これからの暮らしはどうなるの?
329216 全国初!通帳・カードレスを実現 大垣共立銀行様、手のひら静脈認証によるATM運用を開始
 
惻隠之心 ( 61 大阪 会社員 ) 17/08/31 PM07 【印刷用へ
通帳やカードがなくても不要。災害時の利便性を発揮するという

富士通フロンテックより以下引用です www.fujitsu.com/jp/group/frontech/resources/news/press-releases/2012/0926.html

富士通株式会社(以下、富士通)と富士通フロンテック株式会社(以下、富士通フロンテック)(注1)は、株式会社大垣共立銀行(本社:岐阜県大垣市、頭取:土屋 嶢、以下:大垣共立銀行)様の通帳・カードレスな生体認証ATMシステム(注2)を構築しました。
 
大垣共立銀行様は、高い認証精度を誇る富士通の手のひら静脈認証技術を活かし、通帳やキャッシュカードがなくてもATMの金融サービスが利用できる国内初のしくみを9月26日より運用開始されます。
 
本システムは、万が一の災害時にもサービス継続を可能とし、ATMを利用されるお客様の利便性を向上させるものです。
 
富士通グループは、今回の構築で培ったノウハウを活かし、今後も手のひら静脈認証を用いた利便性とセキュリティを兼ね備えたサービスを提供していきます。
 
[関連リンク] 手のひら静脈認証 リンク
 
2012年9月26日
【導入の背景】

大垣共立銀行様は、「地域に愛され、親しまれ、信頼される銀行」という基本理念のもと、金融機関初となる多くのサービスを展開されています。東日本大震災時には、通帳やキャッシュカードを紛失された方が必要な資金を即座に引き出せなかったことを業界の課題と捉え、通帳・キャッシュカードなどの本人と口座とを紐づけるモノがなくても利用できる金融サービスが必要と考えられました。

そこで、富士通は高い認証精度を誇る手のひら静脈認証技術を活用し、大垣共立銀行様と共同で通帳・カードレスな生体認証ATMシステムを構築しました。

【本システムの特徴】

1.通帳・カード不要のATMサービス

手のひら静脈認証で本人確認を行うことで、ATM利用者は通帳・カードがない場合でもATMで金融サービスを受けることができます。

事前に手のひら静脈データを登録しておくことで、日常のATM利用時には、生年月日情報の入力、手のひら静脈認証、暗証番号入力の3ステップで、お引き出し、お預け入れ、残高照会の取引が可能になります。

2.高い認証精度を誇る手のひら静脈認証

手のひら認証技術は認証精度が高いだけでなく、体内情報を用いることによる偽造の難しさ、手をかざすだけの簡単な操作性、外的な影響を受けにくい安定的な認証方式という特徴があります。
;指や手の甲に比べ、静脈パターンが複雑かつ安定しており、本人拒否率0.01%、他人受入率0.00008%以下という高い認証精度とあわせて高信頼のセキュリティを実現。
指紋のように表面の摩耗や乾燥など体表の影響をほとんど受けることなく、スムーズな登録・照合が可能です。
;非接触であるため衛生的であり、自然な操作性を実現。

3.災害時の金融サービス継続

東日本大震災では通帳やキャッシュカード、運転免許証などの本人確認資料を持たずに避難された方への金融サービス提供が大きな課題となりましたが、災害時に通帳やキャッシュカードを紛失されたお客様もATMサービスを利用することができます。
.
【 関連Webサイト 】
;大垣共立銀行様:
リンク
;手のひら静脈認証:
リンク
引用終わり
 
  List
  この記事は 328469 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329216
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp