もはや学校は終っている
331033 「学校にいかないとして、じゃぁどうする?」の追求が不可欠。
 
匿名希望 17/11/09 PM08 【印刷用へ
学校教育の弊害・怠慢性は周知の事実で、「学校に行かない」という選択肢は至極まっとうな判断になっている。

>不登校になった小2の娘〜1か月後の姿に「なんて素晴らしいお嬢さん!」(330942

で、そのあとの「学校に行かないとして、じゃぁ、どうする?なにする?」を考えることが重要。
これは、大半の親(大人)達は、「学校にいって、受験して、社会に出て・・・」となっているわけで、そんなことを考えたこともない。
(このように思考停止ているから、”とりあえず”学校へいけ。となる)

この課題を、どれだけ大人たちが本気で追求できるか?が現代求められていると実感する。


*****************************


息子が高校には行きたくないと言ってるんだがどうすればよいか。
(俳優:河相我聞 「お父さんの日記」よりリンク

大学を卒業して順風満帆に人生を歩む方もいらっしゃいます。
中学までしか卒業していなくても大成したり順風満帆に人生を歩んでる方もいらっしゃいます。

逆に、とても立派な大学を卒業しているのに、それを生かせなかったり、自分が何をしたいのかわからず人生を歩む方もいます。

中学を卒業し高校に行かなかったり中退して、そのまま、何をすればいいか分からなく人生を歩み続ける方もいます。

もっと言うと、超頭が良くて立派な大学を卒業しているのに、それを悪事に使ったり、あげくに犯罪に走る人もいます。

もちろん高校に行かなくて、更には中途半端な頭の良さで犯罪グループの末端になる人もいます。

何が言いたいのかと言いますとね、人生において学歴って果たしてどこまでどの様に大事なんだろうとか、と思うのです。

(中略)

で、今、困ってるのは中学三年生になった次男が

マジ、高校に行きたくねぇ

と、口癖のように言うのと、「高校だけは卒業させて」とママからの願いに板挟みな事なんですわ。

わたくしの気持ちとしては、学校の勉強が嫌いでも学校が大好きだったり、自分のなりたい職業に学歴が必要だと本人が思っているのであれば、それは無駄な学歴にならないと思うのだけど、べつに何と無くやりたい事が分からないし、親の言われたまんま進んどくか、とか、まだ遊んでいたいとかなら、義務教育終えたらソッコーでバイトでもなどして、すぐにでも社会に出て自分の事は自分で賄えるように励んだ方がいいんじゃね、と、特に男の子に関しては思うのです。

(中略)

とりあえず高校進学を望むママに対しては

「そもそも親の僕らが高校卒業してないんだから、高校に行けと言っても説得力ないし、もし次男を無理にでも高校に進学させたいのなら今から僕らも勉強し始めて高校卒業の資格を取りに行かないとね、僕らも一緒に勉強と共にあの時の様に戻ってやり直してみるかい、グフフ」

とでも言えば、色んな意味で、

絶対イヤ!となると思うので良いとして、次男には

「君が本当に高校に行きたく無いというのなら、父さんは少し心配だけどその様にしたら良いと思う、が、高校に行かないとなると、自分の生活は自分で賄ってほしい、流石に勉強しない、働かない引きニートを家には置いおきたくないからね、父さんと同じ仕事をするにしても、仕事をいつでも頂ける訳ではないだろうから、バイトは何をするかぐらいは考えておいた方がイイんじゃないかな」

という感じに話してみた。
 
それを聞いた次男は真剣な顔で頷き、パソコンに向かい始め

「中学卒業したら一人暮らしもしたいからとりあえずバイト探すわ」

と言い、そして、グーグル検索に幾つかの検索ワードを打ち込んでいた。

横目で見てみると

バイト

高収入



と。しかも

「ヤベェ、楽して稼げそうなのが超たくさん出てくる」

と、嬉しそうだ。

うんうん、確かにそれは皆んなが皆んな本当に思う事だけどね、間違いなくそんな仕事ないからね、そして確実にブラックな仕事に出会うよ。

次男には学歴よりも大切な事以前に社会の厳しさを教える必要がありそうだわ、、、。

まぁ、毎日楽しそうだから今はそれでもいいんだけど。

終わり。

*****************************

ちなみに、この後、この追求の過程として、自身が高卒認定をチャレンジしている。
リンク
 
  List
  この記事は 330942 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331033
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp