子育てをどうする?
327386 学力アップにも!子供の『聞く力』を鍛える方法
 
加藤俊治 ( 63 大阪 ) 17/06/17 PM07 【印刷用へ
リンク より


「おしゃべりばかりしていて人の話を全く聞かない」「説明をしっかり聞いているように見えたのに、いざ始まると何をしていいかわかっていない」そういうことが多い子供は『聞く力』が弱いのかもしれません。

最近、子供の『聞く力』が弱くなっているといわれています。聞く力が弱いと、将来様々な場面で困ってしまうことにも…。聞く力の低下が与える影響や、聞く力を高めるためにはどうしたらいいのかについてご紹介します。


●聞く力が低いと理解できない
国語力には、『読む』『書く』『話す』『聞く』という4つの領域があります。この中でも、『聞く』ことは特に努力しなくても当たり前にできることとして扱われ、軽視されがちではないでしょうか。

しかし、ここでいう『聞く』とは、単に「耳から音が入ってくる」状態のことではありません。『聞く力』とは、聞こえてくる言葉や音に集中し、その意味を理解したり伝えたいことを読み取ったりする力のことをいいます。

聞く力が弱い子供は、相手の話に集中できずおとなしく聞き続けることができません。もしくは、きちんと聞いているように見えても、話の内容を具体的にイメージできなかったり、理解できなかったりすることも多々あります。

このように、きちんと『聞く』ことができないまま成長すると、理解できる語彙自体を増やすことができません。語彙力が乏しいと、話して伝えることがうまくできない、読み書きも簡単なレベルでしかできない 、ということにも繋がってしまいます。


●聞く力を鍛えると、子供の将来に必要な力が伸びる
『しっかり聞く』ということが理解力を高めるために重要であることがわかりました。それ以外にも、聞く力を高めることで、学業や社会で役立つさまざまな能力を養うことができます。

1. 周りに左右されない集中力が育つ
『聞く』習慣ができている子供は、自分にとって必要な情報を選択し素早く集中することができます。周囲の雑音や刺激に邪魔されず、根気よくやりとげることが容易になります。

2. 読解力が高まり作文も上手になる
『聞く』訓練がしっかりできていると、言葉だけで状況をイメージできるようになります。また語彙力も豊富なので、文章を読んで内容を理解することが得意になります。逆に、自分の頭の中のイメージを言葉としてアウトプットすることも上手にできます。

3. 学力がアップする
国語に限らず、すべての勉強は『言葉』を通して行われるため、きちんと聞けることは学習のしやすさに直結します。また、『よく聞く』ということは『よく考え深く理解する』ことでもあり、聞く力がつくことは学力アップに繋がるといえます。

4. 会話やコミュニケーションが上手になる
聞く力が高いと、相手の話から伝えたいことや考えていることを読み取れるようになります。相手のことを思いやったり、相手の立場を考えたりしながら、自分の思いを上手に伝えることができます。良好な人間関係を築く上でも、聞く力は大きな役割を果たします。


●まずは親から!子供の『聞く力』を鍛える方法とは。では子供の聞く力を鍛えるには、どうしたらよいのでしょうか。

実は、『会話の楽しみ』を知れば聞く力はおのずと高まっていくんです。

そのためにはまず、親が子供の話をよく聞いてあげることが重要! しっかり聞いてもらえたという喜び、そしてそれに対して相手が反応してくれたという喜びを実感できれば、会話のキャッチボールが楽しくなります。『相手の反応を期待する』ことが、『よく聞く』ことに繋がってくるんですね。

また、幼児期の読み聞かせを行うと、聞く力を高めるいい機会となります。さらに、本を読んだあとに感想を話し合う時間を作ると効果的! 子供がどんなことを感じたのかたっぷり話してもらい、それに対してパパ・ママも丁寧に返してあげましょう。ここでも、親がよく聞いてあげることがポイントとなります。

子供の聞く力を高めるには、まずは親自身の『聞く力』を高めることも重要。

パパ・ママも、自分がきちんと子供の話を聞いてあげているか振り返ってみましょう。忙しいときに話しかけられて「ちょっと後にして」なんて遮っていませんか? 長々と続く子供の話に飽き飽きして、スマホを眺めながら適当な相槌を打っていませんか?

親子で会話できる時間をたくさん作って、親子で聞く力を高め合えるといいですね。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327386
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
327580 「ねえ、これ読んで」「また?」なぜ幼児は同じ話を何度も聞きたがるのか 佐藤晴彦 17/06/25 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
抗がん剤は、実は増癌剤だった
白血病で息子を亡くした医師の語った抗がん剤治療の実態
「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢
日本の癌治療の実態〜利権に群がるガン・マフィア
製薬会社と医学部の癒着、現役国立大学教授が実名で現状告発!製薬会社と大学教授がグルになって患者を騙す!
現代医療を牛耳る存在〜国際医療マフィアとは?
近代医療が金貸しに乗っ取られる過程A 〜大卒の医薬品を使う医師のみにお墨付きを与え、他の医療を排除する〜
捏造された新市場(精神疾患と専門薬)2
輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪(1)
輸血は無意味だった!塩水で十分!!
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は全く意味のない数字
健康を守れない健康診断。無駄で有害な健康診断。健康診断は患者濫造システム
90%以上のガンは数週間のうちに完治する
千島学説との関連性は?鳥取大、癌は容易に正常細胞へ変換できることを発見
「がん」を考える5〜がん腫は、非常の排毒機能
発熱しても薬は飲むな「世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ@」
現代医療の闇と東洋医学の復権
共認治癒力A
食べなければ死なない@
一日一食健康法
食べることやめるには、腸の菌を育ててから
命のない食べ物が私たちを狂わせてしまう。〜あなたの食歴は大丈夫?
砂糖は怖い
JTは、タバコより「塩」をどうかして欲しい。
子供の脳を破壊してしまう危険な化学塩
牛乳の害(ここにもアメリカとマスコミ支配の影が・・・)
知ってる人は食べない、七つの食品
放射能汚染から身を守る為の知恵〜塩、味噌が身を守る!
微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 1
微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 2
「たまねぎ氷」で見直されるたまねぎの効能
重曹は放射能汚染除去にも強い威力
重曹うがいを1ヶ月続けてみた。⇒効果大!
ガン死亡率が増えているのはタバコが原因?
タバコ発ガン説のウソ
タバコと肺がんの関係における統計学的なごまかし
タバコの常識の嘘
新事実が出ているにもかかわらず見直されない『母子手帳』
欧米にはなぜ寝たきり老人がいないのか?
驚愕!エイズは嘘だった

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp