アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
335518 トランプは、在韓米軍を削減したい。日本はどうする???
 
加藤俊治 ( 64 大阪 ) 18/05/09 PM09 【印刷用へ
リンク より

・・・・・・・・

トランプさんは、「在韓米軍を削減したい」そうです。

<トランプ氏、日米会談で「在韓米軍削減」に言及 読売新聞 5/5(土) 6:39配信 
トランプ米大統領が安倍首相と4月に会談した際、在韓米軍の削減や撤退の可能性に言及していたことが分かった。>

<複数の日米関係筋が明らかにした。
それによると、米南部フロリダ州パームビーチで同月17、18日(米時間)に行われた日米首脳会談で、トランプ氏は在韓米軍を削減したり撤退したりした場合の影響について、首相に意見を求めた。>(同上)

で、安倍総理は、なんと答えたのでしょうか?

<首相は東アジアの軍事バランスを崩すことへの懸念を示し、反対する意向を伝えたという。>(同上)
<日本政府は、在韓米軍の大幅削減や撤退は、朝鮮半島有事の際に米軍の対処力が弱まるとみて警戒している。
首相はその場でトランプ氏に対し、こうした立場を説明した。
>(同上)

トランプさんは、在韓米軍を削減、できれば撤退させたい。これ、別に新しい話ではありません。大統領選挙戦中からいっていました。韓国だけでなく、日本についてもいっていました。
「もっと金を出さなければ、日本から在日米軍を撤退させる!」
ちなみにトランプは、シリアについても「米軍を撤退させる!」と発言しています。

なぜ、トランプは、世界中から米軍を撤退させたいのでしょうか?

▼目に見える利益をもたらさない海外の米軍
理由は、彼が実業家だからでしょう。
実業家は、その活動が「儲かるか?儲からないか?」で判断します。
米軍が韓国にいることで、アメリカは、儲かっているでしょうか?
儲かっていないでしょう。


米軍が日本にいることで、アメリカは、儲かっているでしょうか?
儲かっていないでしょう。

「儲からない活動はやめよう。だから米軍を撤退させよう」実にシンプルな考え方です。
しかし、実に「浅い」考えともいえます。

なぜ?

▼実業家トランプは、アメリカの覇権を弱体化させる
トランプさんは、アメリカ国を一企業のように考えている。しかし、この考えかたは、事実としてアメリカの覇権を弱体化させます。

たとえば、シリアのことを考えてみましょう。
この国では2011年から内戦がつづいている。
ロシア、イランは、アサド現政権を支持。アメリカ、欧州、サウジ、トルコなどは、反アサド派を支援しています。
ところが、アメリカは、本気でアサド打倒に取り組まなかった。

なぜ?  オバマさんが、中東への関心を失ったから。
なぜ?  シェール革命で、アメリカは、いまや
・サウジ、ロシアに並ぶ石油大国
・ロシアに並ぶガス大国
になった。

アメリカが中東に関心があったのは、主に「石油あるから」でした。
ところが、シェール革命が起こり、いまや自国にたっぷり石油、ガスがある。
それで、オバマは「もう中東はいいや」となった。
そして、オバマ時代の特に二期目、アメリカとサウジ、イスラエル関係がひどく悪化したのです。

アメリカ実質不在の隙にロシアは攻勢を強めた。アサドはすでに、シリアのほぼ全土を掌握するまでになっている。
(反アサド、ISの支配地域は、ごくわずか。第2勢力は、米軍が支援をつづけるクルド。)

この例でわかることはなんでしょうか?
「どこかの地域に空白が生まれると、別の大国が入ってくる」
これがシリアの教訓です。
で、別の「大国」とは、現状中国、ロシアのことなのです。

たとえば、ドゥテルテさんは、アメリカとの関係を悪化させた。中国は、安心してスカボロー礁を奪いました。
ドゥテルテさん、最近は「フィリピンを中国の一つの省にすることもできる」などと発言しているようです。

リンク
ジョークにしても、かなり「売国的」発言です。

では、在韓米軍が撤退すれば、韓国はどうなるのでしょう?
もちろん、実質中国に支配される国になるでしょう。

トランプさんは、中東から、韓国から、「米軍を撤退させる」といっている。
そうなると、アメリカが去った空白を、中国、ロシアが埋めることになります。
アメリカの世界的影響力、覇権は、当然弱体化します。

▼なぜトランプの考えは、速やかに実現しないのか?
トランプは、「シリアから撤退したい」といっている。「在韓米軍を減らしたい」といっている。彼は、間違いなく、こう考えています。大統領選挙戦中から、一貫している。

では、なぜ、米軍はシリアから撤退しないのでしょうか?
なぜ大統領の願いは、速やかに実現されないのでしょうか?
これは、国務省や国防総省、諜報機関などが反対しているからでしょう。
大統領でも、好き勝手にはできないのですね。

しかし、アメリカのパワーは年々衰えています。10年後、20年後、米軍がアジアにいる保証はありません。
日本は、トランプさんに、「アメリカの負担を、できるだけわが国が肩代わりしましょう」といい、抵抗なく、ちゃっかり自主防衛力を強化してしまいましょう。

しかし、強大な中国に対抗するためには、それだけでは足りません

・・・・・・

 ロシア政治経済ジャーナル 北野氏の考えは分かりませんが・・・。

思うに、日本は、アメリカからロシアに軸足を移していくことになると思います。
 
  List
  この記事は 335251 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_335518
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
336565 これからはアメリカ抜きでアジアの和平を実現しなければいけない 山澤貴志 18/06/18 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp