本能⇒共認機能⇒観念機能
331803 本能・自我発でどこまで追求できるか?
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 17/12/12 AM01 【印刷用へ
先日の実現塾で、中学生から「同化回路が封鎖されている筈の金貸し(サヴォイ等)がこれほどの先読み力や構想力を持っていたのは、何で?」という追求テーマが提起された。

追求が時間切れで終わったので、今回は、それに応えてみたい。
結論から言うと、
本能・自我だけで(同化回路を封鎖して)、対象=敵を対象化することは可能である。
自我とは、与えられない評価に対する欠乏であり、それは他者否定と自我妄想を生み出すが、この他者否定によって敵を対象化することは当然できるし、また自我妄想=目的意識によって、状況や相手の動きを先読みすることも、可能である。
むしろ他者否定は、敵を殺すor支配すると言う目的あるいは相手を屈服or
説得するという目的を生起させるので、相手(人々)に認めさせるor騙すために、架空観念(綺麗事)を並べたてる能力は、むしろ突出している。
これらをもってすれば、キリスト教や近代思想を広めることも、逆に反教会や反権力の革命を実現することも可能である。

もちろん、自然に同化していない(「自然を拷問にかけて、自然に白状させる」と公言して憚らない)近代科学が自然を破壊してきたのは必然であったが、今やそのような同化を封鎖した自我発の思考・追求そのものが、完全に行き詰って近代科学は停止した。

力の欠乏と自我妄想による追求は単純だが、その答えが妄想か実現可能かを確かめるためには、その答えを相手にぶつけて相手の反応を確かめるしかない。相手が認めた分だけ実現可能である。
このように、常に答え(妄想)を対象にぶつけて対象の反応を窺っているという点では、常に現実を直視しているともいえるし、常に思考実験を繰り返しているともいえる。

それに対して、未知⇒追求⇒同化は多面・多様で、答えを出すためにはより深い同化→追求が必要になると共に、潜在思念発の整合性や照準力なしには、答えに迫れない。従って、同化追求は自我追求よりその追求がより多様で深い。
従って、本源的な同化・追求によって、サボイ等の視野の広さ・長さを超えることは十分に可能である。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331803
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
331950 「事実を隠さずに追求」する今こそ、人類本来の追求時代の到来だ!! 酒井俊弘 17/12/19 AM09
331864 本能・自我発の追求回路と未知・同化発の追求回路を考える@ Bannister 17/12/15 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp