学校って、必要なの?
328304 学校教師に大量の宿題を出す権限が、果たしてあるのか?
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 17/07/25 AM09 【印刷用へ
最近学校の宿題量が急激に増えていると言う。しかも内容が、「中1、2年の理科の教科書をまる写しする」「数学で間違った問題の答えのみを5回書く(途中計算は書かない)」など内容も首をかしげざるを得ないものが多い。
思えば自分が子どもの頃は夏休みの日記や、工作などを除いて殆ど宿題などなかったように思う。そもそも公務員である学校の先生が、民間人である児童生徒に、大量の宿題(しかも苦役としか思えない中身)を出す権限など本当にあるのだろうか?気になって調べてみた。

まず学校の先生は、地方公務員なので地方公務員法に従うことになる。地方公務員法によれば、その職業上の権限は法令で定められた範囲によるとされている。
ところが教員に関わる法律には「教育基本法」「学校教育法」「教育公務員特例法」などがあるが、そのどこを見ても「宿題」に関する条文はない。つまり法令には宿題に関する権限は定められていない。

では法令ではないが、教員の職務規定でもある文科省の「指導要領」を見てみた。
指導要領は、教科指導内容はもとより、生徒会活動、部活動、学校行事など課外活動についても詳細に定められているが、同じく宿題についての記載はない。
つまり法律、指導要領ともに宿題を出すことについての権限の定めはないのである。

そこで、改めて、宿題に関連する記載がないかを探してみると「指導要領」の1章総則に『家庭との連携を図りながら,生徒の学習習慣が確立するよう配慮しなければならない。』とある。これが宿題を出せる根拠だと取れないこともない。どうやら学校はこの項目を適用して慣行化してきたらしい。
しかし他方で指導要領の同じ項目に『課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力その他の能力をはぐくむとともに,主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かす教育の充実に努めなければならない。』とある。しかも教育基本法には『教育を受ける者が、学校生活を営む上で必要な規律を重んずるとともに、自ら進んで学習に取り組む意欲を高めることを重視して行われなければならない。』とある。宿題そのものに関する権限は仮にさておいたとしても、「大量の宿題」を「強制」することは明らかにこの条文に反する。
更に言えば、強制的な宿題によって、学校外での活動を時間的に圧迫し、妨げることは、憲法の言う生活権、学習権(主体的な追求はもとより、習い事も含めて)の侵害である疑いが強いと思う。

大量の宿題は教師による越権行為だ。違法性という観点からも極めてグレー、しかも限りなく黒に近い。
ちなみにロシアやフランスでは法律で宿題は禁止されている。スウェーデンでも宿題禁止の法案が国会をまもなく通過するという。
この点でも日本は強制禁止の世界の潮流に明らかに反している。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_328304
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
329319 夏休みの宿題、を死語にしたい 月あかり 17/09/04 PM09
329163 最初にロボットに奪われる5つの職種 惻隠之心 17/08/29 PM10
329038 FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる@ 惻隠之心 17/08/24 PM08
329032 アメリカが白人至上主義者を悪者にする理由は、なんだろうか。 志水満 17/08/24 PM05
329017 石角完爾『ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方』 惻隠之心 17/08/23 PM10
328389 大量の宿題=重い残業を強いるブラック企業のようなもの 匿名希望 17/07/28 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp