地震・噴火・気象
336677 大阪地震を経て4日目〜意識はどう動いたか
 
田野健 HP ( 57 兵庫 設計業 ) 18/06/23 AM00 【印刷用へ
月曜日の朝8時少し前、大阪が揺れた。震度6弱。
私は地下鉄新大阪駅で電車を降りてすぐ。体感的にはわずか10秒〜20秒くらいだったが、地下鉄のホームの柱が左右に1mくらい動き、ホームの床が上下に盛り上がったのが見えた。感覚的には上下左右が同時に動いて立っている事もできない状態だったが、誰も転倒せずにその後は普通に歩いていた。何が起きたのか、地震と気がつくまで数秒の間があった。

このめったにない巨大地震。その時に人は何を考えるか。自分の思考を思い返しながら今だからできる記録として留めておきたい。

まず、地震の時に悲鳴があがるとよく聞くが、ホームでは誰も悲鳴を上げていなかった。地震を受けている時は全く怖さはない。怖さはそれが地震と認識でき、その後の行動を考える時に沸き起きてくる。揺られている時は危機本能が全開になり怖さより「どうする」に全神経が向うのだろう。

そして地震があった直後、私は新幹線の自動販売機の切符を買っていた。
自動販売機の前になぜか埃だまりが大量に落ちていた。天井の隙間の埃がそこら中に揺られて落ちたのだ。
電車に乗ろうとしていた。これだけ大きな地震が来れば止まるのは当然なのに何も考えずに行動していた。これも人の習慣だろうか。怖さを消したいという潜在意識が働いて敢えて予定通りの行動を取った。

新幹線が動かない、携帯電話で連絡を取る中でようやく今のは大地震だったんだという事が理解できた。そこで急に会社の仲間や家族の方に意識が向った。大丈夫だろうか?でも回りには怪我をしている人は居ない。
たぶん大丈夫だろう、そういう思いで色んな人に連絡を取っていく。
売店で水を購入した。今のが余震で大きな本震が来る、それに備える為だ。売店のおばちゃんが、水と食料を買っておいて下さいと大声を出していた。

新幹線は既にしばらく動かない。払い戻しを受けて歩いて会社まで向う。
そこでようやく膝ががくがくとしてきた。恐怖がこみ上げるまで20分も経過していた。会社に戻ってから、今日まで5日間。私は建築設計の仕事をしているが、各所の現場、今まで携わった建物に連絡を取り安否と被害状況をひたすら確認した。結局5日間、毎日深夜までほとんどの時間は地震の対応に忙殺された。しかし意外と疲れは少ない。気持ちが張っているからか。

会社で、現場で、仕事場でお客さんと、タクシーに乗っても全て最初に地震の話から入る。少しでも多くの情報を得ようとする。少しでも相手と恐怖を共有しようとする。共感機能、まさに大地震があった時に誰彼となく話をし、お互いの気持ちを摺り合わせる。それで少しでも安心する。
⇒まさにこの5日間はそういう繰り返しだった。

今週はまだ木曜日。今週は異常に長く時間を感じる。私だけかと思ったが、多くの人に聞くと同じ感覚らしい。つまり地震という究極の危機外圧が加わると人の感覚機能(時間も含めた)は麻痺するようだ。
今回の地震も予知的な事象は結構身近でもあった。
「前日の夕方変な雲がかかっていた。何か起きると感じた」
「ショッピングセンターのお店に3日ほど前から大量の虫が出ていた、土の中に居るダンゴ虫、小さなムカデ達」こういう話が身近な人たちから聞こえてきた。

地震関連の仕事のスケジュールは待ったなし、来れば対応、忙しくても関係ない。規模はまったく違うが、福島で寝食を忘れて対応していた原発の職員を思い出す。仁義信、そういう気負いの意識もなくとにかく頼まれれば普通に何とかしていく。仕事仲間にも通常業務の間にどんどん地震関係の仕事を挟み込んでもらう。日本人の本源性が私の中にも仲間達の中にも意外にもたくさん残っている。それを感じられたのはよかった。

まだ大阪は本震並みの余震の恐怖が続いている。余震のリスクがかなりなくなる1週間、それを目処にやっと意識は通常に戻るのだと思うが、記憶回路に確実にこの恐怖と同時に開かれた本源性は刻印された。
地震大国の日本がなぜ本源性が高いのか、共認回路が太いのか、意識は決して災害と無関係ではない。
 
  List
  この記事は 336650 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_336677
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
337105 ひたひた押し寄せる巨大震災の足音 匿名希望 18/07/09 PM11
336823 大阪以外でも地震 火山活動は密接にリンク 匿名希望 18/06/29 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp