近代市場の拡大
330230 十字軍から大航海時代の各勢力 @騎士団
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 17/10/08 AM00 【印刷用へ
この時代の勢力図は、法王−騎士団、サボイ・ベネチア、ハプスブルグ家に大きく三分される。

●騎士団
@テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団
聖ヨハネ騎士団は1080年、フランスの騎士によってイスラエルの巡礼者の保護の名目で設立。テンプル騎士団は1118年にフランス・シャンパーニュ地方の貴族ユーグ=ド=バイアンらが創立し、ともに十字軍の戦闘団を担う。特にテンプル騎士団は(歴代教皇の庇護を受けたたため?)、諸侯からの寄進が相次ぎ、その勢力はヨーロッパ全土に拡大する。とりわけ1249年、フランスのルイ9世がカイロで捕縛され、テンプル騎士団が身代金の不足分を立て替えたことで王から信任を得、王室の金庫の鍵をひとつ預かり、国王の財産を管理するようになる。
以降信頼感を高め、あらゆる身分の人がテンプル騎士団に財産を預託するようになる。さらにはイスラム教徒からシリア人までもが、騎士団の金印を押した手形さえあれば現金化できるようにし、ヨーロッパから中近東までテンプル騎士団が王の財産を預かるようになり、その地位を着々と固めていった。こうして王侯貴族を相手に、貸し付け、財産管理、為替業務などを扱うなど最古の銀行システムを構築し、莫大な富を築いていく。

1312年のフランス王の弾圧→解散命令と財産没収を受けるが、フランス以外では殆ど弾圧を受けず、ポルトガルではイスラム教徒と戦った功績からキリスト教騎士団として事実上存続。当時の教皇も表向きはフランス国王に押されて解散命令を出すものの、最終的には解散したテンプル騎士団員を聖ヨハネ騎士団に合流させる。
また弾圧で潜行したメンバーは離島に拠点を置き海賊団となってロッジ(集会所)をつくり、交易ルートの維持と傷害保険・生命保険を手がける保険業務を行っていたらしい。
テンプル騎士団がイエズス会を作ったとされるが、イエズス会はスペインの司教らが発足させたことから、キリスト騎士団(+聖ヨハネ=後述のマルタ騎士団)を母胎にイエズス会をつくった可能性が高い。
 ※テンプル合流後の聖ヨハネ騎士団の一部は、十字軍終結後もエーゲ海のロドス島に拠点を移し「ロドス騎士団」と改名。海軍(実態は海賊)としてイスラムと戦闘を継続。1522年トルコに攻撃を受け、マルタ島に移動。「マルタ騎士団」として、イスラム戦の名目で略奪を継続。マルタ島はイスラム教徒 やユダヤ人の奴隷売買の中心地となる。
注)これら海洋系の騎士団はサボイの系統とされる。

Aドイツ騎士団
キリスト教世界では中心勢力ではなかったドイツ人を保護する目的で、ドイツ騎士団は設立される。しかし、テンプル、マルタ騎士団にイェルサレムの利権をほとんど奪われ、存在意義を失う。そこで当事ギリシャ正教の領域であったロシアのバルト海流域やハンガリーに東方十字軍として侵攻する。
そこに、ポーランド貴族が領土と引き換えに対イスラム戦の救援を要請してきたため、ドイツ騎士団はプロイセンに移住、1283年プロイセン(現在のポーランド)に「ドイツ騎士団」国家を設立、この騎士団国家は宗教改革時にはプロテスタントに宗旨替えし、プロイセン公国となる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_330230
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
330332 ベルベット・ファシスト=決して表にでない支配者がいる 小平健介 17/10/12 AM02
330231 十字軍から大航海時代の各勢力 Aサボイとロンバルディア同盟 北村浩司 17/10/08 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp