子育てをどうする?
327386 学力アップにも!子供の『聞く力』を鍛える方法
 
加藤俊治 ( 63 大阪 ) 17/06/17 PM07 【印刷用へ
リンク より


「おしゃべりばかりしていて人の話を全く聞かない」「説明をしっかり聞いているように見えたのに、いざ始まると何をしていいかわかっていない」そういうことが多い子供は『聞く力』が弱いのかもしれません。

最近、子供の『聞く力』が弱くなっているといわれています。聞く力が弱いと、将来様々な場面で困ってしまうことにも…。聞く力の低下が与える影響や、聞く力を高めるためにはどうしたらいいのかについてご紹介します。


●聞く力が低いと理解できない
国語力には、『読む』『書く』『話す』『聞く』という4つの領域があります。この中でも、『聞く』ことは特に努力しなくても当たり前にできることとして扱われ、軽視されがちではないでしょうか。

しかし、ここでいう『聞く』とは、単に「耳から音が入ってくる」状態のことではありません。『聞く力』とは、聞こえてくる言葉や音に集中し、その意味を理解したり伝えたいことを読み取ったりする力のことをいいます。

聞く力が弱い子供は、相手の話に集中できずおとなしく聞き続けることができません。もしくは、きちんと聞いているように見えても、話の内容を具体的にイメージできなかったり、理解できなかったりすることも多々あります。

このように、きちんと『聞く』ことができないまま成長すると、理解できる語彙自体を増やすことができません。語彙力が乏しいと、話して伝えることがうまくできない、読み書きも簡単なレベルでしかできない 、ということにも繋がってしまいます。


●聞く力を鍛えると、子供の将来に必要な力が伸びる
『しっかり聞く』ということが理解力を高めるために重要であることがわかりました。それ以外にも、聞く力を高めることで、学業や社会で役立つさまざまな能力を養うことができます。

1. 周りに左右されない集中力が育つ
『聞く』習慣ができている子供は、自分にとって必要な情報を選択し素早く集中することができます。周囲の雑音や刺激に邪魔されず、根気よくやりとげることが容易になります。

2. 読解力が高まり作文も上手になる
『聞く』訓練がしっかりできていると、言葉だけで状況をイメージできるようになります。また語彙力も豊富なので、文章を読んで内容を理解することが得意になります。逆に、自分の頭の中のイメージを言葉としてアウトプットすることも上手にできます。

3. 学力がアップする
国語に限らず、すべての勉強は『言葉』を通して行われるため、きちんと聞けることは学習のしやすさに直結します。また、『よく聞く』ということは『よく考え深く理解する』ことでもあり、聞く力がつくことは学力アップに繋がるといえます。

4. 会話やコミュニケーションが上手になる
聞く力が高いと、相手の話から伝えたいことや考えていることを読み取れるようになります。相手のことを思いやったり、相手の立場を考えたりしながら、自分の思いを上手に伝えることができます。良好な人間関係を築く上でも、聞く力は大きな役割を果たします。


●まずは親から!子供の『聞く力』を鍛える方法とは。では子供の聞く力を鍛えるには、どうしたらよいのでしょうか。

実は、『会話の楽しみ』を知れば聞く力はおのずと高まっていくんです。

そのためにはまず、親が子供の話をよく聞いてあげることが重要! しっかり聞いてもらえたという喜び、そしてそれに対して相手が反応してくれたという喜びを実感できれば、会話のキャッチボールが楽しくなります。『相手の反応を期待する』ことが、『よく聞く』ことに繋がってくるんですね。

また、幼児期の読み聞かせを行うと、聞く力を高めるいい機会となります。さらに、本を読んだあとに感想を話し合う時間を作ると効果的! 子供がどんなことを感じたのかたっぷり話してもらい、それに対してパパ・ママも丁寧に返してあげましょう。ここでも、親がよく聞いてあげることがポイントとなります。

子供の聞く力を高めるには、まずは親自身の『聞く力』を高めることも重要。

パパ・ママも、自分がきちんと子供の話を聞いてあげているか振り返ってみましょう。忙しいときに話しかけられて「ちょっと後にして」なんて遮っていませんか? 長々と続く子供の話に飽き飽きして、スマホを眺めながら適当な相槌を打っていませんか?

親子で会話できる時間をたくさん作って、親子で聞く力を高め合えるといいですね。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327386
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
327580 「ねえ、これ読んで」「また?」なぜ幼児は同じ話を何度も聞きたがるのか 佐藤晴彦 17/06/25 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp