次代の活力源は?
334684 モチベーションの誤解と主体性の鍵
 
斎藤幸雄 HP ( 54 愛知 建築設計 ) 18/04/07 PM10 【印刷用へ
> 絶対的受け身とは全体の状況が自分に要求するから立ち上がるというもので、この方が実は主体性が高い。(川喜田二郎著「創造性とは何か」より)

ここでいう「絶対的受け身」こそが、本当の「志」や「天命」であり、けっして「自分がやりたいこと」ではない、ということなのだと思います。

以下、「モチベーションの誤解と主体性の鍵 創造性とは何か/川喜田二郎」リンク より
 ==========================================================

絶対的受け身とは全体の状況が自分に要求するから立ち上がるというもので、この方が実は主体性が高い。主体性については、よく人に強いられてやるのは主体的ではないといわれるがそれは一般論であって本当は全体状況が自分にやれと迫るから、やらざるを得ないという方が、じつは真に主体的だ。

自分がやりたいからやるんだという方がいかにも格好いいように見えるけれども、その方が実は精神的に消耗が大きい。無理に自分を燃え立たせているという、何か不自然さがある。ところが全体状況でやらざるをえないとなってくると、強いられていると言えば強いられているとも受け取れるけれど、何か気が楽なのである。つまり自分と状況が一致しているということで、状況の外に自分がいて、外から状況をみているということではなく、自分の内側にも状況を持っているということでその状況の中から自分の主体性が導き出されてくるので、むしろ作為性が少ない。

(中略)

ここから出てくる問題は、全体状況を一つ一つの部分の足し算としてではなく、総体として集約的にとらえる能力がなければだめだということである。言葉を変えて言えば、状況全体がわからない人間、その部分部分だけを大写しにしてしか受け取れないような人には天命は聞こえてこないということである。だからこそフィールドに出てデータを集めるという現状把握の段階をちゃんとやることが創造的な行為には不可欠なのであるし、全体状況の把握なしに絶対感のある受け身は生まれてこないということである。

(中略)

「人知の「計らい」に固執する浅はかさを捨てた角度から物事の成り行きをみてみるとそこには自然の流れというものがある。実はそれこそが一人ひとりの人生にとって大切なものであり現代文明にとっても大事なものである」

(川喜田二郎/創造性とは何か)
 
  List
  この記事は 331479 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_334684
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334997 主体性はどこから生まれるか 男と女の職場話 18/04/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp