暴走する悪徳エリートの所業
335994 病院赤字、医師疲弊……医療大崩壊が始まった
 
楊数未知 ( 29 京都 営業 ) 18/05/27 PM06 【印刷用へ
*****船瀬図書館リンク からの転記*****

■国立大病院8割赤字、日本医大は負債629億円!
全国の病院が次々に赤字経営に陥っているのだ。

国立大学病院の8割が赤字だという。その経営悪化は、年々、勢いを増している。「……8割が赤字。国立大学病院への対策が急務」(『医療維新』2009年8月18日)。

すでに、9年前ですら、これほどの経営悪化に陥っている。国立大病院は、2004年度の法人化以来、交付金は三分の一まで減額されている。よって、42大学中、8割の33大学が赤字に転落。「赤字総額は150億円強。半端な額ではない」(千葉大病院、河野陽一院長)

経営悪化は、名門私立病院でも同じだ。「もはや、倒産寸前」といわれるのが、日本医科大学(東京文京区)だ。日本最古の私立医大として歴史を誇ってきた。それが、2014年度で、すでに利益率マイナス19・4%、158億円もの大赤字。有利子負債は、じつに629億円に膨らんでいる。もはや倒産は、カウントダウン。時間の問題だ。

倒産寸前は、それだけでない。たとえば、東京女子医大の危機……。

「都内の名門私立病院が、次々と経営難に陥っている。東京都新宿区にある『東京女子医科大学病院』は、医療事故を境に、2年間で19万人も外来患者が減った。その結果、3年連続の赤字に陥り、医師への給料も満足に払えない状況となっている」(『医師が「ゼロ」になる日』プレジデントオンライン 2017年7月6日)

同大の年間赤字は22億円。しかし、これは、同大学病院にかぎったことではない。同大が起こした医療事故とは「小児に使用禁止の鎮静剤を大量投与して死なせた医療ミス」だ。それが大きく報道されたことで患者が激減、一挙に経営悪化に追い込まれた。しかし、それは自業自得。同情の余地はない。同大理事長は、全教職員にこう通知している。

「……平成28年度の収支差額は22億円の赤字で、3年連続の赤字となりました。本学には預貯金の余裕は、全くありません。これ以上、医療収入が減少しますと、法人存続にかかわる危機的状況となります」(2017年6月7日)

そして、ボーナス1・6ヵ月と大幅カットを告知。前年度は2・35カ月に扶養手当て2ヵ月だったので、1年で三分の一に激減。まさに、奈落の底に向かっている。ちなみに、全国の私立病院の4割が赤字に転落している。その赤字幅も、年々、急速に拡大している。名門中の名門と呼ばれてきた聖路加国際病院ですら経営悪化に苦しんでいる。2017年には8億円の赤字転落、職員の夏ボーナス遅配という異常事態に陥った。支払われた金額も1割カット。それは、監査命令により、医師らの「サービス残業代」を支払ったところ一気に財務状態が悪化した。つまり、それまで、医師、職員らに違法就労を強いて、経営をやりくりしていたのだ。なぜか? 

来院患者が激減しているからだ。

■患者は急速に病院離れ
――患者の半分が殺され=A9割が悪化する――

つまり、病院は、患者を殺す¥齒梶c…そんな衝撃事実に気づけば、ノコノコ殺され≠ノ行く患者はいない。目覚めた患者、気づいた患者たちは、もう、ぜったい近付かない。こうして、全国の病院大崩壊が始まったのだ。それともうひとつ。病院危機の背景には、医師たちの傲慢、放漫な経営感覚がある。

わたしの高校時代の同級生に私立病院院長のKがいた。同窓会で、ひさしぶりに会ったが、級友が集った旅館の布団の上に、正座して、オイオイ泣き始めたのには驚いた。いったいどうした、と仲間が集まって事情を聞くと、病院経営で借金がある、という。いったいどれくらいだ……と、心配して聞けば、7億……という。まわりは、みんなひっくり返った。院長だから「個人保証している」……という。

「自己破産しろ!」とみんなが言えば「患者は見捨てられない」と、この場におよんで殊勝なことをいう。しかし、この借金地獄は半端ではない。病院が経営悪化に陥るひとつの理由は、高額医療機器を、買い漁るからだ。セールスマンの言われるがままに、院長は個人保証のハンコをポンポン押す。一台数億円というCTスキャン装置など、その典型だ。世界でも普及率≠ヘ日本がダントツ。そして、そのすさまじいX線被爆で、日本人のガン患者1割以上は、その放射でガンになっている……。

ブラックコメディの極致ではないか。

これら超高額の検査機器ローンを払うため、医者は患者にCTをかけまくる。いわゆるとりあえずCT=Bその他、高額な検査機器も同じ。こうして、まったく不要不急の危険な検査漬けが横行する。さらに、検査漬けより恐ろしいのが、クスリ漬けだ。ほんらい毒≠フクスリを数種類どころか数十種類も投与する。医者には、病院から売上げノルマが課せられている。こうなると、医療は「患者を救う」ためではなく、「病院を救う」ために存在する。

本末顛倒のグロテスクな医療地獄の悲喜劇が、今日も全国の病院で展開されている。

*****以上、転記終わり
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_335994
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
336236 直接ぶつけてみよう!医者に確認したい質問状 麻丘東出 18/06/05 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp