密室家庭は人間をダメにする
330861 「お母さん、何をして遊んだら良いの?」
 
男と女の職場話 17/11/02 AM09 【印刷用へ
こんばんは☆

今日のタイトルは、小学5年生のお子さんがお母さんに言った言葉。
我が子のこの発言はさすがにお母さんにとっても衝撃的だったようで、「子育てを間違った・・・」と感じたそうです。

なんでも、このお母さんは、子どもが幼少期の頃から、様々な習い事をお母さん自らが選んで次々と子どもに取り組ませ、毎日多くの習い事に通っていたようです。しかし、この発言以降は、体操のみを残して、他はすべてやめさせたとの事でした。

お母さんとしては、色々な物事に興味を持って欲しい、さらに色々なものに取り組む中で好きなことを見つけて欲しいとの思いで習い事に通わせていたのでしょう。程度の差こそあれ、このような意識で習い事に通わせているお母さんは、本当に多くいます。(私も、そろそろ・・・と考えたりしてました)

しかし、子ども不在のままに親の観念だけで突き進んでしまうと、それは子どもにとっては強制圧力でしかありません。
習い事の場合、幼少期の頃から通わせると子どもは反抗もせずに素直に取り組みますし、勉強ほど拒絶反応も起こさないので、親も勧めやすいのです。
ところが逆にそれが、勉強による強制が始まる小学校よりずーっと早い段階から子どもを強制圧力の檻に閉じ込めることになり、上記のように無気力、遊び方すら分からない子どもを作ってしまうのです。

続きはこちら♪→リンク
 
  List
  この記事は 317925 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_330861
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
331641 日本の広辞苑が「台湾は中国の一部」に改定。日台の絆に深い傷 惻隠之心 17/12/05 AM09
331639 署名がなされている『カイロ宣言』の公文書は無い〜だから『ポツダム宣言』の第8条を履行する義務は無い@ 惻隠之心 17/12/05 AM01
331635 「BTC(ビットコイン)にバブルは起きない?」−ウォール街とAI政府@ 惻隠之心 17/12/04 PM10
331627 「不足」は本当に不幸?今からでも遅くない人生の価値を変える方法 惻隠之心 17/12/04 PM07
330905 親の「不幸にさせない」一心が子どもを苦しめる〜家庭の限界「夜廻り猫」〜 匿名希望F 17/11/03 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp