農村を活性化させる為には?
329220 地面がなくても野菜が育つ! とある日本企業が開発した「魔法のフィルム」がハンパない
 
志水満 ( 61 大阪 会社員 ) 17/08/31 PM09 【印刷用へ
土いらずで植物が育つ、魔法のフィルム

huffingtonpostより以下引用です
リンク

早稲田大学 客員教授 兼 メビオール株式会社 代表取締役社長 森有一 博士

【動画もぜひご覧ください!】
リンク
森有一:森です。面白い農業の技術を開発しましたので、ご紹介いたします。実はですね。土の代わりに、
こういうフィルム、これはサランラップじゃないですよ。
(会場笑)
私たちが特別に開発したフィルムなんです。このフィルムの上でですね、いろんなものが育ちます。例えばこんな感じ。
これ、実はこのフィルムの上で......
くっついてるんですね、透明なフィルムの上に。
(会場から感嘆の声)
ちょっとじゃあ、裏を見てみましょう。
こういう風にですね、フィルムの表面に根がはってます。フィルムの中に食い込んでるんじゃないんですね。
(会場から拍手と歓声)
OK? フィルムを活かしたまま、運べます。それからですね。
これはですね、実は例のフィルムでバッグを作りまして、その中に液体肥料が入ってます。その上に、パラパラっとレタスの種をまいて、育てたものです。これは去年(2010年)、宇宙飛行士の野口(聡一)さんが、宇宙船の中でこの実験をやりまして、ハーブを生やすことに成功しました。無重力空間ですから、こんな風に持ってる必要ないんですね。浮いてるんです。
 
非常に、心が和んだとおっしゃってました。
(会場笑)
今回の3.11で、大津波で被災したそういう土っていうのは、非常に汚れてるんですね。その土の代わりに、こういう技術が使えないだろうかと期待されてます。我々も頑張っております。じゃ、どうやってこのフィルムにレタスを生やすか。ちょっとご説明したいと思います。

まずですね、この机の上を地面としてください。グラウンド。そしてこのグラウンドの上、ようは土の上にですね、なんにも通さない黒いフィルムをひきます。
 
これはものすごく丈夫で、破れません。さらにここにホースを置きます。

これ、小さな穴が空いてるんですね。で、液体肥料が少しづつこの穴から出ます。それをですね。このフェルトで、ずっと広げるんです。

まんべんなく。で、上に、

このフィルムをのっけて、ここにレタスでもトマトでも種を置きますとですね。

こういう風(画像左)になるという。非常にシンプルな技術です。実はこのテクノロジーの最も大事なポイントは、このフィルムにあります。実はこのフィルムの素材はですね、ハイドロゲルという、おむつに使われているゲルです。ものすごく水と栄養素を吸い込みます。

このフィルム、下は濡れてます。水と栄養素を吸い込んでますからね。ただしですね、こっち側(上面)はからからなんです。反対側には水を出さないんです。そうすると植物はですね、表面はからからですから、生きることができない。そうすると、根をこのフィルムにくっつけて、フィルムの中の水と栄養分を必死になって吸うんです。まあ人間と一緒で、一生懸命勉強すると利口になりますよね。
(会場笑)
そうすると、ものすごくおいしくなるんです。栄養価が非常に高くなります。実はこの上で作ったトマトを初めて食べたらですね、ものすごく甘いんです。これはまったく想定外でした。植物のほうが利口でした。

それからもう一つの特徴はですね、このフィルム、透明で穴が無いように見えますよね。でも実はナノサイズの穴がものすごくたくさん空いてます。このサイズのコントロールが非常に難しいんですね。

ただ、我々はそれに成功しまして、水とか栄養分は吸い込むようにしました。しかし菌とかウィルスはでかいから入れません。ですから、こっち(上面)が病気にならないんですね。つまり、農薬がいらない。

皆さんが今一番、野菜を選ぶさいに気にするのは、栄養価が高いかどうか。あるいは、安全か安心か。ですから、このフィルムがあることによって、皆さんが一番望んでいる性質が満たされます。
引用終わり
 
  List
  この記事は 328469 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329220
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp