地震・噴火・気象
337124 九州豪雨災害は中国の気象兵器による影響ではないか?
 
紺碧空 ( 36 大阪 社会人 ) 18/07/10 PM09 【印刷用へ
九州、中国地方の集中豪雨災害は台風でも無いのに、死者は100名を超え、前代未聞の大災害へと発展している。最近の頻発する大地震や竜巻、様々な異常気象が頻発しているのは何故か?
その答えは人工的な気象兵器による影響ではないだろうか。

以下、日本は危機的な状態です!(リンク)様より引用

■九州豪雨災害は中国の攻撃か?

〜中略〜

想像を超えた異常事態。

このところの気象災害で何度も聞くこの言葉。被害を受けた地域の状況が心配である。被害の少ない事を祈るばかりだ。

そもそも想像を超えた異常な気象状況が、何故、何度も日本で繰り返されるのか?

この疑問を考えねばならない(前例無し?、同時多発竜巻?)。日常的に繰り返されるならば、それは最早、異常では無いからだ。

一体、最近になって日本に異常気象を頻繁に齎す原因は何か?

その答えは、気象兵器ではないだろうか。

当ブログでは気象兵器による陰謀説を度々唱えている。だがそれは、全く根拠の無い事を述べている訳ではない。事実、気象兵器実験は過去に度々行われて来たし、気象コントロールは最近も行われているのだ。

例えば、中国は北京五輪の開会式で雨雲を消す為、大量の人工消雨弾を使用した(開会式は晴天で…中国気象当局が「消雨弾」1000発リンク)。

雨を消せるなら、雨を降らせる事も可能と言う事。不可解な事に、北京五輪の時期に、日本ではゲリラ豪雨の被害が頻発した(ゲリラ豪雨の原因は北京オリンピックのミサイルか?)。

あれから10年近く経っているが、中国の気象コントロール技術も相当進歩しているに違いない。

実は、気象兵器の技術は、スーパーコンピューターの技術と関係している。スーパーコンピューターを使って気象予報が正確に出来るようになれば、同じ技術を使って、気象兵器攻撃を計画する事が可能だ。

今や中国のスパコン技術は世界でも最高レベルだ(中国が史上最速「エクサスケール・スパコン」に一番乗り)。

これまで当ブログでは、異常気象の原因を米軍による気象兵器実験であると推測して来た(気象兵器は珍しくないリンク)。しかし、北朝鮮がICBMの発射実験に成功した直後に米軍が日本で大規模な気象災害を発生させるのは、状況から考えると非常におかしい。

となると今回の災害に関しては、むしろ米軍ではなく中国による気象兵器攻撃だと考える方が自然ではないか?

これまでも中国による気象兵器攻撃説は流された事がある(鬼怒川豪雨災害は、中国による気象操作&攻撃?)。それによると「中国から見たら天候操作による攻撃は、日本を標的としやすいのは事実です。中国で舞い上げられた砂が日本に降りそそぐ黄砂からもわかるように、一年を通じて大陸側から日本に向けて偏西風が吹いているため、もし中国側でヨウ化銀を大気中にまけば理論的には日本上空で豪雨が発生することになります」ということらしい。

今中国は、北朝鮮を擁護する姿勢を見せている(北朝鮮のミサイル発射、中国がすべての関係国に「自制」促す)。G20でアメリカと共に北朝鮮に強硬な態度を取ると見られる日本政府を撹乱する目的で、このタイミングで中国が日本に対し気象兵器攻撃を仕掛けるのは、全く有り得ない話とも言えないだろう。

我が国は、気象兵器攻撃について注意を払うべきだ!


以上、引用終わり
 
  List
  この記事は 336861 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_337124
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp