未知なる回路:気・霊感・予知
330232 「磁覚(磁気感覚)」は人類に備わっているのか
 
竹村誠一 ( 40代♂ 長野 営業 ) 17/10/08 AM01 【印刷用へ
ある程度周期的に発生している太陽フレアによる地磁気異常(330090)のみならず、特に20世紀以降は原発や電子機器、HAARPなどの開発が進んだことで、直接目に見えない電磁界において外圧状況の変化が急速に増えつつあるのは事実。

そのような変化を感知するひとつの機能として、「磁覚(磁気感覚)」が人類に備わっているか否かについては諸説ありますが、気になるところです。

以下、WIRED「人間も『地球の磁場』を感じることができる:研究成果」(リンク)より。
***************************
カリフォルニア工科大学の研究チームが、特定の動物に備わっていることが知られていた「地球の磁場」を知覚する能力が、人間にもあるという研究結果を発表した。

TEXT BY EMILY REYNOLDS
TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI, HIROKO GOHARA/GALILEO

米国の科学者が、人間には「地球の磁場」を知覚できる第六感があるという証拠を得たと主張している。

カリフォルニア工科大学のジョゼフ・カーシュヴィンク教授は、自分が行った実験は、磁覚(磁場を感じる能力)に関する研究としてはこれまで不可能だった再現や立証が可能だと述べている。

生物において磁覚がどのような仕組みで得られるかについては、現在2つの理論がある(日本語版記事)。1つは、網膜にある青色光受容体「クリプトクロム」が磁覚にも関係しているという説。もう1つは、体内に含まれるマグネタイト(磁鉄鉱)が「コンパスの針」の役割を果たすという説だ。

前者については、例えばイヌやキツネ、霊長類など人間以外の哺乳動物の網膜に「磁気センサー」があることを明らかにした2016年の研究(日本語版記事)がある。ドイツのマックス・プランク情報科学研究所が行い、学術誌『Nature』のオンライン版『Scientific Reports』に発表されたこの研究では、イヌやオオカミ、クマ、キツネ、アナグマ、オランウータン、マカクザルなどの哺乳類の網膜に、磁場を感じる分子「クリプトクロム1a」が存在することを発見した。

一方、カーシュヴィンク教授は、後者の説に基づく考えから人間にも磁覚があると主張している(彼は1992年に、鳥のくちばしやサケの鼻のほか、人間の脳にもマグネタイトがあるという研究を発表している)。

カーシュヴィンク教授の実験では、まず被験者が真っ暗闇のファラデーケージ内に座るよう指示される(ファラデーケージとは外部の電場が遮られた空間のこと。ここに入ると純粋な磁場だけにさらされることになる)。教授は脳波計を使って、被験者の脳が磁気の強さの変化に反応するかどうかを測定。すると、磁場が反時計回りに回転するとアルファ波が減少した。これは、被験者の脳が磁場に反応して興奮していることを示すという。

今回の実験に参加したのはわずか24人で、論文の査読もまだ行われていない。数カ月後には査読済みの論文が発表される予定だ(研究室は研究への寄付も募集している)。
***************************
 
  List
  この記事は 330090 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_330232
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp