生物の起源と歴史
3295 オス・メスの基本事実の確認
 
蘆原健吾 ( 30代前半 神戸 広報 ) 01/04/17 AM00 【印刷用へ
まず、有性生殖における事実を確認してみましょう。

有性生殖をする生物には性差があります(当然人間も含めて)。その点は当たり前すぎる事実です。その進化上の理由をあらためて基本的なところを見直してみます。

性差の必然性は、オスの闘争負担を大きくして、その分メスの闘争負担を小さくすることにより、メスの生殖を有利にし、多くの子孫を残せるように適応したことにあると考えられます。極端に言えば、オスはたくさん死んでも一匹いれば、多くのメスに子供を残せる(メスが淘汰され、オスが生き残っても、多くの子供は残せません)。

オスは基本的に脆弱です。「脆弱?オスは大きいし強いやんか!」と思われるでしょうが、乳児死亡率が高い、病気に弱い、栄養をとらないとすぐ死ぬ、とどれをとってもメスより不利です。それに、男性ホルモンの一つテストステロン。これはもっぱらオスの攻撃性を誘発するホルモンです。オスはその働きで、すすんで危険な目に遭い多くが死ぬ。さらに、生き残ったオスも性闘争をして、生き残ったものだけが子供を残せるということで、より外圧への適応スピードがアップするわけです。

言ってみれば、オスはごくわずかを残して淘汰されて死んでいくのが役割で、メスは勝者の子を残すのが役割ということです。そうすることで、より効率的に適応的な子孫を残してきたということです。

人類へ至るまで何億年と、有性生殖の生物はこのような戦略で外圧に適応してきました。細かく見れば多様性はありますが、これが基本原理でしょう(メスをオスより淘汰させる生物は不適応で、種そのものが淘汰されているはずです)。

有性生殖という戦略を、陸上における生物の殆どが採っている理由は、上の例だけではなく、他にもたくさんあると思います(「多様性の実現」「病原微生物への抵抗性の獲得」などなど、長くなるので割愛しますが、それらを検証し直す必要もあるでしょう)。

あるいは、「過去何億年そうやってこようと、現在は状況が違うんだから、オス・メスの役割を逆転したっていいんだ。オスの果たしている“闘って死んでいく”という役割をメスも果たせばいいんだ。」というのが男女同権論者のみなさんの主張でしょうか?かなり無理があるな〜というのが実感ですが…。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_3295
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
226132 「女」までが活力を衰弱してもらっては「男」は闘い甲斐がない 志水誠 10/02/09 AM11
160042 免疫機能に見る雄雌の役割分化 西谷文宏 07/08/30 AM08
139078 性の中性化は種の滅亡にしか行き着けない。 もぐら 06/12/02 AM02
115367 役割がある。 神原由佳 06/05/22 PM10
96800 共認充足があってはじめて雌雄分化が活きてくる 加藤弘行 05/09/03 PM11
91649 変化と進化と男と女 東努 05/05/28 PM11
90168 脳の機能的性差はどのようにして形成されるのか 酒井裕志 05/05/07 AM02
セックスレス⇒性の再生<3/5なんでや劇場> 「なんで屋<男塾>梅田」 05/03/10 PM06
85306 雌雄分化による脳の性差 仲西大輔 05/02/07 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp