もはや学校は終っている
328390 内申書の脅し〜学校はもういらない、どころか癌。
 
匿名希望 17/07/28 PM09 【印刷用へ
最近ますます露骨に「内申書に書く」という言葉が学校教育の中で使われているとのこと。

毎日の課題(それも教科書を写すという陳腐なもの)に対し、「出さないと内申に書く」と脅す。
もはや学校は締め付けだけの、現実からかけ離れた収容所のよう。

学校はもういらない、どころか癌だと、子も親も、気づきだしている。

**************************

内申書に響くから…ヘアゴムの色で気付いた10代の「民主主義」
(「with NEWs」よりリンク

(前略)

>福岡県の高校3年生、安永彩華さん(17)が、中学校での体験を紹介しました。
 中学では、生徒総会で校則の改正を話しあったそうです。その結果、短めの靴下をはくことなどが認められたと言います。

>ただ、聞いていると、生徒総会の結論を、職員会議が拒むこともあったそうです。髪を束ねるゴムの色がそうでした。
「黒か紺」に限られていたのを、「茶色も加えよう」と話しあいましたが、認められませんでした。「黒や紺に比べて、茶色はベージュからこげ茶までバリエーションが多く、線引きが難しい」が理由だったそうです。

>ふーん、ベージュじゃいけないのかな? そもそも色を決める必要があるの? 私が戸惑っているうちに、メンバーから質問が飛びました。
「茶色も認められるよう、闘わなかったの?」
安永さんはこう答えました。
「内申を握られているからね。通知表や内申点に響くから、できなかった」
なるほど。学校と生徒の力関係が、意見をいうのを難しくしているということでしょうか。

>安永さんは続けます。「日本では、規則に疑問をもたなくなる教育をやっていると思う」

>うん、そうですね。国連の「子どもの権利委員会」は、日本で学校や社会のルールをつくる時、子どもの意見が尊重されないのを心配している、という趣旨の指摘をしています。子どもは決められたルールに従っているということです。

>理由はたぶん、学校と生徒の「力関係」だけじゃないでしょう。子どもたちを守ろうとするおとなの「親心」。トラブルやクレームを避けようとする「心配性」。それらが入り交じって、生徒たちが意見をかわし、みずから決める機会を奪っているんじゃないでしょうか。そんな政治体験、民主主義の体験をしないまま、おとなになる人を増やしているのでは。

(後略)

引用終わり
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_328390
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
328469 クラスの女子の半数がリストカット?!中高一貫の超難関校は精神病の子だらけ 西知子 17/08/01 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp