学者とマスコミが人類を破滅に導く
331083 出口が見えないデブリ取り出しと汚染水
 
匿名希望 17/11/11 PM09 【印刷用へ
福島原発の周りには、今や1000tもの高濃度汚染水タンクが林立している。この汚染水は今だ核燃料デブリが臨界状態にあり冷やし続けていることの証しで、デブリを取り出さない限り、永遠と汚染水は蓄積される一方だ。

〜以下引用〜
リンク
『今の原発の敷地は、汚染水タンクが林立していて、もう新たに設置する余裕が何処にもない』

この高濃度放射能汚染水とは、今までは東電(政府やマスコミ)は原子炉建屋の地下に流れこむ地下水だと、善良な市民が勘違いするよう、わざと曖昧(意味が分からない様に)に発表しているのです。

ところが、これが全部口から出まかせの嘘八百。真っ赤な嘘であることは、既に東京電力や規制委が発表しているのです。地下水云々は何の関係も無い煙幕だった。

 本当の事実は、高濃度の放射能汚染水の大量発生の原因とは6年前からメルトダウンした原子炉圧力容器に注入している冷却水(1基当たり1時間に4・5トン)の事だと、真実を小出しにして報じたり、逆に11月4日付け毎日新聞記事のように、元の黙阿弥『地下水が〜汚染水云々』と先祖かえりするなど、真実を嘘とを行きつ戻りつを繰り返す。
この不思議なマスコミの報道姿勢の原因は、案外簡単で、大爆発した6年前と今と『同じ量の冷却水』を原子炉圧力容器に抽入し続けている事実は不味過ぎるのである。


『6年間も続いている福島第一原発の不都合な事実』
★この『6年前と同じ量の冷却水』の注入の事実は、核燃料の崩壊熱では説明がまったく不可能で、今もフクシマの臨界が止まっていないとの証明になって仕舞うので、政府やマスコミは誰にでも分かる『明らかな事実』を挙国一致で必死で隠している。
 
(フクシマの核燃料デブリが今も臨界しているから『冷却している』のか、それとも臨界する危険性があるので冷却しているのかは不明だが、何れが真実でも、極限的にトンデモナク危険であることだけは間違いない)
 
  List
  この記事は 330579 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331083
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
332438 ■福島原発事故から6年 「アンダーコントロール」からほど遠い現状 荘家為蔵 18/01/04 PM06
331878 凄まじい東日本大津波のアーカイブは、日本人の命と集落を守るために活かしていきたいと願う。 持国天 17/12/15 PM07
331518 原発爆発より恐ろしい、使用済み核燃料の暴走。 洞口海人 17/11/29 PM11
331271 原発事故の自主避難者を被告にした行政の鬼畜 山上勝義 17/11/19 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp