは共同体の時代」 06/11/01 PM10
135910 現実からの逃避先の終焉 柳瀬尚弘 06/10/29 PM07
135855 思考停止から新しい認識の必要へ 酒井典子 06/10/29 AM02
135797 【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 八代至誠 06/10/28 PM07
135789 マスコミは必要でなくなった 井上光利 06/10/28 PM05
135777 『買えるか、買えないか』(自分)から、『必要か、必要でないか』(みんな)へ 浅見昌良 06/10/28 PM03
135738 建築の意匠も「必要」なものに変わっていく 浜永良成 06/10/28 AM00
135212 「もったいない」は潜在思念から現れる 庄恵三 06/10/23 AM01
134588 【図解】『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく「過程」 佐藤賢志 06/10/17 PM07
134574 貧困が消滅しても、人々が「豊かさ追求」を続けたのは 矢ヶ崎裕 06/10/17 PM04
134565  観念領域も必要か否かの判断の土俵に載せられていく 渡邊かお里 06/10/17 PM01
134422 今も昔も「みんなから評価されたい」のだ。 匿名希望 06/10/15 PM10
134416 必要判断が物や芸能から認識へ こはるんた 06/10/15 PM09
134369 自分勝手な判断は不必要 匿名希望 06/10/15 PM00
133593  【図解】超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 積満也 06/10/08 PM05
131649 必要なものとは? 匿名希望 06/09/22 PM05
131640 必要なもの=収束先足り得るもの 加藤弘行 06/09/22 PM03
131626 「必要」ってどういうこと? 匿名希望 06/09/22 AM11
129971 必要か否かの実感 匿名希望 06/09/04 PM05
129963 超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく 【図解】 松井英仁 06/09/04 PM02
129954 われわれは、まともな生き物か否かを問われている 鈴木康夫 06/09/04 AM09
129941 『必要か否か』は、最も基底的な適応機能であると同時に、最先端の答えでもある。 玉川泰行 06/09/04 AM03
129940 買えるか否か?→必要か否か? waka 06/09/04 AM02
126219 必要とされる場 匿名希望 06/07/18 PM10
126167 認識形成の場。 匿名希望 06/07/18 AM04
123973 路上でも・・・ 鈴木邦彦 06/06/27 PM01
123954 お金の使い道 匿名希望 06/06/27 AM10
120482 まともに考えてこなかった代償 ルル 06/06/13 AM10
107156 二極化する消費者と異常な価格破壊 匿名希望 06/03/11 PM04
105949 「市場」を包括する新しい判断軸を造り出す為に人々の意識を探ることが重要 コユウ 06/02/18 PM10
105758 『必要か否か』という判断機能 匿名希望 06/02/15 PM08
105756 「必要か、必要でないか」の判断基準は? 佐々木美穂 06/02/15 PM07
105433 感動物語商法 太刀川省治 06/02/09 PM10
100138 TVとネットの融合が「真っ当な判断の土俵」を拡張する 大河明日 05/10/31 PM11
99242 みんなの役に立つために「必要かどうか」 お百姓さん 05/10/17 PM00
96262 人が何かを買う時の動機とは? 吉原徹 05/08/20 PM08
96018 大衆は統合者にも『必要か、否か』の判断を示している 田中一成 05/08/14 PM11
95703 目先の代償充足としての消費 雪竹恭一 05/08/07 PM11
95650 必要か必要でないかの判断は、活力源の探索とも繋がっている 佐藤晴彦 05/08/06 PM10
94612 先端企業の活力源とは? 安西伸大 05/07/16 PM03
94539 株価に対する人々の意識潮流 安西伸大 05/07/15 AM00
94406 物では無くなった。 匿名希望 05/07/13 AM00
93801 時代の評価共認は回帰している ルイジ・ヴィトン 05/07/02 PM11
93431 青少年白書 ミスター 05/06/27 AM02
91362 市場の胡散臭さ 田中直人 05/05/24 PM10
『役に立つ仕事』って何? 「路上日記@天六(旧:なんば)」 05/05/16 PM10
解脱充足では解決できなくなってきた 「京男達の『なんで屋』道中記」 05/05/09 PM08
90069 必要か否か〜評価の現場に身をおく人〜 多田奨 05/05/05 PM03
89569 物的欲望からの解放 大木康子 05/04/26 AM00
88341 『必要か、否か』の投げかけが、潜在思念を引きずり出す 小林雅志 05/04/04 AM00
『哀・地球博』・・・万博って必要? 「あ!なんで屋だ!」 05/03/28 PM05
87707 「福祉」も必要かどうか?を考えるべき 渡邊真也 05/03/21 PM05
87498 目先に囚われず、『必要か、必要でないか』を考えなければ、同じ失敗をしかねない 中野泰宏 05/03/17 PM01
87449 『お役に立つか、立たないか』の人材判断 吉国幹雄 05/03/16 PM04
飽食日本の食べ残し 「Modern Science Critique」 05/03/10 AM01
三連休が多いのなんで?(1) 「Financial Journal」 05/02/12 PM05
85101 物的充足では共認充足は充たされない 田中健太郎 05/02/03 PM10
85083 必要だと思わされている 野崎章 05/02/03 PM06
84024 これからの消費のありようを決定する判断軸 ゲン 05/01/15 PM00
82530 次代に必要なもの 田宮礼子 04/12/14 PM00
81925 判断後に残った物こそ、求めていたもの。 仲村聡子 04/12/01 PM08
35970 居酒屋の様子も変わってきた様に思う 山田孝治 02/07/12 PM11
34377 「必要か否か」と言う判断基準の凄さ 岸良造 02/06/22 PM11
34344 気がつけば不必要なものであふれている 大西敏博 02/06/22 PM09
34235 「必要か、必要でないか」で納得 ごんべえ 02/06/21 PM01
34154 判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場 西知子 02/06/20 PM07
34078 人々は今何を「必要」としているのだろうか? 新井重雄 02/06/19 PM11
34075 必要に向かい始めると 小柳成司 02/06/19 PM11
34052 不必要なものを提供しているTVでさえも 清水昌広 02/06/19 PM10
34015 「遊興・芸能」も判断の土俵に 高利 02/06/19 PM01
33993 真っ当な判断の土俵は、強力な評価圧力を生み出す 小松由布樹 02/06/19 AM01
33990 「必要か否か」という判断軸は市場に引導を渡し、認識を進化させる 鈴木隆史 02/06/19 AM01
33978 「必要」に注ぐエネルギー 渡邊かお里 02/06/19 AM00
33967 真に豊かな暮らしを築くために、必要・不必要という判断基準を持つ 山崎許子 02/06/19 AM00
33963 「専業・副業」という境界は消え 田村飛鳥 02/06/18 PM11
33961 「自らが消費者であり、提供者である関係」 田村飛鳥 02/06/18 PM11
33958 会員費は必要な意志の証 志水満 02/06/18 PM11
33954 真っ当な判断土俵によって旧統合機構はその役目を終える。 丸一浩 02/06/18 PM11
33953 「必要か・・・」の問いが作り出す共認伝播の波 田野健 02/06/18 PM11
33952 必要から可能性へ 斎藤一浩 02/06/18 PM11
33945 『必要か、必要でないか』は“実践規範” 佐藤賢志 02/06/18 PM11
33936 物収束・娯楽収束の段階を超え 山本士峰 02/06/18 PM10
33914 ホントに必要なもの 大土裕子 02/06/18 PM01
33911 『必要か、必要でないか』という認識は人々の新たな協働目標 匿名希望 02/06/18 PM01
33910 人に必要なものとは。 槇原賢二 02/06/18 PM01
33897 ついつい頷く ミスター 02/06/18 PM00
33889 必要か否かの判断は、適応的か否かに通じる 木橋哲夫 02/06/18 AM02
33875 真っ当な判断の土俵 細田卓司 02/06/18 AM00
33868 『必要か、必要でないか』の認識は「期待・応望」の活力も顕在化する 斎藤幸雄 02/06/17 PM11
33858 『必要かどうか』という判断基準 細田卓司 02/06/17 PM11
33849 判断基準を顕在化させなければならない。 田中直人 02/06/17 PM10
33823 選択肢から選ぶだけの「与えられた自由」 阪本剛 02/06/17 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
風土、生産様式、婚姻制
原始婚と性習俗
原始人類(後期)の全員婚
村落共同体の規範について
『日本婚姻史』の概略
日本の交叉婚の特殊性
「交叉婚」の集団性は?
交叉婚で発生した男の自我
江戸時代の結婚〜制度から見た男女の地位〜
西洋人の精神構造と異常な性意識
近代思想の結果が、現代
資本主義とセックス
セックスが「罪深くいやらしいこと」であるから、「処女性」が尊重される
処女観、初交観
夜這い「オコモリ」1
夜這い「オコモリ」2
夜這い「オコモリ」3
夜這い「オコモリ」4
和島家族論
水野家族論
夜這いの解体と一夫一婦制の確立1
夜這いの解体と一夫一婦制の確立2
夜這いの解体と一夫一婦制の確立3
恋愛も代償充足
その関係そのものが、心が通じ合えない構造にある
恋愛は共認不全をごまかす為の価値観念
性的独占意識の心理的転機
多くの男に女として認められること
オヤとコ(柳田民俗学から)
親の囲いが、対象を遮断し、活力を衰弱させる
過保護空間
「子供」という旧観念
婚姻が社会と切り離されて50年も経ってない
「二分の一成人式」に欠落しているもの
謝罪と感謝の方法
心の器
「セクハラ」の驚くべき事実。
イイ子・ワルイ子

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp