学校って、必要なの?
327959 サラリーマンに成る勉強だけで、“楽しい”ですか?
 
松本幸二 ( 60代 京都 事務 ) 17/07/10 PM10 【印刷用へ
現在の学校は、子供達の可能性を全て潰す教育しかしていない。支配階級の命令に従順なロボットの様な人間だけを作っているからだ。其処から外れれば、落ちこぼれのレッテルが貼られ社会で生きて行く事の障害に成る。
しかし激動の時代、社会で役立つ追求力が必要不可欠に成っている。
私権企業のサラリーマンを拒絶して、自分達の意思で思考して生きる「起業」の道が大いに可能性がある。その記事を紹介したい。

サラリーマンが会社と云う名の地獄から脱出する方法
リンク

(引用開始)
*****************************

『日本の義務教育は奴隷育成のプロフェッショナル 』

サラリーマンやってると、毎日毎日、酷使される日々が続きます。
かといって大したご褒美はもらえません。
でも、みんなサラリーマンになりたがるのはなぜなんでしょう?
それは義務教育がすべての始まりではなかろうかと僕は思う。

社会に出たら「労働法」や「お金の稼ぎ方」のほうがとても大事なことだと思うけど学校ではそれを教えてくれない。義務なのに・・・社会に出て本当に役立つことは教えない。逆に教えるのは無駄な知識ばかり。
僕も昔はそうだったんだけど、なんでほとんどの人は、雇用されないと生きていけないって漠然と考えてしまうんだろうね。憲法でも職業選択の自由が保障されてるっていうのに、なんで一つの職業にしがみついてしまうんでしょうか?

さっきも少し触れましたが、その原因のひとつとして学校教育があげられると思う。同じ服を着て、同じ時間に登校し、同じ行動を取らされ、訳のわからん校則を強要されるといったように、学校では理不尽に慣れさせるような教育をしているように感じますね。幼い頃からこんな洗脳教育を徹底的に叩き込まれりゃ、人間が持っている創造性・表現力・独創性・個性なんて、ほとんど失ってしまうけれど、それにも関わらずルールはルール!と思考停止するヤツばかり。

社会は理不尽だから、学校ではそれに適応できる奴隷を製造しますってか?
まあ、黒板に書かれたことをひたすらメモさせたり、決まった回答が用意されたテストをくり返しやらせれば、確実に思考を殺せるからなあ。
思考を殺せば将来は雇われるという選択しかしなくなるから、奴隷を量産したい政府にとっては願ったり叶ったりだろう。

日本のやり方は、まことに非効率・非生産性だと思うんですが、どうでしょう?この意見に否定的な人は、日本人が英語の教育を小学校から大学まで12年もかけて行うのに、なぜ、まともに英語を話せる人が少ないのか?ってことを考えてみたほうがいいよ。

『学校という名の奴隷養成専門学校』

日本教育のトップである文科省は天才だね。社会で本当に役立つはずの労基法とか年金や社保の仕組み、または税金の仕組み、そしてお金の稼ぎ方はわざと教えないで、社畜を量産できるカリキュラムを考えてるんだから。勉強できる時間がある義務教育の段階で、本当に役立つことを教えるべきなんですよ。

文科省なぜしない?無知な納税奴隷を育てたがっているのかな?
ひょっとして、日本の義務教育って、大人になったら汗水垂らして、奴隷のように会社勤めするのが正義とされていますが、実はそれは国にとって都合が良いものを作り上げるだけで、国の需要に沿った人材育成をするのが目的であり、個人の幸せを保証するものではありません。だってもしみんなが税金のことに詳しくなってしまったら、国はうまく誤魔化して金を吸い上げることが難しくなってしまうから。だからそういうことは意図的に教えない日本の義務教育は、奴隷育成のプロフェッショナルだね。

そしてその授業を受ける場所は、学校という名の奴隷養成専門学校。同じ制服を着て、同じ時間に登校し、前を向いて座った姿はまさに奴隷そのもの。
その専門学校では、価値観・考えること・疑うことをまず制限される。それらをなくして数年にわたり詰め込んだ知識は、USB一本の容量にさえ負けるかもね。やがて「就職」という最終テストに合格し、あなたには禁固40年の刑が待っています。そうなれば国と親と先生は大喜びしますが、国は平気で嘘をつくし、親や先生だって間違える。けっきょく誰もあなたの人生に責任を持たないのにね・・・。さらにマイナンバーで個々を管理し、経済的な奴隷へと追い込み、生かさず殺さず純粋な納税マシーンへしたてていく。

自分自身で考えること、疑うことをしないまま社会人になってしまうと、
「使われる」だけの人間になってしまいますよ?だって義務教育は従業員をつくるためだけにあるんだから。義務教育でやった事柄を、年食ってからしっかり発揮できる人のほうが稀有って言うじゃない?

『自分のために自発的な行動をしたことって本当にありますか?』

自分の頭で考えることをしなければ、権威と同調圧力に弱くなってしまい、
マスコミにも簡単に騙されやすくなるよ。義務教育で優等生的な姿勢に終始するように洗脳された人は、国にとって便利なお得意様であり奴隷なのです。

そうなりたくないと望んでも学校教育自体が、サラリーマンに適応するための教育しかしていないってのが、そもそもの問題なんだよなあ・・・。
思い出すと僕たちは幼稚園→小学校→中学校→高校→大学、そして就職と、もうずっと誰かに踊らされてるんですよね。親や先生とかの期待に応えるためか知らないけど、自分のために自発的な行動をしたことって本当にありますか?ほとんどないでしょう?

だから僕は自分でコントロールできる人生を送るために、起業を選んだんですよ。老後や年金の心配をしながら65歳の定年をむかえるんじゃなくて、
健康で体力がある時期に精一杯人生を楽しみたいってだけです。

**************************
(引用終了)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327959
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp