市場の支配構造(金貸し支配)
331528 市場論・国家論12.20世紀 アメリカの世界覇権
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 17/11/30 PM01 【印刷用へ
実現塾の要約です。

・しかし、20世紀に入ると、世界の覇権は、新大陸アメリカに移行する。
アメリカが急速に成長し、あっという間に世界の覇権を握ることが出来たのは、
@ヨーロッパ全土よりも広大で豊かな土地。農業に適した広大な土地は、巨大な人口を養うことができ、巨大な人口は巨大な需要を生み出す。
A20世紀は石油と電気の時代だとも、鉄鋼の時代だとも言えるが、それら新工業に必要な水力や石油や鉄や銅等の資源が、新大陸には全て揃っていた。
Bかつてヴェルフ・ヘッセンは、旧勢力の力やしがらみの弱かったイギリスでかなり自由に新産業を興すことが出来、それが産業革命に繋がっていったが、旧勢力がほぼ居ないアメリカでは、全く自由に新工業を興し展開することができた。
かくして、石油を動力源とする軍備や自動車や発電、あるいは石油を原料とする人工繊維や薬品等の産業が急速に発展し、1890年には早くもアメリカの工業生産が世界1位となる。それと共に、1882年頃に石油王となったロックフェラーが急速に資力を増大させ、1900年代に入るとロスチャイルドに迫るまでに強大化した。
Cそして、アメリカは1次・2次世界大戦を通じて、完全に世界の覇権を確立する。戦争で都市と産業が破壊されてゆくヨーロッパを尻目に、戦火と無縁なアメリカは、およそ全産業に亘る輸出によって莫大な利益を蓄積し、それにつれてロックフェラーの資力が遂にロスチャイルドを上回った。

・かくして、20世紀はアメリカ(ロックフェラー)が、世界の覇権を握り、ポンドに代わってドルが世界の基軸通貨となったが、アメリカの世界覇権を決定づけたのは、何と言っても1次・2次世界大戦である。
その「成功体験」の結果、軍需産業がアメリカの主要産業となり、アメリカ経済を維持するために世界中で戦争を引き起こしてゆく戦争国家(「世界の警察」を自称する怪物)に変貌してしまった。そして、その軍事力こそが、アメリカの究極の制覇力となっている。
・しかし、資力(経済力)が軍事力を規定する時代は終った。現代は核兵器と電磁兵器が勝敗を決する時代であり、それらは大した経済力が無くても作れる。今や、軍事力を規定しているのは資力ではなく技術力(科学力)である。その結果、科学を進化させ続けてきたロシアの軍事技術が、科学が停止して終ったアメリカの軍事技術を凌駕し、世界の覇権はアメリカからロシアに移行した。それが、21世紀の世界である。
 
  List
  この記事は 331422 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331528
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
332770 市場論・国家論13.1次・2次世界大戦(欧州編)〜1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略 岡田淳三郎 18/01/17 AM00
332598 アメリカ産業資本とイギリス金融資本の主導権争い:1934年の連銀改革はモルガン潰しだった 山澤貴志 18/01/09 PM09
332091 アメリカ産業資本とイギリス金融資本の主導権争い:1934年の連銀改革はモルガン潰しだった 山澤貴志 17/12/25 AM10
流浪の民・ユダヤ人の本質と、彼らが常に渇望しているものはなにか。 「日本を守るのに右も左もない」 17/12/14 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp