日本人の起源(縄文・弥生・大和)
329301 世界で進むルーツ研究〜わわれはどこからきたのか
 
惻隠之心 ( 61 大阪 会社員 ) 17/09/04 AM00 【印刷用へ
日本人のルーツ
遺伝子検査ジーンライフより以下引用です‎
リンク 

今から二十数万年前、人類の祖先はアフリカで誕生したと言われています。その後、世界中に拡がっていった我々の祖先が どんなルートで、どうやって過酷な旅を続け、現代の多様な人種が生まれていったのか。

昔から多くの考古学、歴史学などの研究者の努力により その謎は少しずつ解明され、そして今、最先端の遺伝子解析技術を利用する事で、さらなる謎が紐解かれようとしています。

日々研究が進む人類遺伝学では、祖先研究が注目を浴びています。近年では母から子へのみ伝えられるミトコンドリアDNAの系統研究で世界の人類の伝播のルートが解ってきました。既に世界中で60万人以上が遺伝子検査を通じて、遥か遠い祖先とのつながりを知ることができました。

GeneLife Haploでは、このミトコンドリアDNA検査であなたのルーツをお調べします。

ミトコンドリアDNAと人類のルーツ
ミトコンドリアDNA(mtDNA)とは母親からのみ遺伝するDNAです。
1987年にアメリカ・ネイチャー誌に発表された、レベッカ・キャン博士らによる「ミトコンドリア・イヴ論文」によると ミトコンドリアDNAの特性を用いて母方の家系を辿ると「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる「ある一人の女性」に辿りつくと言われており、この女性こそが人類の現生人類の最古の共通祖先にあたると考えられています。 その後何万年もかけて、人類はまだ見ぬ世界を求め、各地へと旅立っていきました。


日本人のルーツと9人の母
人類の共通の母「ミトコンドリア・イヴ」の子孫たちは、長い年月の中で ミトコンドリアDNAの突然変異を繰り返しながら、様々な人種に枝分かれしていき、 現代の世界の人々はおよそ35人の母親の子孫であるといわれています。

 日本人の95%はその中の9人が起源とされています。 GeneLife Haploではあなたがどの母親からの子孫にあたるタイプかを検査し、ルーツを辿る旅にご案内します。

日本人のミトコンドリアハプログループは主に9つに分類されます
【Haplo Group:D】
東アジア最大集団
 誕生時期:約4万年前
 誕生場所:中国大陸中部
 移動地:朝鮮半島、中国中央〜東北、中国南部
 日本人の割合:約35%

 【Haplo Group:M7】
幻の陸地スンダランドの
末裔…?
 誕生時期:約5万〜4万年前
 誕生場所:東中国
 移動地:台湾、沖縄、北海道、インドネシア、フィリピン
日本人の割合:約15%
 
【Haplo Group:B】
太平洋を渡った日本最初の
移住民
 誕生時期:約5万〜4万年前
 誕生場所:東南アジア
移動地:台湾、フィリピン、
ハワイ、南太平洋の島々、南米の山岳地帯
 日本人の割合:約10〜20%
 
【Haplo Group:G】
氷河期を超えた北方民
 誕生時期:約3万年前
 誕生場所:シベリア高原
 移動地:中国東北部、朝鮮半島、中央アジア
日本人の割合:約7〜10%
 
【Haplo Group:A】
マンモスハンターと呼ばれた
狩猟民
 誕生時期:約3万〜2万年前
 誕生場所:バイカル湖周辺
 移動地:朝鮮半島、中国中央〜東北、中国南部
 日本人の割合:約7%

【Haplo Group:F】
東南アジアの冒険者
 誕生時期:約4万年前
 誕生場所:東南アジア
移動地:ベトナム、中国南部、台湾
 日本人の割合:約5%

 【Haplo Group:M9】
険しき道を超えた山の民
 誕生時期:約4万〜3万年前
 誕生場所:ヒマラヤ・チベット
移動地:インドネシア、中央・東アジア、沖縄、北海道
 日本人の割合:約3%
 
【Haplo Group:M8】
北方漢民族の系譜
 誕生時期:約4万〜3万年前
 誕生場所:中国東北部
 移動地:シベリア、ベーリング海峡、アラスカ、南アメリカ、フィンランド
日本人の割合:約3%
 
【Haplo Group:N9】
アイヌの祖、
 中国起源渡来人
 誕生時期:約4万〜3万年前
 誕生場所:中国広東省付近
 移動地:インドネシア、フィリピン、中国中央、朝鮮半島
 日本人の割合:約7%
 
【Haplo Group:?】
日本人少数派
 日本人の約95%は9種のハプログループに分類されます。
しかし、世界中では約35種のハプログループがあり、日本人の中にも主要な9種以外のグループに属する方が稀に存在します。
引用終わり
 
  List
  この記事は 328469 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329301
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp