子育てをどうする?
327580 「ねえ、これ読んで」「また?」なぜ幼児は同じ話を何度も聞きたがるのか
 
佐藤晴彦 ( 59 長野 会社員 ) 17/06/25 PM06 【印刷用へ
何度も同じ質問や、同じことをねだる子供。飽きずに繰り返すその集中力には、一つのことをいろんな楽しみ方をするという「楽しみのバリエーション」があるようです。

以下、リンクから引用します。
*****************************
自分の子どもや親戚の子どもなど、幼児に絵本を読んであげる機会は男女共にあるだろう。
そんなとき、ふと気になるのが、何度も同じ絵本を読んでほしいとせがんでくることだ。そもそも、なぜ幼児は何度も同じ絵本を読んでほしいのか、子どもの発達に詳しい教授にその理由を聞いてみた。

■幼児は仮説検証で楽しんでいた
今回話を聞いたのは、東京学芸大学 幼児教育学講座を担当する岩立京子教授だ。幼児はなぜ同じ話を何度も聞きたがるのか。

「大人は話の筋を一度理解してしまえば新鮮味が薄れてしまいますが、幼児は楽しみ方が違うので、毎回、毎回、少しずつ新鮮味があるのです。
幼児が話を聞きたいときは受け身で聞いているのではなく、話の筋を予測し、積極的に想像しながら聞きます。まずは、その『予測や仮説どおりであることが確認されたこと』が、楽しいのです。いわば、幼児の仮説検証です」

■大人が応えてくれること自体・読み方のバリエーションの変化も楽しい
「また、自分が要望すれば、それに大人が応えてくれる。そうしたコミュニケーションができるのも嬉しいので、何度も話を聞きたがります。大人も、幼児が面白がるように読もうとすれば、読み方に少しはバリエーションが加わったりもするので、その点も多少は新鮮味があるのでしょう」

幼児は大人とは異なる、ある意味、高度な楽しみ方をしているようだ。

■幼児は大人よりはるかに繰り返しに強かった
ところで、大人からすれば、何度も同じ話を聞きたがる幼児に対して、「また?」「飽きないの?」と疑問に思う。

幼児は飽きることはないのだろうか。

「幼児も飽きます。なぜなら、幼児も新しいものに出会い、楽しむ対象を広げていくからです。でも、自分の好きなものに対しては、大人よりも『繰り返し』にはるかに強いです。

一般的に大人は内容を理解することを楽しむし、忙しいので、理解すれば別の本を読みたくなります。一方、幼児は自分の興味や関心を持ったことに対しては、仕事や時間に左右されずに自由に遊び、楽しむことができます。

もっとも、大人でも時間に余裕のある人は、愛読書を繰り返し読み、その都度、違う解釈、違う楽しみ方をするかもしれませんが」

遊びの達人とも言うべき幼児。「ねえ、これ読んで?」が再三繰り返されたら、大人も違う角度から楽しんでみよう。
 
  List
  この記事は 327386 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327580
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp