政治:右傾化の潮流
330156 政教一致の実態
 
takigawa hayami ( 大阪市 ) 17/10/04 PM11 【印刷用へ
本澤二郎の「日本の風景」<不気味な政治と宗教>リンクより転載

=========
<神社本庁+統一教会=自民党>
政治と宗教の関係を問いただす秋である。収穫も終え、秋祭り?どっこい、神社の祭礼の季節だが、この神社信仰の信者(氏子)こそが、自民党の支持母体なのである。我が地区では、昨日行われたようであるが、とうとう神輿も山車も、目の前の通りに姿を見せなかった。お陰で、祭礼騒音から逃げることが出来た。理由は、我が家を含めて周辺の20余世帯は無関心、祭礼寄付をしなかったためらしい。神社の改憲軍拡署名を始めたことへの反発かもしれない。
ところで自民党には、この神社本庁に助っ人が現れて久しい。韓国・文鮮明の統一教会だ。岸信介内閣の時代から、選挙ともなると、統一教会とその政治部門の勝共連合が、反共右翼の自民議員の選挙運動に深く介入した。これら狂信的な宗教が、自民党議員の支持母体となってきている。神社は、その1年に一度の賑わいの季節なのだ。

<公明党創価学会だけではなかった宗教政治の不気味さ>
創価学会の政治部門が公明党である。最近、どなたかが我が家に元毎日新聞記者が書いた、公明党創価学会批判の三部作を届けてくれたばかりである。倒産寸前の毎日新聞をからめとった公明党創価学会のことは、事情通であれば常識に属することであるが、当事者による生々しい証言内容に興味を抱いて、表紙をめくったが、残念ながらそれが全く書いていない。
やむなく、そのまま机の上に積んである。
公明党と創価学会は一体であることに、どなたも異論はない。同時に、戦前の国家神道が、現在の神社本庁であり、その信者が自民党議員なのだ。こちらも一体の関係にあるのだが、現役時代は全く気に留めなかった。

 古く靖国神社国家護持運動があった。まだ政治記者になる前のことである。これに新聞・野党が反発して、憲法違反運動はしぼんでしまっていた。したがって、神社本庁が自民党右翼政治を操る主体となって大活躍するのは、サメの脳みそで有名になった森喜朗の時代からだ。彼の「日本は天皇中心の神の国」という迷言に日本国民は驚愕したのだが、背後に極右・秘密結社の「日本会議」が出番を待っていたのである。森は安倍の後見人で有名だ。今も五輪利権に食らいついている御仁としても、ロシアのシベリア天然ガス利権にも首を突っ込んでいる。

「天皇は神」という天皇教(狂)を教える谷口雅春の生長の家も、注目を集めている。今期で政界を引退する改憲軍拡派・平沼赳夫は、れっきとした信者で、教団の支援で国会議員を歴任できた人物という。彼の息子が後継するというが、同じく天皇教団の支援を受けるのか。ちなみに、安倍晋三が大事に、大事に政治教育して失敗した稲田朋美と谷口・生長の家は、深い結びつきがある、との指摘がある。

谷口と稲田はそっくりさん」と決めつける専門家もいることが、最近わかった。
いまの安倍・自民党を底辺で支える勢力は、神社本庁と統一教会・勝共連合、それに表向きは「政治から足を洗った」とされる生長の家が、強力な支援部隊と言えるかもしれない。

<村上誠一郎も拒絶できない日本会議>
自民党で唯一のリベラル派の村上誠一郎も、この日本会議メンバーであることに驚いた。事務所に理由を尋ねると、地元の突き上げで断れない、というのだ。
地元とは、神社の氏子のことである。氏子の親分を氏子総代と呼んでいる。不思議なことだが、地方では、この氏子総代が一種の地位を示すもので、回り持ちされているらしい。愛媛県で知り合った氏子総代の一人は「神社に仕える巫女は売春婦」と決めつけた。冗談ではなく、どうも本当らしい?白装束の巫女は、清純そのもののようだが、裏任務を帯びているのかもしれない。
宗教には秘密がまとわりつく。そこを政治は利用するのであろう。

<怪しい政教分離の日本>
政治が宗教の票を当てにしている。宗教は税制その他で、政治を利用している。それが今の日本である。したがって政教分離問題は、日本に深刻な課題を突き付けていることになろう。政治と宗教の関係が分かると、日本政治が理解できる、それでいいのだろうか。
=======
転載終わり。
 
  List
  この記事は 326765 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_330156
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp