経済破局は来るのか?
332937 ドル支配の終焉とそのもとで拡大する無政府性を反映 仮想通貨の暴落に見るB
 
新聞会 18/01/23 PM10 【印刷用へ
長周新聞リンクより転載します。
----------------------------------------
金の裏付け失ったドル 基軸通貨の変遷
 
 世界の通貨の中心であったドルが不安定化し、 ドル基軸通貨の支配体制が崩れようとしている情勢のもとで、 こうした国境をこえていく仮想通貨がよしあしは別として台頭し、 これに対してG20では各国政府が規制を強化する動きに出たり、 中国や韓国政府も中央銀行の統治力を防衛するために取引所の閉鎖や統制に乗り出している。 多極化が進み、 ドル基軸通貨体制のほころびが露呈しているのとセットで 国境を越えた世界通貨 の動きに注目が集まっているのも事実だ。 ひっくり返してみると、 基軸通貨であったり、 各国政府が管理してきた通貨や貨幣の存在が揺らいでいるのである。

 通貨が決済手段として利用されてきた歴史は古いが、 その価値は本来、 金や銀によって裏付けされていた。 その昔、 銀行は顧客から金を預かり、 その引換券として銀行券を発行していた。 銀行券はいわば金の預り書で、 銀行券を銀行に持って行けば金との交換が保証されていたのがはじまりだ。 こうした金との交換を約束した貨幣が 兌 (だ) 換券 と呼ばれ、 やがて中央銀行だけが銀行券の発行を許されるようになっていった。 中央銀行の銀行券 (通貨) の発行は、 中央銀行が保有する金をベースに決められる制度が 金本位制 といわれ、 それ自体は紙切れやコインに過ぎない通貨の価値を裏付けしてきた。

 この金本位制のはじまりは19世紀初頭のイギリスが起源とされている。 日本では明治政府が1897年に採用した。 18世紀まではその稀少性や保存性もあって、 金や銀が通貨の役割を果たしていた。 大航海時代を経て産業革命を成し遂げたイギリスが圧倒的な輸出競争力でもって世界に乗りだし、 植民地からかき集めた豊富な金でもって国際的な貿易取引を席巻していた。 世界ではじめて金本位制を採用し、 イングランド銀行が兌換紙幣としてポンド表示の紙幣と金の交換をはじめたのがはじまりだ。

 こうしてイギリスのポンドを基軸にした金本位制が第一次世界大戦前の1914年まで100年近く (パックス・ブリタニカ) にわたって続いたが、 第一次世界大戦のさいに各国は金本位制を離脱し、 管理通貨制度を採用した。 その背景には英国の経済力の低下があった。 突出した覇権国家としての地位から転落し、 金で裏付けする余裕を失ったのだった。 その後、 1925年に再び金本位制に復帰するものの、 1929年にはニューヨークのウォール街を震源にして世界的規模で大恐慌が深まりを見せ始め、 1931年に主要国は再び金本位制から離脱していった。 そうして管理通貨制度のもとで通貨の発行と金の関係を絶ち切り、 各国の政策の都合によって通貨を発行するようになった。 その結果、 各国が輸出を伸ばそうとして為替レートの切下げ競争 (為替ダンピング) や輸入制限に走ったために世界の貿易は縮小し、 最終的にはブロック経済の対立を引き起こして、 植民地再分割のために第二次世界大戦に突入していった歴史がある。

 第二次世界大戦後は、 世界の超経済大国になり膨大な金を保有していたアメリカがIMF体制の下で各国中央銀行に対して米ドルの金兌換を約束し、 名実ともにドルが基軸通貨となった。 ポンドは地位を追われ、 こうしてパックス・ブリタニカからパックス・アメリカーナへと移行していった。 IMF体制のもとで、 金1オンス=35jで交換可能な米ドルを基軸通貨とし、 各国通貨は米ドルとの固定相場制を採用していた (ブレトン・ウッズ体制、 金ドル体制)。 アメリカ政府は外国政府の要請があればドルを金と交換しなければならなかった。 各国はドル価値が金によって裏付けられていることから、 ドルを基軸通貨として受け入れ、 貿易決済や準備通貨として利用することになった。
 
 しかし、 第二次大戦後の資本主義の相対的安定期も長くは続かず、 アメリカは60年代のベトナム戦争で財政がパンクし、 財政赤字や経常赤字が増大してインフレが進行するなかで、 世界各国の通貨とドルの固定相場を維持することができなくなった。 国際収支の悪化によって、 大量のドル及び金を海外に流出させた。 金の準備量をはるかにこえた多額のドル紙幣の発行を余儀なくされ、 ついには金との交換を保証できなくなり、 1971年には金ドル交換停止に踏み切った (ニクソン・ショック)。

 このことを契機に金と通貨の関係は完全に切り離され、 金の規制を受けずに基軸通貨であるドルが大暴れをはじめることになった。 その後もドルが基軸通貨とはいえ、 世界的な信用は次第に失われ、 日本円との関係だけ見ても1j=360円だった固定相場から近年は1j=110円台にまで落ちている。 47年経過して、 ドルは円に対して3分の1以下の価値に下がっていることがわかる。 パックス・アメリカーナの終焉とともに、 世界の中心をなしてきた基軸通貨の地位が揺らいでいるのである。
--------------------------------------------
続く
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_332937
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp