新資源・新エネルギーの開発は?
331373 ペロブスカイト型太陽電池によって原発すべて廃炉
 
孫市 ( 41 宮城 会社員 ) 17/11/24 AM01 【印刷用へ
>この『専門家でない』点が重要だったのだ。

閉塞した社会において、専門家より素人の追求が社会を切り開いていくのかもしれない。


大槻義彦の叫び、カラ騒ぎ
リンク

-------------------------------------------------------------
ペロブスカイト型太陽電池によって原発すべて廃炉
2017/11/19(日) 午後 6:16

 この太陽光発電に実現すれば世界中から原発は無くなる
 と前回書いたらたくさんの方々から反響があった。そこで
 もっと詳細にペロブスカイト型太陽光電池について説明し
 よう。

  この太陽光電池を発見、発明したのは桐蔭横浜大学教授
の宮坂力教授である。彼は早稲田大学理工学部応用化学卒
で、私の教え子のはずだ。東大大学院から一時民間会社に
勤めた。もちろん『太陽光電池』はシリコンを使うので、
この分野は半導体の分野で、宮坂教授は 元々太陽光電池の
専門家ではない。この『専門家でない』点が重要だったのだ。

  しかも勤務先は横浜。横浜では環境関連の先進的なベン
 チャー企業には補助金を出す制度がある。そこで桐蔭横浜
 大学の意向もあって宮坂さんが中心となって効率よい太陽
 光電池を作るためのベンチャー株式会社を立ち上げた。

  何しろこれまでのシリコンを使う太陽光電池は作成工程
が複雑で製造コストがかかり過ぎる。このため原発の発電
 原価の2倍以上になってしまう。しかもシリコンは元々金属
に近いから重量も重く、それを載せる架台の構造も頑丈な
 ものでなければならず、それだけコストはかかるのだ。

  宮坂教授はシリコンをまったくあきらめた。軽くて安価
に製造できて、なおかつ半導体に近いものは何か。そこで
目を付けたのが『強誘電体』であった。強誘電体はチタン
酸バリウムBaTiO3が有名である。これはチタンTi、バリウ
 ムBa、酸素Oの3種の原子が体心立方体を成し側面の正四角
 形の中心にも原子がある構造である(図)。これが『ペロ
 ブスカイト構造』なのだ。

  正四角体の中心にある金属原子の電子は半導体のような
『バンド構造』をなす。ここに外部から光が入れば電子と
正孔(バンドの穴=プラスの電子のようなもの)が発生、
これがプラス極とマイナス極に集まる。これが電池。

  ペロブスカイト太陽光電池はすでにシリコン半導体と同
じ程度の発電効率に達している。一方、その製造は塗料を
『塗るだけ』と言われるから簡単である。ただ一つ問題な
 のはその耐久性である。年々耐久性は伸びているが数年が
『いいとこ』と言われシリコン半導体系の30年とは桁違
いである。

  すでにメーカーは製品発売をめざしているので耐久性は
格段に伸びて行くであろう。宮坂教授は『論文引用回数で
世界一』であり、そのため賞を与えられた。ノーベル物理
 学賞、ノーベル化学賞も近づいている。
  (ウィキペディアより引用  ペロブスカイト構造) 
-------------------------------------------------------------
(転載おわり)
 
  List
  この記事は 329646 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331373
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
331502 「ペロブスカイト太陽電池」パナソニックが実用化へ 紺碧空 17/11/29 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp