もはや学校は終っている
331456 「理不尽・不本意」を強制されるのは奴隷と同じ
 
井垣義稀 ( 23 大阪府 会社員 ) 17/11/27 PM05 【印刷用へ
明らかに不当な要求や不本意な事でも従わなければならないというのであれば、それは奴隷と同じです。

学校の授業も時間割も、正当性を感じられずに嫌々続ける子供は奴隷と大して変わらないと言えるでしょう。

******************************************************************

奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体即ち所有物とされる者をいう。人間としての権利、自由・名誉を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され譲渡・売買の対象とされた。

確かに日本では厳密には政府の学校への通学義務などは存在しませんが、学校に行かなければならないと思い込んでいる子供・大人の数は本当に多いものです。

そして、何があっても学校の決めたことには従わなければならないと思い込んでいる人々も数多く存在していますが、それは結局子供が学校の奴隷と化しているからではないでしょうか。

「子供は別に何も強制されていないだろう」
「学校の所有物として扱われてないじゃん!」

・・・というような声も聞こえてきますが、実際はどうでしょうか?

学校では決められた授業を強制されますし、いつどこでどんなことをするかも全部学校が取り仕切っています。

で、従わなかったり命令に反対したりすれば教師から注意されたり、場合によっては体罰もあるでしょう。

 「なんでお前は命令に従わないんだ!」

・・・という感じだと思いますが、結局はこんなものなのです。

意に沿わない理不尽で無意味なカリキュラムなどを押し付けられるのはもはや奴隷です。

私自身も幼少の頃から学校という組織への不信感や嫌悪感などがずっと存在し続けていましたが、それでも学校に通っていたのは周りがみんなそうしているからという同調圧力からでした。

教師の命令や学校の決めた明らかになんの意味もないような時間割・行事などを、ただ仕方なく続けているだけだった記憶しか私にはありません。


『自由人を目指した方が健康的』


政府の学校の授業などが気に入らなければ、従わなければいいだけです。

私は何も、何でもかんでも反発して好き放題振る舞うべきだと申し上げているのではありません。確かに、人間が生きていく中で我慢しなければいけないことも多々あるでしょう。

また、覚えるべきことや学ぶべき大切なことも沢山あるのはわかります。

ただ、政府の学校は子供に不利益にしかならないような運営・管理を行い、児童生徒らを単なる奴隷として扱っている感が否めないのです。

それならば、学校に価値を感じない個人は学校を離れて本当に大切なことなどを自分の納得できる環境で思い切り学び成長した方が遥かに有益だと思います。

学校でしか人は成長できないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そうした考えの方はどうぞお好きなように学校で成長して下さい。

しかし、私は学校を離れても人は十分進化できると信じている人間です。

リンクより
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331456
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp