もはや学校は終っている
336463 学校に行かないと決めた、12歳の哲学者が教えてくれることB
 
蔵端敏博 18/06/14 PM09 【印刷用へ
中島芭旺くんは10才のときに、自身の考えを記した著書『見てる、知ってる、考えてる』を出版し、全世界で累計17万部を突破している。

そんな中島芭旺くんが12才の今、インタビューに答えているのが興味深いので紹介したい。
BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパンリンクより
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
○自分を表に出せないのは、自分を大切にしていない証拠
―いろんな大人の方にも出会っている芭旺さんから大人の姿はどんなふうに見えていますか。
人それぞれ違うとは思いますけど、やっぱり知っていること、覚えていることは子どもよりも大人のほうが広くて、深いなぁと感じます。でも、一つのことに集中して何かをやるのは、子どものほうが得意かもしれない。それから、よく大人から「普通はこうするんじゃない?」とか「こうするのが当たり前でしょう」って言われるんです。でも、その「普通」とか「当たり前」って何だろうって、不思議で。ほんとうはきっと「これが普通」というわけじゃなくて、その人のまわりには「たまたまそういう人がたくさんいる」ってだけのこと。”普通” にとらわれているのかな。

―いつも「普通」や「常識」を意識せざるを得ない大人からすると、芭旺さんの生き方は、「普通じゃない」ように見えるのかもしれませんね。
いろんな考えがあるっていうことを忘れてほしくない、と思います。学校に通ったり、会社に勤めたりすることは、「当然のこと」じゃないと思うんです。心のどこかでただ思い込んでいるだけというか、「行くのが当たり前」という考え方が根っこに染みついているだけであって。それに対して疑問を持つこと、自分にとって本当に大切なことなのかどうかを考えて、大切なことだと思えたら、きっと苦ではなくなりますよね。仕事にしても、「どうして毎日同じところへ行かなきゃいけないんだろう」という疑問は、もともとたくさんのひとが持っているんだと思います。疑問を持って、その答えに納得できればいいけど、それができなかったら、疑問が疑問のまま残ることになる。それを表に出せるかどうか、なんです。

―その疑問を外に表明すると、まわりから浮いてしまったり、「わがままだ」と思われてしまったりしませんか。
そうなるかもしれません。まわりから浮かないように疑問を自分の中でしまっておこうとする気持ちも分かります。だけど、自分の気持ちを外に出せない、出さない、ということは、「自分の優先順位がいちばんではない」ということですよね。まわりを気にして、自分を出せないあまりに、不機嫌になったり、嫌な気持ちになったりするなら、お互いにとってよくないこと。そもそも「なんでまわりの目を気にしているんだろう」と気づくことも、変わるための一歩かもしれない。自分自身が「いい」と思えることが、いちばんいいことだと思うんです。それは、自分にとってもまわりにとっても。一人ひとりが幸せを感じられて、それがみんなにとっても幸せだと思える。それが、いちばんいい場所なんだと思います。

―「自分だけが幸せになる」のではなく、「一人ひとりの幸せを尊重できる」ということなのかもしれませんね。
たぶん、そう思えないんだったら、その集団が自分に合っていないということなんだと思います。そういう集団は、抜けてしまえばいいと思う。人っていっぱいいるじゃないですか。僕も学校を休んで、クラスの子と会わなくなったけど、インターネットでいろんな人と出会えて、いろんな話ができるようになりました。居場所はどこにでもある。もっと、自分のことを大切にしてもいいんじゃないかな。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
  List
  この記事は 336462 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_336463
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp