次代の活力源は?
334684 モチベーションの誤解と主体性の鍵
 
斎藤幸雄 HP ( 54 愛知 建築設計 ) 18/04/07 PM10 【印刷用へ
> 絶対的受け身とは全体の状況が自分に要求するから立ち上がるというもので、この方が実は主体性が高い。(川喜田二郎著「創造性とは何か」より)

ここでいう「絶対的受け身」こそが、本当の「志」や「天命」であり、けっして「自分がやりたいこと」ではない、ということなのだと思います。

以下、「モチベーションの誤解と主体性の鍵 創造性とは何か/川喜田二郎」リンク より
 ==========================================================

絶対的受け身とは全体の状況が自分に要求するから立ち上がるというもので、この方が実は主体性が高い。主体性については、よく人に強いられてやるのは主体的ではないといわれるがそれは一般論であって本当は全体状況が自分にやれと迫るから、やらざるを得ないという方が、じつは真に主体的だ。

自分がやりたいからやるんだという方がいかにも格好いいように見えるけれども、その方が実は精神的に消耗が大きい。無理に自分を燃え立たせているという、何か不自然さがある。ところが全体状況でやらざるをえないとなってくると、強いられていると言えば強いられているとも受け取れるけれど、何か気が楽なのである。つまり自分と状況が一致しているということで、状況の外に自分がいて、外から状況をみているということではなく、自分の内側にも状況を持っているということでその状況の中から自分の主体性が導き出されてくるので、むしろ作為性が少ない。

(中略)

ここから出てくる問題は、全体状況を一つ一つの部分の足し算としてではなく、総体として集約的にとらえる能力がなければだめだということである。言葉を変えて言えば、状況全体がわからない人間、その部分部分だけを大写しにしてしか受け取れないような人には天命は聞こえてこないということである。だからこそフィールドに出てデータを集めるという現状把握の段階をちゃんとやることが創造的な行為には不可欠なのであるし、全体状況の把握なしに絶対感のある受け身は生まれてこないということである。

(中略)

「人知の「計らい」に固執する浅はかさを捨てた角度から物事の成り行きをみてみるとそこには自然の流れというものがある。実はそれこそが一人ひとりの人生にとって大切なものであり現代文明にとっても大事なものである」

(川喜田二郎/創造性とは何か)
 
  List
  この記事は 331479 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_334684
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334997 主体性はどこから生まれるか 男と女の職場話 18/04/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp