学者とマスコミはグルで頭脳支配
332936 日本列島は、アメリカの政策により人の住めない「核兵器・武器製造列島」とされてしまった!!
 
孫市 ( 41 宮城 会社員 ) 18/01/23 PM10 【印刷用へ
「高山右近大夫長房の情報配信BLOG」 より転載します
日本列島は、アメリカの政策により人の住めない「核兵器・武器製造列島」とされてしまった!!
リンク

--------------------------------------------------------------
日本列島は、アメリカの政策により人の住めない「核兵器・武器製造列島」とされてしまった!!

 安倍晋三政権は、「憲法改正」をして派兵をしようとしていますが、国民は、今、闘わなければ再び悲惨な国家と成ってしまいますぞ!!

日本列島は「放射能まみれ!!」で、不毛の大地と成り「国民」は戦地へと送られて、失った労働力の代わりに全てが「IT化」されてしまいます。

 危機的状況下にある福島第一原発の鎮静化は不可能!! 

 関東圏に在住する国民の健康被害が、増大していますが、政府は一向に対策を講じませんが関東に在住の国民は見殺しなのでしょうか?

 このような中で、勝野電事連会長「原発の新増設は必要」とのコメントを発表しました・・・・。

勝野電事連会長「原発の新増設は必要

東電 汚染水の海への流出認める←7/22
・原子力規制委員会、汚染水であと3年で日本は滅びる←7/31
・トリチウム20兆〜40兆ベクレル海に流出か←8/2
・高濃度汚染水漏れるタンクから120リットル←いつの間にか300トンに変更される←8/19
・30兆ベクレルの放射性物質、海に直接流出か←8/21
・タンク4カ所で高線量=最高毎時1800ミリシーベルト(4時間浴び続ければ死亡する線量)←9/1
・安倍首相「汚染水に国費470億円の投入」←9/4 (東京五輪の運営予算3300億円)
・安倍首相「福島原発は完全にコントロールされている」五輪招致←9/8
・東電 海のセシウム濃度を2年近く低く公表←9/14
・秘密保護法案提出←秋の臨時国会に提出予定
・タンク汚染水1年8か月間流出←9/18
・別タンクから20万ベクレル 海洋流出←10/2
・汚染水タンク近くの井戸23万→26万→28万ベクレル上昇←10/13
・汚染水タンク近くの井戸40万ベクレルに←10/18
・台風26号接近10/16日…堰の水12ヵ所で溢れ6カ所で排出基準超←10/21
・福島第一原発にある使用済み燃料棒地震前から80本破損←11/16
・衆院本会議秘密保護法案強行採決←11/26
・参議院本会議密保護法案聴取不能のまま採決!秘密保護法が決まる←12/5
・屋外にある設備、放射線量が毎時約25シーベルト(20分以内で死亡レベル)←12/7
・海側井戸で210万ベクレル←12/28
・ストロンチウム500万ベクレル←2014.2/7
・高濃度汚染水100トン漏れ2億3千万ベクレル←2014.2/20
・1〜3号機、核燃料が原子炉の底を突き破り、格納容器の下に落ちている←2014.6/10
・がれき撤去で20キロ放射性物質飛散!政府・東電ダンマリ、今後も作業継続←2014.7/14
・核燃料ほぼ全量落下!コンクリート浸食、格納容器を突破るのも時間の問題か←2014.8/6
・さらに汚染水2兆ベクレル海へ流出←2014年.9/8
・トリチウム濃度が10倍超に=海近くの地下水←2014年.10/12
・井戸「サブドレン」から高濃度放射性セシウム前回調査の920倍←2014年.10/25
 2014年にこの有様なのに、何故、原発の増設が必要なのか?

全原発が停止していても、電力は足りているではないか?

それをあえて、人類が制御不能の「原発」を廃止するどころか「増設」するとは・・・・!!・・・・!!

国民を皆殺しにするつもりなのか!!

--------------------------------------------------------------
(以上転載おわり)
 
  List
  この記事は 329836 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_332936
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp