試験・身分制度の根深い害
329015 中受が狂っているのは、成立基盤が「受験産業」の利益追及のみだから。
 
匿名希望 17/08/23 PM09 【印刷用へ
つい先日、中受対策により心が潰されかけていた小学生にあった。
彼は至極まっとうで、「こんなのはおかしい」と、声を上げてその地獄から脱出できたが、小学生にそんな思いをさせること自体、中受協奏曲は狂っている。

その成り立ちそのものが、「受験産業」という利益追求のみにあるとすれば、それは、「教育」なんてものとはかけ離れた、単なる収容所であることは、間違えない。

*************************

中学入試は「塾業界の都合」に支配されている〜「詰め込み教育」で勉強嫌いの子を増やすな
(東洋経済よりリンク

(前略)

>ここでひとつの疑問が湧き上がる。なぜ「中学受験対策=大量の詰め込みドリル学習」なのか。たとえば、もし創造性や表現力を評価するような試験であれば、将来にもつながるような受験勉強になるだろう。そうなれば親の懸念も払拭され、モヤモヤした思いを抱えずに、晴れやかな気分で受験にチャレンジさせられるはずだ。なぜ中学受験には、大量の詰め込みドリル学習が必須なのか。

>実は、この問題の背後には「受験産業の都合」が存在する。大量の詰め込みドリル学習が必須なのは、子どものためでも親のためでも学校のためでもなく、受験産業のためなのである。

>受験産業にとって、大量の詰め込みドリル学習という対策サービスは、自らが儲かるための、なくてはならない仕組みなのである。

>今から30年以上前、中学受験対策といえば四谷大塚の「日曜テスト」という時代があった。毎週日曜日にテストを受けるだけ。それだけが対策になるという時代があったのだ。では、新しいことを習ったり、質問したりするのはどうしていたのか。それは地元の個人塾が担っていた。はやっている塾にはだいたいカリスマ塾長がいて、個性のある独自の教育を一生懸命やっていた。もちろん詰め込み教育も行っていたが、それだけではない。ディスカッションをしたり、実験をしたりと、カリスマ塾長によるユニークな授業が展開されていた。

>ところがその個人塾が成長すると企業になっていく。そうなるとカリスマ塾長の属人的な力ではなく、社員という組織的な力で成果を出さなくてはいけなくなる。そこで、それまでのハンドメードの授業を捨て、少しずつマニュアルを作りながら、社員でもできる画一的な授業へと変化していく。さらに中学受験対策事情にも変化が起こる。四谷大塚が予習シリーズという教材を発表し、それを使うことで毎日受験対策ができるようになったのだ。当然、組織化された塾もその教材を使うようになる。

>ここまでくると、マニュアル型の能力(いわゆる読み書きそろばん)は育てられても、創造力や表現力といった高度な能力育成は難しくなっていく。そうやって塾の仕組みそのものが、マニュアル型のスキルを育てる詰め込みドリル学習のシステムへと、変貌を遂げてきたのだ。

>つまり、現在の受験対策で必須とされているカリキュラムは、親や子どもといった消費者側のニーズによって作られたものではなく、あくまで供給側の都合によって作られたものなのだ。そしてこの「受験産業の都合」は、受験サービスだけでなく、なんと中学が行う入学テストの形式にまでその影響力を拡大することになる。

>受験塾が組織化し、大企業へと成長していくことで、その影響力は学校にまで及んでいく。なぜなら大量の生徒という母集団を持つことになった受験塾は、学校からすると、営業して生徒を送り込んでくれるようにお願いする存在になったからである。これは大きな転換点だ。それまで学校は自分たちの理念に従って、生徒を募集し選抜してきたが、受験塾と仲良くしなければ生徒が来ないで定員割れになるという、死活問題へと発展しかねない事態になったのである。こうして塾の影響力は拡大の一途をたどる。

(後略)

引用終わり

******************************
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329015
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
329922 ロシアは北朝鮮の軍拡の最大の支援国 惻隠之心 17/09/25 PM07
329899 庶民の味方。城北信用金庫は、いかにして赤羽のヒーローになったか@ 志水満 17/09/24 PM07
329244 日本人が驚く、韓国の異常なお受験事情。かわいそうな高校生 匿名希望 17/09/01 PM09
329101 マスコミが狂っているのは、スポンサー中心の利益追求のみだから。 す太郎 17/08/27 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp